メニュー

2014/09/11

クモの観察

モクモク雲

大量の洗いものを片付けていたところ、ハエが飛んできた。 うっとおしいので払いのけたら、調味料の棚へ降りてじっとしている。

そこへやってきたのはピョンピョン跳ねる、小さなクモ。 どうやらハエを狙っている模様。 しばし手を止め、そのやりとりを観察する。

(more…)

2014/09/01

自由研究

今年の夏はまあ、何なんですかねこの夏。 7月下旬から3日と晴れが続かないので、梅の土用干しすら終わってないという、かつて経験したことのない気象であり、子供たちは海にも行けず、山はジトジト、旅先でも雨、戻っても雨、雨、雨・・・。

そうこうするうちなんと、今日で夏休みは終わりなのだと・・・。 そういえば、自由研究終わってないよね。

テーマは早々決めておいたものの、親の取りかかりが遅ければ子供もスイッチが入らないもの。 「はぁーどうしよう」と、親子あいまみえて朝からせっせと研究に勤しむ。

(more…)

2014/05/03

次男昨今

念願の一年生になった次男は、兄にべったりついて遊ぶ。 同級生と遊ぶよりもドキドキして楽しいという(同感同感)。 「今日はね、みんなで自転車に乗って探検してきたよ、怖いけど楽しかったー!」と笑う顔についている黒い筋は、自転車のはずれたチェーンを戻す際手についた油が頬についたもの。

毎日宿題に追われており、家内が横についていないと心が折れそうになることがある。 しかし、賢くなるパズルを与えたところ、問題が解けるまで何十分も考え込んでいたりもする。 解らないまま終わるのがイヤらしい。

ランドセルも、机も椅子も照明も、持ち物は全部本人に選ばせた。 毎日着る服や下着にもイチイチ注文をつけてくる次男に家内は手を焼いているが、父としては次男のそういう所が好きなのだった。

近々ついにペーロンデビューする。 よちよち歩きで手をつなぎ散歩していた日々は、いつのまにか遠い日の思い出になっている。 プラモデルでも簡単なものならば、ひとりで説明書を見ながら組んでしまうのだ。

兄姉の存在は大きい。 遊びに行けばついてこようとする弟に、兄としては「かったるくてやってられない」というのが本音だろうが、よく面倒をみてくれている。 姉は登校の際世話をしてくれているが、まったく言う事を聞かない日があるそうだ。 そうこちらに苦情が来るわけだけども、とても弟思いの姉なのだった。

昼寝している顔を見て、しみじみ大きくなったなあと感じる今日この頃。

2014/01/10

次男系ツイートまとめ

次男

息子のコマ回しが上手くてビビった。 園で練習してるのだとか。

「めーがーほーねーほーねーざーうーるーすー」次男はタブレットにて声で検索する際、昔のドラえもんを踏襲する。

次男は今かくれんぼにハマっていて、キョウダイたちにやろうと呼びかけるが反応が悪い。 そこでオイが勧誘されてしまいシマッタ、と思いはしたものの、やってみると案外面白いかくれんぼだった。

誰に似たのであろう、次男は大耳である。 そしてなぜか、大耳は年配者からのウケがよい。

今朝起きてきた次男がやけに今日輝いているなと思ったら、実際顔がテラテラしていた。 娘所有、おもちゃの化粧箱からテラテラの素を取り出して、顔に塗りたくった模様。

3歳次男が最近よく使う短縮言葉「アツ(熱,暑)、ツメ(冷)、サム(寒)」そして「ウル(うるさい)」

次男に声をかけると「え?」とパンクブーブー並みに聞き返してくる。 何度も。

食事する際の椅子にデーンと座る姿から次男は社長と呼ばれるようになった。

次男3歳が燃えよドラゴンにハマってしまった。 うぉあちょおぉー

からすみを見た次男が一言。 「サボテンみたい」 えっ、サボテン?! ・・・・・・深ぇ。

次男は「ガビョウ」のことを「ガビヨ」という。

シーソーのことを「シーソー」と言ったら「ちがうじょギッコンバッタンじょ」と次男に注意された。

自分も調理に加わった一品は、いつもの三割増しで食べる次男はいかにも男の子らしい。

息子の言う「テッキュウ」は吸盤、「シャンデラ」はシャンデリアのことだった・・・

自分のリュックにつけてる「腹ペコあおむし」のキーホルダーにはさみを向けた次男。大事にしているのにどうしたことかとたずねたら、「さなぎが出てくるとおもった」とのことだった。

次男は保育園でお友だちと正面衝突し、 デコに大きなタンコブを作った。「コブに砂糖水ばぬってっもらった」と本人が言うので、はてどうしてかなあと園に尋ねたところ、コブには砂糖水が効くという昔からの言い伝えがあるそうな。へぇー。

風呂からあがってきた次男の体がボディビルダーのようにテッカテカだったから触ってみるとヌルッヌルだった。 すすぎ不十分。

(more…)

2013/08/21

バクチカー

爆竹

ハツボンサンだったウチは墓でバンバン爆竹を鳴らした。

熟練の手業で爆竹を連ならせ、バンバンというよりもドカドン鳴らすおじさんたちの横で、次男は初めての爆竹を体験。

「ヤビヤ」に関しては昨年デビューしており、今年のお盆にはヤビヤーに次いでバクチカーにもなりたいと意気込んでいたのだった。

手に爆竹を持ち、導火線に火をつけてからポイポイ投げる兄ちゃんたちをよそに、自分もそこからはじめてみようと張り切ったが、1まずは爆竹をひとつずつ地面に置いてから 2導火線に火をつけ 3サッとその場を離れる。

という基本から着手したところ難なくクリア。 次いで、手に持った爆竹に火をつけてポイに挑戦。

(more…)

2010/11/16

三歳半検診

今日は次男の三歳半検診の日。 すくすく健康に育っているかを見てもらうのだ。

いくつかの検査項目は家庭で行い、先生に報告するようになっている。 まずは視力検査から。

視力検査に使われる切れ目の入った輪のことをランドルト環という。 大小の環が印刷された紙が用意されてあるので、2.5メートル離れたところからそれを見せ、どこに切れ目があるのかを答えてもらう。 片目ずつ行うルールになっているので、目隠しとして、スプーンを代用した。 メジャーで2.5メートル計測し、次男を立たせる。

「はい、これはどこに切れ目がありますか?」

次男はトコトコ歩いてきて、じかに環の切れ目を指差した。 「ここ!」

ちがうちがう。 「あのねえ、そこから動かずに上!とか下!とか答えてください」

(more…)

2 / 212

マーク中

ぷちぐる本

最近の記事

2018年8月8日 new!!

チョーコーさんからやんごとなきお出汁が出るぜ

チョーコーさんの新商

続きを読む

おめでとうございます! という詐欺 2018年8月7日 new!!

きょうのできごと

仲間を想う気持ちか。

続きを読む

人気記事

月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
ツイッター
ぷちぐるレシピ
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ