メニュー

2007/10/05 雑記

懇親会というか拷問

牡丹鍋

「上質なイノシシ肉が手に入ったのでとりにこい」という電話があった。

作物を荒らすイノシシがどうのこうの…で、猟師が仕留めたものらしい。 以前にもしし肉をいただいたことがあったが、シシ肉は旨い。 脂がしつこくなく、肉は柔らかく、なんちゃって牡丹鍋を作ると非常によかった。 即、イノシシをもらいに行く。

「ほー。 こんなに沢山もらっていいのでしょうか?」

用意されていた猪肉は一頭分丸ごとなのでは?というほどの量で、うれしさ半分、どうやって食べきれというんだという困惑半分という具合だった。 でも食べきれない分は冷凍すればいいし、そう深く考えることでもない。 くれるものは、もらわなければ損である。 しかし、世の中そうオイシイ話ばかりではない。

「シシ肉をあげる。 でもそのかわりといってはなんなんだけど、運動会の練習手伝ってくんない?」

という交換条件が提示されたのだ。

来週、この田舎町で運動会があるという。 町内の運動会なのだが、町民は皆はりきっており、一年の行事でも特にこの運動会を楽しみにしているらしい。 「山田さん家の嫁さんには負けられんばい」とか「去年の雪辱をリベンジしてノックダウンさせてやるっちゃ」とか「雅治のヤツ、馬場チョップばくらわせてやる」とかいう、なんとも小規模な個人間のいがみ合いというかライバル心がほとばしっているらしい。 とにかく町内の大事な行事なのだ。

町内運動会は来週に控えており、毎晩予行練習を行っているという。 予行練習までやるのだ。 気合が入っているのだ。 その予行練習では、本番さながら、ムカデ競争やら玉入れやらをやるそうで、それに際し道具を出し入れするいわば「道具係」が必須なのだとか。 率直にいうと、その道具係をオイにやれということらしいというのは、話を2割聞いただけでわかった。

簡単な話である。 そのくらい引き受けましょう。 指示されたとおりに、イソイソと道具を出し入れすること2時間、任務は無事終了した。

「いやいやホント助かったよ、オイくん。 さあ、予行練習も終わったし、懇親会だっちゃ」

どちらかというと、皆さんは予行練習の後の飲み会を楽しみにしていたらしく、早くビールを飲みたいがために目は血走り、浮き足立っている。 オイに猪肉をくれた本人は町内のまとめ役らしく、自分の家に皆を案内する。 「家内がビールをギンギンに冷やしているもんでよ、家に来い」

猪肉もらって、道具を少し運んであげたらビールにありつけるなんて幸せ。 汗ダクだしあいにく喉はカラカラだ。 しかし10月だというのになんでこんなに暑いのか? いやそんなことはどうだってよろしい、とにかくギンギンに冷えたビールを何杯か一気飲みしないと話にならない、軽トラの荷台に乗り、シシ肉氏の家へ向かう。

玄関はすでに開放されており、奥さんがビールとともに待ち構えている。 玄関に入るやいなや、キンキンのビールを一本づつ手渡される、ハズだったが…。 あれ? これってヌルイよね??

奥さんが満面の笑みで手渡してくれる500mlの缶ビールは、冷えすぎというぐらい冷えているハズというかそうでなければならない。 皆汗をかいているんだ。 しかし、その缶ビールはヌルヌルもヌルヌルであった。 もうね、受け取った瞬間にぬるいと分かった。 周りを見回すが、皆さん「うわ、このビールぬるいよね」とかそういう声は聞こえてこない。 オイのビールだけがぬるいのか、いや、そういうわけはない。 ビールには、水滴ひとつついていない。 やはり、皆のビールもぬるいに違いないのだ。

並列に並べられた長テーブルには、奥さん手作りの美味しそうなつまみが用意されている。 だのにビールはぬるい。 しかも室内がやけに暑い。 エアコンが入っていない。 マジか。 適当なところに腰をおろし、とりあえずぬるいなりにも早くビールを一口飲みたいという衝動にかられる。 もしかすると以外に冷えているのかもしれないし。 挨拶なんかイーから早く乾杯をしろ、なんて考えてたら、やはり皆同じ意見だった。 「もーよかよか、とりあえず、ビールば飲もーでかープシュッ」

やはりビールはぬるかった。 まったく冷やされていないといっても過言ではない。 あちこちからビールがぬるいという声が上がる。 冷えていないのは残念だが、とりあえず喉が渇いて仕方がないので一気に飲み干す。 ビールを一気飲みして、これほど爽快でなかったことは人生で初めてだ。 諸君、ぬるいビールはビールではない!

この懇親会には、ビール以外の飲み物がない。 焼酎や日本酒なんて無い。 なにか飲みたかったら、ぬるいビールをおかわりするしかないのだ。 発泡スチロールの大箱に入れられているビールはどれもぬるい。 奥さんはもっと冷やそうなんていう気はまるでない。 そもそもぬるいビールを発泡スチロールの箱に入れておいて何になるのだ。 どうせぬるいんだし、その辺に置いておけばよいではないか。 それとも何か、ぬるいビールを発泡スチロールの箱に入れておくといつのまにか段々と冷えてくるとか。 そんな箱があったら絶対買うね一度拝見してみたいものだね。 と段々ハラがたってくる。 もう帰ろう。

「いやー今日はありがとうございました。 それじゃあこの辺で、失礼します」

翌日、冷えまくったモルツを飲みながら、イノシシ鍋、すなわち牡丹鍋を作る。 なんで猪鍋を牡丹鍋と呼ぶのかというと、猪の肉が牡丹の花びらのように美しいからだそうだが、オイが頂いた肉には、脂身の部分が見当たらない。 もしかすると、その牡丹の花びらのような部分は、豚でいうところのバラ肉にあたる部分なのかもしれない。 その部分がないということは、その牡丹部分は美味しいため、し止めた人の特権として持ち帰ったのかもしれない。 オイ家にあるシシ肉は、いわば残り物なのかもしれない、なんていうマイナス思考が頭を一瞬よぎるが、猪肉にはかわりないではないか、牡丹でなくたって鍋は鍋だぜ。 カツブシと昆布で出汁をとり、そこに何種類かの味噌を溶かし、酒をドボドボと注いで仕上げる。 うん、なるほど美味しい。

イノシシ肉特産化

猪は山を駆け回り、タケノコやクリ、イモなどいい物ばかり食べているわけだから、マズいハズはない、と美味しんぼに書いてあった。 朝日新聞によると、近年長崎ではイノシシ肉を特産化する動きが活発で、江迎町では実際イノシシ肉が売られているのだとか。 同町によると、オスのイノシシは商品にならないそうで、臭味が少なく、肉が柔らかいメス肉のみを市場に出しているそうな。 臭味がでないようにするために、駆除してすぐに血を抜くのだとか。

元々はイノシシによる農作物被害が増え、駆除したイノシシ肉の処分に困ったところから考え出されたのが「イノシシ肉の特産化」だったらしい。 オイの近所の肉屋でも買えるようにしてください。

2007/09/15 雑記

割れたロックグラス

割れたロックグラス

マーフィーの法則だったか何だったかに「お気に入りのコーヒーカップはいつか割れるものだ、だから購入した時すでに割れたものだと考えろ」というような話があったようななかったような気がしないでもないといっても過言ではない。

別にお気に入りってほどでもないが、Francfrancで購入したロックグラスを焼酎用に使っていて、これがまたよく割れるんだ。

ある時は大きな氷塊を無理やり詰め込もうとしてパリン。 またあるときは、食器洗い中に勢い余ってパリン。 なぜか手から滑り落ちたり、嫁が割ったり、食器棚にしまおうとしていてよく見るとヒビが入っていることに気づく。 というように、ロックグラスだけがやけに割れるのである。 時には購入したその日に割ることもある。 だから沢山買いだめしておかなければならない。

そしてまた昨晩も割れた。 南無阿弥陀仏。

2007/08/30 雑記

リモコンの裏蓋に激怒する

リ、リモコンのツメがっ!

まずは上の写真を見ていただきたい。 テレビのリモコンに内蔵されている2本の単4電池が見える。 これは「リモコンの電池を取り替えようとして、裏蓋を開けたところ」の図ではない。 誠に不本意ながら電池が露出してしまっている状態なのである。

まずは上の写真を凝視していただきたい。 どこかおかしいところがあるはずである。 そう、裏蓋のツメがない。 本来裏蓋から突き出ていて、リモコン本体とドッキングじた状態を保持しておくためのツメがないのである。 なぜないのか?

それは折れたからである。

なぜ折れたのか? それはフトしたはずみでちゃぶ台の上からリモコンを落としたからである。 使用している人間、すなわちオイに過失があることは重々承知している。 しかしなんでちゃぶ台から落ちただけで、ツメは折れなければならなかったのか。

リモコンとは

リモートコントロールの略。(広辞苑より)

リモート・コントロールとは

遠隔操作。 リモコン。(広辞苑より)

リモートとは、『遠隔』を意味する。 リモコンとはすなわち、遠隔操作に用いる機器を指すのだ。 わざわざ書く必要もないが、そうなのである。

「リモコンのないテレビはただのテレビである」と古くから言われるように(一切ない)テレビを楽しむためには是が非でもリモコンがなくてはならない。 リモコンがなければ遠隔操作ができないわけで、テレビに手の届く範囲内でテレビを視聴しなければならなくなる。 それではテレビが近すぎであり、目が悪くなる恐れもあるので母親は気になってしかたがない。 テレビから離れた場合、テレビに用事があるときは、イチイチ歩いてテレビの前まで向かわねばならない。 これは非常に面倒である。 さらに午後の昼下がり、寝転びながらおやつをかじりつつリモコン片手に無意味にチャンネル操作をする行為は、ボケ防止に極めて効果的だという科学的実証があるわけがない。

とにかく、リモコンはなくてはならない。 裏蓋のツメが折れたのならば、セロテープとかでリモコン本体とくっつけておかねばならない。 そうしないと、肝心な電池がポロポロと外れてしまうのだ。 外蓋がこの世に存在するたったひとつだけの理由は『電池を保持すること』これしかないのである。

セロテープにより見事復活を果たした裏蓋はツメが折れているにも関わらず、電池をしっかりと保持しようとがんばる。 しかし、使用していくうちに、セロテープの粘着部分が溶け出してきて、リモコン本体がベタついてくるようになる。 そうなると、その部分をさけてリモコンを持たねばならないようになり、甚だ使い勝手が悪くなる。 さらに電池を交換する日がきたら、否応なしにそのベタベタ部分に触れなければならなくなる。

セロテープではなく、別の方法で裏蓋を保持できればよいのだが、接着剤でくっつけてしまっては電池が交換できなくなるし、輪ゴムで止めてみるとそのみすぼらしい外見に落胆するし、なんとも収まりが悪い。 やはり、透明なセロテープが一番スマートに裏蓋を保持しておくことができるというわけなのだ。

そもそも裏蓋のツメが折れるから面倒くさい話になるわけで、1度や2度ならばまだしも、我が家のテレビのリモコンはまず間違いなく裏蓋のツメが破損する。 間違いない。 荒々しい扱いをした覚えはなく、いつもほんの些細な衝撃によって破損している。 毎日リモコンを使えばたまには落とすこともあるわけだ。 ちゃぶ台の上から落ちただけで、ツメが折れちゃっても困るわけだ。

とにかく各家電メーカーにはもう少し丈夫に裏蓋を作ってもらえないものかとお願いしたい。 もしくは電卓みたいに太陽電池にするとかいう構造改革をする。 そういえば、携帯電話をリモコン代わりに使えるが、携帯電話の仕事は電話である。 

リモコンが落ちるということは、爪の破損を意味する。 今まで幾度となくそれを経験しているオイは、リモコンを落とす度に、ハンマー投擲直後の室伏広治のように雄たけびを上げるしかないのだった。

2007/08/27 雑記

夏が終わっちまう慌てて花火

hanabi

もう8月も終わりだ。

急いでコンビニに走り、花火セットを買ってきて、息子と2人で花火を始める。 バチバチバチバチ・・・・・・

2007/08/09 雑記

瓦?

お寺でウロチョロしていたところ、壁に瓦がめり込んでいるところを発見。 なんで瓦がこんなことに・・・


2007/07/30 雑記

鳥居

鳥居

連なるねぇ。

2007/07/28 雑記

お寺にかかっていたイイアジでてる看板

看板ていうか

うーん看板ていうかなんていうかなんとお呼びしてよいのか・・・・イー仕事。

2007/07/27 雑記

お知らせ

美味かもん雑記帳を若干リニューアルしました。 最近記事が滞りがちだったのですが、また細々とやっていこうかと思います。

それと食い物以外も掲載していこうかと考えております。

2007/07/26 雑記

そのような余裕はない:チンを待てない男

butadon

うー、もうガマンできねえ。

でもなー、何かあったかな。 と、空腹に耐えかねて冷蔵庫をあさる、がなにもない。

炊飯器の中にかろうじて茶碗2杯分のご飯があることは確認できた。 が、おかずになるものが冷蔵庫内になーんにも無いのである。 シマッタ!

飢えきったオイは、ターゲットを冷凍庫に変更し、いきおいよくドアを引き出した。 するとそこには大量の「チューチュー」が横たわっていた・・・・・。 チューチュー以外には何も見当たらない。

少しムカついたオイは、チューチューを一本取り出してバキッと折り、長いポッチのあるほうをくわえた。 そして、チューチューの山をほじくりながら、下になにか食い物が隠されていないかを調べ始めた。 冷凍のイカやクジラ、よくわからない塊なんかがゴロゴロ発見されたが、どうも今の気分とマッチしないし、すぐに食えるものたちではない。 うーん、もはやこれまで、塩ムスビでもこしらえてガッつくかとあきらめかけたその瞬間、レトルトの豚丼を発見したのだった。

この豚丼は、角煮まんじゅうで知られる岩崎本舗から新発売されたというもので、新発売モノが大好きな嫁がとりあえず購入し、冷凍庫に入れておいたものである。 とにかく、レトルトの封を開けて、レンジでチンすればすぐに食えるわけだ。 切羽詰っている今にちょうどよい食い物があったわけだ。

早速丼にご飯を盛り、豚丼の袋を電子レンジに入れ、ボタンを押す。 あとは電子レンジが勝手にちょうどよい頃合を判断して「ピピピ」と教えてくれるのを待つだけである。

待つだけである。 が、いっこうにピピピと鳴らない。 こっちはすでに丼にご飯を盛り、待ち構えているのにピピピと言ってくれないのである。 腹が減っている分、いつもよりもよけいに腹が立つ。 あーもねーと、レンジ内を覗くと、封を開けられて、体裁よく立てかけられたレトルトのパックがクルクルと回転している様子が見受けられる。 「なに悠長にグルグル回ってんだよ! 早く温まれよ」

最早ガマンの限界、タイムオーバだ。 まだピピピと鳴っていない電子レンジのドアを開け、豚丼の袋を取り出す。 電子レンジの判断は正しい。 まだ十分に温められていないのが手に持っただけでわかる。 しかし時間がないのだ。 勢いよく丼の上に豚丼をぶちまける。 所々はまだ凍っているようでもあるが、こっちはテンパってんだよね。 そのうちご飯の熱でどうにかなるだろうし、食おう。

完成した豚丼を両手でかかえ、急いでテーブルに座る。 そして、ついに、まちにまった、待望の、食事となったわけだ。 ワシワシと食い始める。 しかし非常に冷たい。 豚丼の豚がシャリシャリとありえない音をたてる。 温まっていないどころか、十分に解凍すらできていないのである。 ワシワシどころではない。 「ワ」ぐらいしか食えない。 冷たい丼がこれほどマズいものなのかということが、初めてわかった。 こりゃチンしなおしである。

少し食べたので若干落ち着きを取り戻した。 今度は丼ごと電子レンジに入れ、ボタンを押す。 温まるまで十分待つ計画である。 レンジ内で回転しながら温められていく豚丼の様子を眺める。 「電子レンジ、おまえの判断にまかせようではないか。 もうあせったりはしない。」

やはり時間がかかるようなので、豚丼の袋の裏書きを見る。

電子レンジの場合(ラップ不要)

  1. 袋上部の口を、2~3cmほど切り取ってください。
  2. どんぶり等の器に、袋ごと立て掛けてください。
  3. 袋のまま、電子レンジで加熱してください。

と書いてある。 なんだ、はじめオイがやった通りではないか。

時間目安

  • レンジ700Wの場合/冷凍から3分・冷蔵から2分
  • レンジ500Wの場合/冷凍から4分・冷蔵から3分

と、書いてある。 そうか、冷凍からだったらやっぱ3~4分かかるわけだ。 どうりで凍っていたわけだ。 と納得する。 さらにお湯で温めることもできるわけだが、お湯を沸かしている時間などない。 どにかく、今は豚丼がほどよく温まるのを待つだけである。

しかしウチのレンジは一体いつまで温めるつもりなんだろうね、これじゃお湯をわかして温めたほうが早かったんじゃないのか。 電子レンジ、オマエの仕事は一体何なのだ。 というふうに、電子レンジに対しての不信感がこみあげてくる。 

うーんもはやこれまで、これ以上は待てるハズがない。 信じられん。 「ガチャ」とまたもや電子レンジがお知らせをするまで待てず、豚丼を取り出す。 今度は丼がかなり熱くなっているので期待できる。 ちょうどよく温められているはずだ。 丼をアチアチと両手でかかえ、急いでテーブルに運び、ワシワシと食べ・・・・、ようとしたが、熱くて食えたもんじゃない。 こんなの食った日にゃ、病院行きである。 豚丼の豚がジリジリと音を立てている。 温まったどころか、温まりすぎなのである。 ワシワシどころではない。 これでは「ワ」も食えない。 熱すぎる丼がこれほどまでに危ないものなのかということが、身をもってわかった。 こりゃ冷めるまで待つしかない。

なんなんだ我が家の電子レンジは。 すぐ取り出せば凍っているし、少し待てば熱すぎるし、一体どういうつもりだ、考えられん。 と、今にも電子レンジに飛び掛ろうとしているところ、2階から嫁が現れた。 「何してんの?」

事の経緯を話すと、我が家の電子レンジの「おまかせモード」はあまり信用することができないらしく、温める食品の袋に記されているように、3分ならば3分と、時間をちゃんと手動で設定してから温めなければいけないそうなのである。 ケッ、そんなメンドクサイことやってられっか。

腹が減って目の前に豚丼があるにも関わらず熱すぎて食えないという拷問に耐えかねたオイは、冷凍庫からチューチューを3本取り出してしゃぶりながら、じっと豚丼が冷めるのを待った。 これがまた全然冷めないというところがまたムカツク。 電子レンジはスカン。 あー腹減った。

岩崎本舗:ちゃんとチンすれば美味しいです。

2007/07/15 雑記

台風4号:MAN-YI(マンニィ)

今年の梅雨はよく雨降るな一体どうなってんだ。

去年の梅雨のことをよく覚えているわけではないが、なんだか今年は雨ばかりしかも割と大量に降っているように思われる。 ジメジメジメジメあーうっとおしい。

洗濯物が乾かないだろうが。 お、雨が上がったな、なんてスキに洗濯物を干したと思ったら降ってきやがる。 洗い直しだこのやろう。 しかたなし屋内に干すがよく乾かないし、洗濯物がなんだか若干臭う。 やはり太陽に当てて乾かさないとイカン。

こう何日も雨ばかり続いては、部屋中洗濯物だらけになる。 子供の汚れ物の量はハンパではないし、洗濯機フル稼働で洗い上げるもすでに干す場所がもうない。 干せないのに洗濯物はどんどん増えるし一体どうなってんだ、考えられん。

いくら6月だからってヤリすぎだぜ梅雨よ。 そっちがその気ならこちらにも考えがある。 大々的に、洗濯物を干すスペースを構築してやろうではないか。 屋内に洗濯物を干すスペースがもう残っていないというのはあくまでも常識的範囲内の事柄であって、ムチャすればまだいくらでも干せる。 たしかビニール紐がどこかにあったハズだ。 寝室にも、居間にも、キッチンにも、何ならトイレにも張り巡らせて、干せるだけ干してやろうではないか。

そう張り切って、たまっている洗濯物をすべて洗い上げ、ビニール紐を手に、さあ居間にクモの巣のようにビニール紐を張り巡らそうとしたその瞬間、嫁から待てがかかった。

「あんた、人が来たときどうすんだい。 それに洗濯物というのはただ吊るせば乾くというものではない。 乾燥機なり何なり必要なのさ」

という。 いーじゃねえか。 家中のエアコンをすべて稼働させて除湿に設定すれば。 もうね、ここまできたらそこまで徹底して梅雨に打ち勝たねば気がすまないのだよ。 干したいのだオイは。

そうしてもはや夫婦喧嘩勃発かという時、テレビで台風接近とかいう。

たぁいふぅう? この忙しい最中台風とはどういうことだこのやろう。 こっちは今洗濯物で忙しいんだ。 このままじゃ、洗濯物にキノコが生えてしまうのだ。 すでにバスマットの隅にカビが生えているのが確認されているのだ。 こっちはセッパ詰まってんだよ。 んで、しかしどっちから来てんだい台風は? と画面を見ると「最強台風九州上陸か!?」なんて字幕・・・。

サンサンのこともあるし、ちょっと気象庁の台風情報でも見てみるか。

中心付近の最大風速45m/s。 なんでえ、大したことネエじゃねえか。 予想進路をみると、長崎県の若干下側を通る。 コース的にも問題なさそうじゃねえか。 生まれてこのかた長崎県にずっと住んでる付近のおじさんがいうには、下側を通る台風はさほどでもないらしく、一番ヤバいのは、五島沖から来て上側を通る台風なのだそうだ。

しかしどのへんが一体最強なのかいまいちよくわからない。 気象庁のページにも最強なんて書いていない。 テレビに目を移し、どこが最強なのかをよく聞いてみる。 すると、7月に来る台風の中では、最強クラスに当たるらしいという風なことを言っている。 なんだよ、最強っつっても7月でかよ。 こっちはね、あのサンサンをしのいできたんだぜ。 サンサンに比べたら、今度のなんだっけ、マンニィ?(またふざけた名前付けやがってせめて日本名ぐらい命名しろ二郎とかにしろ) 大したことはないはずだ。 もしもサンサンがアジア最強だとするならば、そのマンナントカは町内最強クラス程度であるおそらく。

と、テレビを見ながらマンニィの批判をするオイの横で嫁は「怖い」とつぶやく。 台風にはめっぽう弱いのだこの女は。 ゴキブリとかムカデとかを発見するとスリッパでもってハタきたおすのに台風はニガテらしいのだ。 台風が得意だという人もいないだろうが、やけに台風にビビルのだ。

いやだからコース的にもアレだし、そんなにデカくもないから大丈夫だこの前ほどはない、と言ってるハナから雨戸を閉めはじめ、部屋中が薄暗くなる。 そして「進路によっては子供共々実家に帰らせていただきます」なんてホザク。

どうもこの前のサンサンを経験したせいで、いっそう台風を怖がるようになっているらしい。 「もう風とか吹いてきているし、外にでたら瓦とか飛んできて頭にあたったりするかもしれんバイ。 なので帰るならば今のうちにどうぞ自分だけでどうぞ」とおちょくると、オイをにらみつけた。

あ、そういえば洗濯物問題が解決していないんだったっけ。 台風もどうしてまたこんな忙しいときによりによってまったくもう・・・・週末だし子供らは遊びに連れて行けとゴネるし、せっかくの連休だったのに一体どう責任をとってくれるんだマンニィさんよ。 ばあちゃんとこに遊びに行くと、子供らと約束してたんだよね。

台風が来てるし念のため危ないので家にいよう。 なんて言っても子供らは何のこっちゃ、まず理解してくれるはずがない。 雨も降っていないし、ダダコネルこと必至である。 んもー。 「そうだ、魔女の宅急便を撮ってたでしょう。 見ましょう!」というと、すんなりおとなしくなった。

子供らは魔女を見て、オイと嫁は洗濯物問題にカタをつけようとやり合っているうちに台風がジリジリと接近してきた。 「ゴトゴト、ゴォーヒューゥ」と風がうなる。 嫁はPCの前に座り逐一台風情報をチェックしている。 そう度々見てみても、台風情報は数時間おきにしか更新されないんじゃないの?

オイはヒマなので、外に出てみる。 雨は降っていない。 というか、時折晴れ間がのぞく。 風は吹いているが、それほどでもない。 うーんこれは大丈夫でしょう。 そうだ、晩飯の買出しに行こう。

しばらくしてテレビの台風情報を見てみると、アレ? すでに長崎通り過ぎているじゃないか。 え?

あまりのあっけなさに拍子抜けし、嫁に「台風過ぎてるよ」と伝えると「わかってる! でも吹き返しがくるかもしれないので油断はできんっ!」という。 ふーんそうか。

連休の予定をつぶしてくれた台風に腹がたったオイは、思い切り雨戸を開け放つ。 雨も降っていないし、これならば洗濯物を外に干すことができるのでは? と考え、夕方から洗濯物を外に干し始めた。 すこしは風が残っているが、洗濯物が飛ぶほどの風ではない。 とにかくダーッとたまりにたまった洗濯物を干す。 少しすっきりした。 まだ6時でないの。 うーん他にやることはないし、ビールでも飲もか。

※被害に遭われた方々の一刻も早いご回復を心よりお祈りしております。

52 / 62« 先頭...30...5051525354...60...最後 »

マーク中

ぷちぐる本

最近の記事

2019年11月9日 new!!

ファドを聴きながら

面白い夜だった。 隣

続きを読む

2019年10月31日 new!!

月例報告1910

本エントリも11月に

続きを読む

2019年10月31日 new!!

あっぷる収録記:その23

地味な料理にこそ光は

続きを読む

2019年10月7日

最近の傾向

最近思った事を。

続きを読む

人気記事

月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ