メニュー

美味かもん雑記帳 > 雑記 > 仕事の遊戯
2017/08/22 雑記

仕事の遊戯

某大学の研究室を見学してきた。 それに感じた雑感を記す。

60センチ水槽に水を張り、ビスケット大の丸い物体を沢山入れて火にかけて、それを真上から見た際に、ビスケットが対流している様子を確認したいという案件を複数の研究者が試行錯誤しているところだった。 ところが底に沈んでしまい、見る事ができない。

みなさんそれぞれ頭をひねって案をひねり出している。

案その1:「水槽の底にどんぶりを沈めて山を作ると良いのでは?」すると対流が生まれて見やすいのでは?

案その2:「ビスケットの厚みを半分にしたら?」すると軽くなり舞いやすくなるのでは?

案その3:「塩を沢山入れて浮力を強めてみては」すると浮力が強くなり舞いやすくなるのでは?

案その4:「治具をこしらえてビスケットを固定しては?」するとあたかも浮いているように見えるのでは?

「塩」が一番同意を得られた様子だったがひとまず出てきた案すべてを試してみる事にした。

見ていて気付いたのは、ひとりの研究者の下に助手がいて、その助手が妙案を出したとしても、その発言は助手のものではなくその上の、研究者の声として上に通じる。

だから研究者は妙案をよく思いつく助手を沢山持っていると実績も上がり、上に評価されやすい。

だが助手もバカでないので「なんかいつも俺の出した意見を横取りしてるよなあの人」と気づいてくる。 なので大事な妙案を思いついてもナカナカ言わないようになってくる。 自分が日の目を見る場面が来ない限り(でもその妙案はまた別の人が思いつくかもしれないんだよな)。

そういう空気が蔓延すると、時間と費用がかさんでくる。

理想的なのは妙案を思いついた助手を称える事。 「この案助手が思いついたんですよ、いい案でしょ!」 でもそうはいかないのが現世なのだ。

前後の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

2019年3月24日 new!!

ガード下での会話

ウソみたいな話

続きを読む

14dai 2019年3月17日 new!!

これってあの映画まんまじゃん

これからもどんな出会いがあるの

続きを読む

コンニャクの消費低迷 2019年3月14日 new!!

芋煮の製法を教わった夜

居酒屋のメニューでも芋煮は見た

続きを読む

DB 2019年2月28日 new!!

月例報告1902

成功日記もつけるようになったそ

続きを読む

神力膏 2019年2月25日 new!!

もっちゃん

たしか当時の夢は船長、って言っ

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ