メニュー

2013/02/12 ニュース雑記

オーイ!本できたぞ

本日、初の著書『オーイ! つまみできたぞ』が刊行された。

ぷちぐるを起こして8年、ようやくの書籍化である。 記念としてせっかくなので、ぷちぐるが本になるまでの過程を記す。

2012年8月、出版社編集部の方からメールが来る。 書籍化の提案であり、企画を読んで面白そうだったので快く了承。 出版までの大まかなスケジュールを知らせてもらう。

とはいっても、まだこの段階では書籍化は正式に決定されておらず、出版社内の企画会議を通されることになる。 しかも会議は一度だけでなく、二度三度と繰り返し行われる。

10月、ようやく書籍化が決定、合わせて出版日も2月に決まる。 以後、11月、12月、年明けまでは怒涛の校正を行った。 正月もままならぬ状況でおちおち酔っぱらう暇もなかった。

そして今年の1月初旬、全てが終わり、ドッと疲れる。 という感じで、およそ半年に及ぶ本作りを終えた。

(more…)

2013/02/09 雑記

無題

先輩の娘さんが糖尿病になった。

一型糖尿病という種類らしく、この糖尿病は生活習慣等により発症するものではなく、 突発的におこるものだという。

先輩宅で飲む際は、娘さんも一緒になってドンチャン騒ぎをする。  彼女はまだ二十代前半であり、年末会った時は相当元気だった。  入院中とのことで、とにかく病院へ向かった。

病室のドアを開けようとすると、中からゲタゲタ笑い声が聞こえた。 彼女の声。 開くと、主治医と雑談をしているところだった。

「退院したら彼氏と映画を見に行きたいんだけど、 映画見てるとポップコーンを食べたくなんじゃん、 でそのポップコーンって、分類でいえばどこに入るの?」

食物を原材料やカロリーで分類する知識を会得中らしく、先生に次々質問を投げかけている。 日に四回、指先から血を取り血糖値を計り、腹にインスリンの注射を打つ。

「退院したら、お母さんと一緒に料理をはじめるの。  だって今まで作ってもらってばっかりだったからさ、勉強しなきゃ。  だからオイさんも遊びに来るときはさ、何かカロリー低めの料理にしてね今度から」

了解!食べたいものは何でもリクエストちょうだい、全部作って持ってくからさ・・・じゃダメなんだよなあ、一から勉強せねば。

2013/02/08 雑記

暴れる水滴

朝起きて前掛けを装着し、朝食の準備に取り掛かり、目玉焼きを家族分焼きあげてから銘々の器に乗せ、即フライパンをタワシでこすり洗いしてから火にかけて水気を飛ばしてフックに引っ掛ける。

毎日当たり前の光景なのだが、今朝フライパンを火にかけていたところ、そこへ洗ったばかりの皿の水滴が偶然落ちて「ジュッ」と一瞬で蒸発する様を見た。

その光景がありきたりなようでいて新鮮で、今度はわざと水滴を落とした。 鍋肌に接した瞬間水滴は散々暴れながらだんだん小さくなっていき、消える。

(more…)

2013/01/03 雑記

新たな一歩

友人の34歳子二人男は、三人家族として、今年新たなスタートを切ることになった。 そこで彼は、人生初の「料理」という家事に挑戦したらしい。

子供たちに何を食べたいのか訊いてみたところ「焼きそば」という返事が返ってきたという。 三人揃って材料の買いだしに行き、早速調理を始めた。

やっとのことで鉄板を探し出し、油を引いて、まずは麺を炒めた。 「ジャーッ」という音を期待していたもののスンとも言わないのでいささか拍子抜けしたが、そのうち何とかなるだろうとほぐしているうちにドロドロになってしまった。

(more…)

2012/11/29 雑記

瞳をとじて?

宮崎地鶏専門店で飲むという。 よほどの事が無い限りハズれないジャンルであり、なおかつ赤坂だということで、田舎者は大いに張り切った。 店の前に着き、白字に黒文字の質素な看板をしげしげ眺める。 どこか気品があり期待が高まる。

ドアを開くと、けたたましいBGMが鳴り響いていて思わずたじろいだ。 間髪入れずに店員がドスのきいた声で「いらっしゃませぇ!!」と一礼。 予想だにしなかった展開。

BGMはよく耳をすますと「平井堅の瞳をとじて」である。 だが大音量のため音が割れている。 いやまてよ、歌っているのはどうやら平井氏ではない様子・・・こりゃ素人の歌声だ。

(more…)

2012/11/08 雑記

近況121108

ちゃんぽん

長崎は三重にあるちゃんぽん屋「セイラーマン」に行ってきた。 店の存在自体は以前から知っていたものの、入ってみる機会がこれまでなかった。

正直、あまり期待はしていなかったのだが、この店のちゃんぽんはかなり高レベル。 長崎市中心から少し離れてはいるが、観光客の方々にもオススメできる味。

(more…)

2012/11/05 雑記

十月をふりかえり

慌ただしかった十月の回顧録を。

なじみのお茶屋へいつもの知覧茶を買いに行った。 店主のおばさんは「やっと新茶の季節になりましたよ、ようやく」と三度繰り返した。 大事に飲ませていただきます。

続いてスーパーへ向かい献立の材料を揃え、レジの大行列に並び、ようやく自分の番が来たと思えば「ちょっとカゴを取ってきます」とレジさんはその場を離れた。

「カゴならレジ横に山積みされてるじゃないか」と内心思ったのだが、カゴの束を持ち戻ってきたレジさんを見て納得。 決済前と決済後の商品を入れるカゴの色が違うのだった。

確認をとってみると、やはりそのような取り決めがあるそうだ。 もう何年もここで買い物していてまったく気がつかなかった。

(more…)

2012/09/17 雑記

台風第16号 :サンバ

「最大瞬間風速80メートルだってああ怖い、避難しよう」といつものように反射的に娘たちを連れそそくさと実家に帰ってしまった嫁。

「80メートルってこたないだろう」と予報を見ると、確かにその文字が。 普段「最大風速」は気にしても「最大瞬間風速」は気にしないもので、これがいったいいつもの大型台風とどれぐらい規模的に違うものなんだろう・・・と悩んでいたところ「今度の進路は長崎的に最悪コースばい」と語る町の長老のひきつった顔を見て、急いで雨戸を閉めて回った。

(more…)

2012/09/11 雑記

トカモツカワレルンデスカ

久しぶりに家内と二人で買い物に行った。

腹ごしらえの後いざ買い物へ。 この買い物に付き合わされるのが苦痛なので、ついていきたくないのだが、荷物持ちとして駆り出されてしまう。

相変わらずひとつの買い物が長い。 物を買いに来たというよりも、店員とおしゃべりをしに来たというほうが妥当だ。 まだまだ長引きそうなのでここはひとつ、ちょっとその辺をお散歩に・・・。

セレクトショップの店頭に別注スニーカーとやらが置かれてあり、やけに発色が良かったのでつい近寄って手に取る。 ためつすがめつしていると、奥から店員が近づいてきた。 

店員:「スニーカーとかも履かれるんですか?」

若い男性店員は爽やかな笑顔でこう尋ねながら歩いてきた。

「ええまあ・・・(履かなさそうに見えるのかなあ)」

(more…)

2012/09/04 雑記

タッチョーダイ

デパートの海産物売場でカラスミを物色していた時のこと。 贈り物にするのに型の良いのを探していたが、いかんせんカラスミであるがゆえサイズによって値段が違う。 大きいのもになればもう、手が出ない。 なんとか予算内で、型が良いものを……。

突如そこに現れたのは、買い物カゴを押しながら短パンにドクロの黒いTシャツを着たパンクなおじさん。 悩みこんでいるこちらをしり目に、さらりとカラスミを眺めてから「○◆×☆△■!」と言った。

(more…)

前後の投稿


マーク中

ぷちぐる本

最近の記事

2018年10月8日 new!!

これ何かわかる?

店は良店悪店いずれに

続きを読む

2018年10月4日 new!!

こんな夢を見た

こうして残しておくと

続きを読む

人気記事

月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ