メニュー

2006/03/14

やな店

たまにはなじみの居酒屋以外の店へ浮気してみるのもよかかな。 さて。

居酒屋Aの看板 : 「サーモンの刺身 550円 脂のっています!」

とか店の前に小さい看板がでてたらそこには入らんよ。 だってさ、サーモンっていえば養殖でマルマル太っているのがチリあたりから輸入されているものがほとんどなワケでさ、脂がのってるというかのせているわけでさ。  旬もなにもない年中ある魚だからさ、それをオススメに掲げているということは、「このみせイイ魚なかとばいね。」とか勘ぐるわけさね。 よってパスっす。

居酒屋B : 「本日のオススメ -イカゲソ、ハマチの刺身、かき揚げ- 」

うーんこの店の前、たまに通るんだけど、いつも同じオススメメニュー。 毎日同じものをすすめられてもね。 困る。 行かない。

居酒屋C : 「本日のオスメ -レバ刺し- 」

の文字が目に飛び込んできた瞬間、気がついたら入店し、レバ刺しとキムチと生中を注文。 こじんまりした店なので、厨房の料理人の声が丸聞こえ。 「あ、レバ刺し無い!」 思わず自分の耳を疑いたくなるようなやりとりが聞こえてきた後、注文聞きの兄ちゃんが、「レバ刺しないです。」と言う。

「無いです。」か。 そんな時はこう言うんです。 「すみません。 今日のオススメの看板にはレバ刺しと書いておりましたが、切らしてしまいました。 もうしわけごさいません。」と。 どうもあなたがたのレバ刺しに対する思いとオイのそれではかなりの温度差があるね。 でもまあオイも大人だし。 入店したのならばしょうがない。 ちょこっと食って飲んで、別の店行くか。 ということで、あまり豊富でないメニューの中から適当にたのんで、最後に鳥皮を注文。 「(オイ)鳥皮をください。」「(注文兄ちゃん)は?皮(かぁわぁぁ)?」

仏のオイが黙っていたのもここまで。 こんな態度の接客をするような人間のいる店では、オイなんも食わんもんね。 その兄ちゃんにこっぴどく説教したあげく、厨房奥のマスターにも気の済むまで文句を言って、速攻店をでた。 鳥皮をたのんで何が悪い。 いいじゃないか鳥皮を食ったって。  だってオマエの店のメニューに鳥皮って書いてるんだよホラここに。 大体さ、おかしいと思ったんだよ鳥皮があるなんてさ。 なんか君んとこのメニューの中でもその鳥皮だけ浮いてたんだよね。 だから異様に目に付いて、注文しちゃったんだよねオイ。

もしかするとその兄ちゃんは割と年のいった新人で、まさか自分が働いているこの店に鳥皮があるなんてそんなハズはないだろうと考えたのかもしれん。 オレが働いているこの店に、焼き鳥屋でもないのに鳥皮なんてあるかよと、オイに言いたかったのかもしれん。 でもね、あるんですよ鳥皮が。 ホラここに書いてある。

というふんとにもう腹の立つ思いをしたあとの酒は、それはそれで美味いんだなまた。 やっぱりいつもの店に行くとするか。

2006/03/11

ゆ、指がーっ

最近オイのなかで非常にハマっている遊びが、ボンネット乗り。 そう、車から振り落とされるまいと、必死に車の天井にしがみついているというあの場面のボンネット版。

子供を車に乗せ、嫁に運転させる。 低スピードで若干。 そうして、オイがボンネットにしがみついて、うわーたすけてーとかビビると、子供ふたりに激ウケするとさね。 

そしたらもう、パパとしては、頻繁に徹底的にボンネット乗りをやってあげなくてはという使命感にかられるわけさね。 よろこんでもらいたか。  と、いうことで、少し疲れている日も、ちょっとそんな気分ではないときも、子供からリクエストがあるときも、ないときも、必死になってボンネット乗りをやるわけ。 そうこうしているうちに、こなれてくるわけ。

「おいヨメ、今日はいつもよりちょっとスピードだして。」とか頼んで、ハンドルもすこし強めにきってもらったりするとさ。 そしてオイは必死にしがみついているフリをする。 たまにマジで振り落とされそうになるときもあったりしたけど、大丈夫なわけ。 そして悲劇は起こったのです。

今日はいつもより少しボンネットに乗りたい日だった。 なので少しヨメをせかして、車に子供を乗り込ませ、ヨメが乗り込んだやいなや、すぐさまボンネットに飛び乗った。 ヨメが車のドアを閉めた。 そしてミシーッ。 

オイの左手の中指と薬指2本は、見事に車のドアと、ボディーの間に挟まれたのでした。 「ミシーッ」って、指が鳴ったよ実際。 それがもう痛いのなんの。 こんなに痛い思いをしたのは、盲腸ぶり。 歯医者ぶり。 もうね、挟まれた指2本を見ると、キレイにヘコんでいるわけよ。 痛みを通り越して、しびれているわけさよ。

絶対折れてる。 実はオイは骨の折れることを好んでやる割には、生まれてこのかた骨折をしたことはないわけで、でも、おそらく骨折とはこのような痛みや痺れがあるのだろうということを直感的に悟ったワケ。 だってヘコんでるし。

さあ、病院に行こうとヨメにせかされるも、コワい。 病院にいくのが。 病院に行くにはしばらく気持ちの整理が必要ということで、横になってじーっとしてた。 そして車のドアに指を挟まれたという大変ショッキングな事態に、改めて痛みがこみ上げてくるのと同時に、オイの息子、娘のあのひきかた。 「あーやっちゃったー。」みたいな白け具合。 子供らにとっては、非常にイタイ父親に成り下がったのでした。

イロイロ考えてもしょうがない。 とりあえず病院で骨つないでもらおう。 でも、少し指を動かしてみようかということで、指よ動けと脳から指令をだすと、動いた。 もっと曲げろ!と、指令をだすと、もっと曲がった。 実はオイの指、折れていなかったのです。 オイの骨、強。 これもひとえに日ごろの肉や魚たち、美味しく食べてる食材が、骨を強くしてくれたのでしょう。 感謝。

というどうでもよい話でした。 でもよかった。

2006/02/18 雑記

お茶のダシガラでフキンを洗ってキュキュッとね

茶のダシガラでフキンを洗う

向田邦子さんのお母様やお婆様は、胡麻油や椿油を香水なんかよりも大切に使っていたという。

一滴でも台所や鏡台にこぼしでもすると「もったいない!」と手やカカトに擦りこんでいたそうな。

(more…)

2005/11/30 なるほど

食の危機:自家栽培ピーマンの味は別格

piman

昨日BSを見ていたら食が危ない!みたいな番組をやっていた。 おじさんがしきりにドモりながら「核家族化」が子供の偏食になる原因であろうということを訴えておった。

(more…)

2005/11/26 雑記

吊り橋

turihasi

インディージョーンズ魔宮の伝説を彷彿とさせるような全長90m弱の吊り橋。  と、いってもあのように橋全体がグニャグニャしているワケではないので安全 さ。 でも橋の中ほどで飛び跳ねたらグラグラ揺れる。 「強風時には渡らないで下さい」とも書いてある。

まずオイが真ん中まで行き、ヨメと子を待つ。 恐る恐る歩いてくる。 オイジャンプする。 ビビって逃げる。 こんな感じで遊ぶというわけさ。 ヨメは高所恐怖症なので絶叫し、ウチの息子はまんざらでもない様子。 よしよし、キミも男だな、ということで手を引き歩き出すと、「おしっこ」。 やっぱり息子も若干怖いみたいだ。 「よし、めったにできない経験をさせてやろう。」と、橋の真ん中から50mぐらい下を流れる澄んだ清流にむかって放尿させると。 うーんまさに男のロマンね。

 

と、そんな風に忙しくて、橋から下の景色は撮れんかったとけど面白かった。 先日書いた県民の森での話。

2005/11/12 雑記

【超豪華】病院食【精進食か】

bis

友人に子供の生まれたとバイおめでとう!

赤ちゃんば抱っこさせてもろうたり、ナンヤカヤ話しよるうちに昼んなり、食事の運ばれてきたとさ。 意外にまともな食事ば出すよねて感心したとばいオイも喰いたかー。

でもこがんとはまだ甘ーてね、フォークとナイフで食う、まっでレストランのランチのごたる豪勢さの産婦人科もあるとの話よ。 建物もホテルのごとしとるらしか。

聞けば、出生率の低下しとるけん産婦人科的にもあの手この手で患者の取り合いばしよるらしかとよ。

病院食ていえば必ず思い出す話のあるとさ。

昔ヒザの靭帯ば切って整形外科に入院したことのあるとけどね、そこの食事のまーマズいとか量が少ないとかそういう問題じゃのうて、もうね、過度のダイエット食か激マズ精進料理か?っていうほどヒドかもんやったとさ。

肉て思えばコンニャク、味は異常な薄味ていうか「調味料ケチったと?」と聞きとうなるごたる微妙な塩梅。 こいじゃ内蔵も悪うなるばい。 3日目で無理矢理病院ば出たとは言うまでもなかとよウソのごたる話。

2005/11/10 雑記

サランラップという名前の由来:ちなみにクレラップは呉化学工業製ね

c_rap

日頃世話になっとるクレラップばってん、オイはコイの扱いはモノゴコロついた頃から苦手かとさ。 「なんでクレラップば使うとか?」  たまたま家にあるからさ、ぐらいしか特に理由は思いつかんよね。

ラップっていえばクレラップとサランラップが二大巨頭よね。 この社名の由来のなかなか面白うしてね。 以下読んでみんね。

(more…)

2005/11/02 雑記

巨大風車

frhd2

妙に巨大なモノていうとはなんだか恐ろしかったりもするとばい。

運転中にかなり遠くの高台でなんかグルグル回りよるとの視界に入ったとさ。風車か? 確かめずにはおられんごと精神の高ぶったけんが先を急いどるにも 関わらず近くまで行ってみることにした。

なかなか着かん。 しかも道ワカラン! と45分程探検してたどり着いた とけど想像以上にデカくてビックリばい。 なんか威厳のようなものば感じると ばーい。

ブウォン。 ブウォン。 ブウォン。 て、デッカイ風車の回りよるとけど、もしこれがなんかのはずみで落ちてきたら。。 って考えたら怖くなってきた。 

そそくさと退散した。

2005/10/07 雑記

長崎くんち

kunti

今日から三日間は長崎くんちばい。 上の写真はくんちで使われる川船ばい。 グラバー園の巡回コースの最後らへんに展示してあるとばい。 実際使われよるモノかどうかははわからんけどね。

川船
川船の他にもくんちグッズの展示満載さー

2005/10/04 雑記

CAS ViLLAGE

cas

うーん残念なことになったばい。。 人少なかったしなー。

前後の投稿


マーク中

ぷちぐる本

最近の記事

iphone11 2020年1月14日 new!!

機種変更はつらいよ

11に変更して今のと

続きを読む

2020年1月14日 new!!

【TP-Link】WIFI 無線LAN 中継器 RE200 【設定法】

使い方が分からず困っ

続きを読む

人気記事

月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
おいしい写真撮ります
キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ