メニュー

美味かもん雑記帳 > 雑記 > オイ系ツイートまとめ:食系
2014/02/11 雑記

オイ系ツイートまとめ:食系

ブリ大根をポン酢で喰うと旨い。

羊羮で焼酎ストレートをやってみようかなあ。

この時季のブリをおろすと、真子や白子を抱えていて、身にあまり脂はないのだけれど、どちらかというと、白子のあるブリの方が若干脂に勝る。 やはりメスは、産卵に全精力を傾けているのだろう。 一方オスは・・・。

来る日も来る日も、男は鰹節と昆布で出汁をとった。

送ってもらった酒を今呑んで、お礼の電話をかけたら怒られた。 最低七日間は冷暗所で安置してから飲まないと、揺さぶられた味が落ち着かないのだとか。 ふーん、先に言え。

九州の醤油は甘い甘い言われるけど、結局その甘さがどこに由来しているかにもよるんだよなあ。 たとえ甘くてもちゃんとしたものだったら旨い。

「この辺では鮎が沢山とれます。 八月頃、脂の乗ったとりたての鮎を焼いて瓶の中に入れ、溜まりを瓶に一杯つめて密封します。 一年経つと鮎は溶けてしまいます。 それを絹ごしして出来上がったのが、鮎醤油です」スゲエ・・・

牛の尻あたりの肉「イチボ」の呼び名は英語の「H-bone(エイチ・ボーン)」が訛ったもの。

金平糖はポルトガル語Confeitoの宛字。

うまさけはうましともなく飲むうちに  酔ひて後の口のさやけき(坂口 謹一郎)

パンチェッタを「パンチェスタ」と発音される老人に出会った。 「スタ」のほうが重みあるよな。

切り分けられるよりも、丸のままポンと出てきたほうが嬉しいんだピータン愛好家として。 pic.twitter.com/GmJptk4o

キッコーマンのしぼりたて生醤油、CM見てもイマイチ意味が分からんかったので実際使ってみたところ、これはちょっと旨い。 生醤油とは加熱処理していないという意味で、日本酒のそれと似た豊かな風味がある。 冷奴なんかにはよく合うと思う。

飲み行った店のお姉さんにかねさか、はるたか、たいちがオススメの鮨屋だって教えてもらった。

「空腹は最上のソースである」って絶対ほんとだよな。

市販のゴマドレに炒りゴマを摺ってまぜたら前代未聞のスゴドレになる。 どこに出してもはずかしくないもんだね。

いちんち断食したあとに吟醸酒をカーッとあおったら効くけど旨えだろうなあ。

焼酎の牛乳割。 漁師のお爺さんに教わった飲み方で、まったりとした口当たりに人によっては常習性をもたらす風味ではなかろうかと。 尤も基本酒は割らない自分にとってはちょっと。 見た目はめっぽう子供達をソソる模様。 pic.twitter.com/z1BimrOa

せっかくだもの、もっとちゃんぽん屋さんが増えてもよかとじゃなかろうか長崎。

お茶っぱを切らして一日口にしなかったら禁酒並に辛かった。 濃いめに出して8杯飲んじゃった。

やっぱモツは新鮮なのに限る。 真空冷凍もん買ったら脂ダラダラだあ。 でもこの脂をのけといてサトイモ煮っころがしたら旨かろうなあ明日実行。

から揚げが上手くいかない時は、油の温度に気をつけるとよい。 しっかり180℃を守れば、どんな風に味つけたって旨いのができる。 その恩恵は、冷めてからも続く。

平戸「もりとうてい」のチャンポンにはチーズが乗ってるそうな。

養殖魚には甘口の醤油が合う模様。

二年ぶりに行った感想としては、外観内装盛付分量がやや変わったという感じ。 もう大盛りの「脂多め味濃いめ」は完食できない齢になった、ね。 pic.twitter.com/zKx2LVqUeo

実はピェンローって黒胡椒と醤油で喰っても旨い。

豚肉と白菜の野菜炒めを大皿にこしらえたら、白菜ばかりが残っている。 「肉ばっか喰ったの誰?!」と聞けば「ていうかそもそも白菜が多すぎ」と一斉に返事された。 でも旨いだろうが白菜。

ブロッコリーのゴマドレあえを出せば「これ昨日のしゃぶしゃぶのタレでしょ?」と言われ、中華丼を作れば「これ昨日のチャンポンの具でしょ?」と、娘にことごとく手の内を暴かれてしまう今日この頃。

豚の大腿骨がゲンコツばらば、鶏のを何て呼ぼう。

「魚というものは、人が捕ることによって旨くなるものだ」木下謙次郎

もしも「血合いの罐詰」なんて市販されていたら、買うんだけどなあ。

サバの味噌煮つっついてると、この世で一番旨い魚は鯖だと断言したくなってくる。

シメ鯖つまんでいると、この世で一番旨い魚は鯖だと断言したくなってくる。

牡蠣切れおこしてきた・・・あー食いてえ。

シメサバつまむと歯にキーンとくるという人と会ったけど本当かなあ。

白菜高いなあ、娘の好物ピェンローが遠のく・・・。

リョーユーパンのヤキリンゴって菓子を10年ぶりぐらいに食った。 懐かしくって胸がつかえた。

年末「氷見の寒鰤」を喰ってみたいなと思いつき、聞いてみたところ、キロ一万じゃまったくムリだと返事がきた。 一体・・・幾らなんだろう。 超高かったりして。 ドクドキしている。

ゲンコツ煮出してる湯面をながめているだけで肴になる。 年の瀬を感じる一瞬で、かなり好きな時間。

茹でそこなった卵の薄皮とイカ刺時の薄皮のウザさは異常。

醤油が生まれたことは奇跡だと思う。 マヨネーズを編み出した文化は偉大だと思う。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

循環式酒燗器 2019年9月23日 new!!

JR車内アナウンス事変

私の知る限り、これ以上に聞きづ

続きを読む

2019年9月7日 new!!

花のある人

また好きな人が居なくなってしま

続きを読む

2019年8月31日 new!!

月例報告1908

暑さが懐かしい。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ