メニュー

2005/11/16

【長崎】桃太呂のぶたまん【夜の手土産】

桃太呂のぶたまん

フト気づけば父ちゃんの姿の見えん。 母ちゃんに聞くと「まーた飲みに行った」ていう。 少年やった私は、父が飲みに出かけたて聞けば、なんかうれしくて、寝るとのいつもより一時間遅くなりよったとよ。

なんでそげな興奮したとか?

それは、おみやげのあるけんさね!

長崎ぶたまん桃太呂

朝起きて炊飯器の蓋を開くと、ご飯の上に包みが乗っている。 その中には「ホカホカのふたまん」が入っているのはもう知っている。 たまらずつかみ上げてかぶりつく。 もはや何個でも食べることができるおいしさ。

このぶたまんは、長崎銅座が本店の桃太呂という店のもの。 長崎人なら誰でも一度は食べたことのあるおみやげの定番品である。

ひとつの大きさは大福ぐらい。 アンはひき肉ではなく、肉々しい薄切りの豚が使われている。 この1個60円の口福に対して「高い」という人もいるが、「10個で600円」と言えばなんとなく納得してもらえる価格帯(昔はもうチョイ安かった)だと思う。

食べる側から提げる側へ

今では我が子へのおみやげとして提げて帰る立場に。 不思議と、どんなにガブ飲みしてヘロヘロになっていても、タクシーに乗った事も、最後はどの店で飲んだのかも、ジッポーはどこに置き忘れたのかも覚えていないが、手にはきっちり桃太呂のぶたまんを提げているのだった。

飲んだらおみやげに桃太呂を買うという行動が体に染みついているのだ。

朝、玄関先で目が覚める…頭痛が…右手には桃太呂の包み。 無造作に開いて口の中にほうり込む。 冷えていて本来の良さがない。 妻は「ご飯に臭いが移る」との理由で炊飯器で温めておく事を嫌がる。 いっぺんに15個頬張るにも関わらず、だ。

http://www.butaman.co.jp/

もひとつ有名な長崎みやげに「雲龍亭の一口ギョーザ」ってのもあるとばってん。

新米における新米

2005/11/15

米に関する環境もこん時と今では大分変ってしもうた。・・・

続きを読む>>


逆さにおけるケチャップ

2005/11/14

11/13日の朝日新聞より 米ハインツ社より逆さにおけるケチャップの発売されたとばい。 ケチャップに・・・

続きを読む>>


居酒屋にて

2005/11/13

子供のできてから行く店の減ったと。 座敷のあるところじゃなければツライとばい。 極力他人様に迷惑のか・・・

続きを読む>>


【超豪華】病院食【精進食か】

2005/11/12

そん病院はもう無かもんね。・・・

続きを読む>>


ビタミン入りなの?離乳食

2005/11/11

ていうかもう中学生になっちゃって母親より身長高かもんね。・・・

続きを読む>>


虫歯決死戦

2005/11/09

あれわざと抜いとるね。・・・

続きを読む>>


色の見え方

2005/11/08

日本列島は縦に長い。 太陽光線のいたずらで、北と南では色が違って見える。 18歳まで住んでいた場所で・・・

続きを読む>>


国が違えば表現も違う

2005/11/08

「はい」「いいえ」はっきり言える○○の子 なんていう標語が昔ちらほら掲げられていたものだが、「はい」・・・

続きを読む>>



ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

メモ

人気記事

月別アーカイブ

カテゴリー
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ