メニュー

2008/11/28 酒肴

腐乳を求めて長崎中華街へ

ウズラのピータン

腐乳ほど重宝するものはない。

そのままつまめば酒の肴になる。 草野心平さんは名著「酒味酒菜」でこう書いている。

日本酒に合うものとして腐乳がある。 これは豆腐が材料だけれども、いわば中国産のカマンベールみたいなもので、洋酒にも合う。

と。 さらに調味料としてなくてはならない存在だ。 麻婆豆腐にも、ギョウザにも、つけ麺を作る際にも、とにかく中華系の調理をする際に隠し味として腐乳本体、もしくは腐乳の漬かっている汁を用いれば、たちまちコクのある複雑な風味に仕上がる。

愛用している腐乳は長崎新地中華街のおみやげ屋で購入したものだ。 一瓶300円弱で、たしか台湾製だったと思う。 その一瓶を、もうかれこれ一年近く使い続けている。 そうガバガバ使うものでもないし、300円で一年間も楽しめるのだ。 腐乳ってすばらしい。

もうじき使い切ってしまうから、わざわざ腐乳を買うためだけに中華街に向かう。 だって近所に売ってないんだもの。

新地中華街は修学旅行生で一杯だ。 あちこちで肉マンや角煮まんじゅうが売られている。 「おいしかよー食べてみらんねー」 と売り子さんに声をかけられる。 カミさんとふたり、おみやげ屋に出たり入ったりして観光客気分を味わう。

腐乳はすんなり見つかった。 とりあえず3瓶購入し、ほかに何かめぼしい物はないかなと・・・。 ピータン。

ピータンが山積されている。 これも3つばかり買っとくか、あれ? 小さいピータンがあるぞ、何々、うずらのピータン、へえ。

うずらのピータンが10個ぐらい入って500円で売られていた。 面白いので買ってみた。

外見、中身、味、全て普通のピータンと変わりなかった。

2008/11/26 物欲

息子の誕生会

息子は6歳の誕生日を迎えた。

誕生日プレゼントのリクエストは11月に入ってからすぐに受け付けていて、第三希望まで挙げることができるようになっている。

息子によると1.孫悟空 2.キラキラ光る剣 3.ウイー(Wii)ということだった。

了解。 早速アマゾンへ。

ドラゴンボールとか孫悟空とかで検索していると、メディコムトイのリアルアクションヒーロズ、孫悟空が見つかった。

RAH(リアルアクションヒーロズ)のことは前から気になっていて、INDIANA JONESを買うか買うまいか、思案したあげく買わなかったほどであるが、今回の孫悟空は、アマゾンでは安かった。

定価15,540円のところを、なんと9,000円。 これしかないでしょう。

プレゼントは決まったとして、パーティー料理は何にしようか。 これも息子に聞いてみる。 「なにが食いたい?」

ギョーザちゃんぽんチャーハン!」即答決定。

食事をした後、ハッピバースデーを歌いつつケーキの上のロウソクを6本吹き消し、その後プレゼントを渡すという流れで会は進行する予定だ。

おそらくロウソクの件でひと悶着あることは予想できる。 息子のあとは娘がロウソクを吹きたいというだろう。 するとまたハッピバースデーを歌い、ろうそくを2本減らして吹きけしてもらわねばなるまい。 すると今度はさっきから「オレ一番にやらせろ」と息巻いている次男も吹くことになるだろう。

計3回ハッピバースデーを歌い、ロウソクを吹き消し、拍手することになるだろう。 これまでの経験上、まず間違いない。

プレゼントを渡す際も注意が必要だ。 誕生日当人に渡すだけでは済むまい。 娘、次男にもちょっとしたプレゼントを用意しておかなければならないハズ。 うーんそうだな・・・。 娘には・・・最近色気づいてきているから櫛をプレゼントしよう。 次男には・・・・・・この前拾ってきたマツボックリの詰め合わせをラッピングしてあげよう。

RAHの孫悟空をそのままラッピングしてあげるだけではつまらないと言い出したのはカミさんだ。 なにかサプライズが欲しいと。

しばらく考えたカミさんは「おとうさんスイッチ」を思いついた。

おとうさんスイッチとはNHK教育テレビで放送しているピタゴラスイッチの1コーナーであり、適当な箱に五十音どこかの行5文字が書かれた手作りのお父さんスイッチを子供が押し、おとうさんがその文字からはじまる動作をするというコーナーである。

孫悟空を無印で購入した茶色い紙で包装し、5文字は今回あえて「あかさたな」でいくことにしたとカミさん。 「勝手に決めんな」といいつつも、まんざらではない。 一度やってみたかったのだ。

おとうさんスイッチが終わったあと「スイッチを開けてごらん」と促し、中から孫悟空、ウッヒョー(息子は感極まったらこう吼える)となる予定。

娘の櫛も同じようにラッピングし、おとうさんスイッチにしておかねばトラブルのもとになる。 こっちは「かきくけこ」だ。 ストローをアンテナに見立ててカミさんはせっせとスイッチをこしらえた。

誕生会は和やかに進行し、ろうそく吹きでちょっとゴタゴタし、ケーキを食べて、いよいよおとうさんスイッチへ。

「今日は誕生日なのでおとうさんスイッチを作りました、イエー」とカミさんが盛り上げる。 子供たちも盛り上がる。

ひと息ついて、魯山人味道を読みながら自家製酒盗で日本酒をやっていた所、電波がとどいた。

「おとうさんスイッチ、あ!」

え、あー、「あ」かよ・・・。 出てこん。 テレビで見てるとなんだか簡単そうだがなかなか思いつかないものだ・・・。 あ、

「シャーなんだこのやろう123ダー!」アントニオイノキ、猪木!となんとかやってみせる。

娘にはけっこうウケて、息子は「アントニオ猪木」と落ち着いた声でナレーションをしてくれたことがツボにハマった。

「おとうさんスイッチ、か!」

か・・・・・・。 突如ほっぺたをふくらませ、リールを巻き、デカイ魚を釣り上げたジャスチャーをとりながら「魚釣りをしている開高健!」とオイは説明をした。

「だれやそれ!」と娘。 息子はナレーションをする。

残る「さ、た、な、か、き、く、け、こ」もなんとか頑張った。 変な風に酔いが回った。

12月は娘の誕生日がある。 この際は「おかあさんスイッチ」と「むすこスイッチ」をオイが作ろうではないか。 ナレーションも受け持つ。

娘に何が欲しいか聞くと、たぶん化粧水とか犬とか絵の具セットとか言うだろう。 食べたいものはたぶんきっとイクラ、からすみ、フランスパンと答えるに違いない、いや違いない。

(more…)

2008/11/24 飯物

長崎仕様の寿司

東北から長崎に移住している女性と会話していたときのこと。

この前、テレビで皿うどんの特集をやってて、長崎市内のアーケード街でリポーターが黒い液体の入った瓶を道行く通行人に差し出すと、長崎の人はみんな「皿うどんのソース」と答えるんです。 長崎で皿うどんの出前をとると、ソースはあの瓶に入ってくるんですってね。

といわれた。 まさにその通りである。 皿うどんの出前をとると、ウスターソースが付属しており、そのソースは必ずといってよいほど栄養ドリンクの空き瓶に入れられている。 長崎人ならば誰もが知る事であるといっても過言ではない。 しかし、他県の方からすると、かなり不思議だという話。

ウチの田舎へ行くと、来客の際には必ず皿うどんと寿司の出前をとる。 長崎人と話すと「ああ、うちもそうだった」という声を度々聞く。

先日田舎の法事に呼ばれた。 お経の後、皆で食事をしたが、ここにもやはり、寿司と皿うどんはあった。 ソースはもちろん、栄養ドリンクの空き瓶に入れられていた。

酒飲みばかりで場はかなり盛り上がっていて、ひとりのおじさんが息巻いている。

「長崎じゃ、お通夜の時に刺身の出るけんね、ちょっとビックリするけんね、考えられん」

ん? 刺身ダメなの?

とつい尋ねてしまったが、この近辺では通夜の際、生ものは食べないそうだ。 ちなみにこの近辺も長崎県である。 長崎の田舎に行くと、長崎市内に住む人を「長崎の人」という。 「長崎市内に住んでいる人」という意味らしい。

この田舎に、おいしくて安い寿司屋があり、結構繁盛している。 腹いっぱい食べたあと、かぶりをお願いした。

「かぶりで並握り5人前ください」

大将に、どこまで持ち帰るのか、時間はどのくらいかかるのかを尋ねられ、答えた。

「あー、長崎に持って帰るとね、あいあいわかりやした。」

家についてかぶりを開けてみると、上等の握り寿司がでてきた。 この店の普段の寿司よりもちょっと頑張って作っている様子がうかがえる。 使われているネタはどれも新鮮そのもので、食べずとも「オレ美味しいから」と訴えかけてくる。 たぶん、長崎持ち帰り専用に頑張って作ってくれたのかもしれない。 近所の住人だけではなく、長崎市内の人間にも喜ばれたいという心だったのかもしれない。

おととい最悪の寿司を食べた。

カミさんの実家ではいつもその某寿司屋から出前をとる。 寿司の出前をとるならば絶対にここと決めているらしい。

でも、その寿司を食べた人の評判はいつも悪いそうだ。 寿司がデカ過ぎておにぎりみたいだとか、ネタがどれも、いつも古いとか。

だったらどうして他の寿司屋から出前をとらないのかとつい問い詰めたくもなるが、カミさんのかーちゃんがそうしたいのだからしょうがない。 なにか理由があるのだろう。

その場で寿司を食べた全員が(いや子供以外を除いて)マズいと言った。

ウワサ通り、おにぎりのような寿司であり、ネタが古く、マグロは黒づみ水気でシャリがベチャベチャ、ヒラスはまるで乱切りであるように分厚く巨大で一口で噛み切れず、シャリは冷や飯でこしらえたように所々カチカチボロボロであり、その握り方といったらまるで素人のおにぎりのようであった。 ガリの表面はうっすら干からびていたのでたぶん使い回しかなにかだろう。

子供たち用のサラダ巻きは大胆に、豪快に、もはや巻物とは呼べないほどレタスがはみ出しているというか、飛び出してしまっており、寿司桶の中でもひときわ目立っていた。 子供が作ったのではなかろうか。 ウワサ通りの驚くべき寿司だった。

それでもこの近所では相当古い寿司屋だそうで、逆の意味で有名らしい。

2008/11/22 物欲衣類

ラグビーシャツのバーバリアン(BARBARIAN)

barbarian

10年ばかり着用してついに朽ち果てた。 あの頑丈な脇下がほつれてきて、長袖はすでに短くカットオフしていた。 ゴム製のボタンはひとつ飛び、すっかり色あせてしまった。 ついに別れの時がやってきた。 タグだけ切り取って、雑巾にして、捨てた。 別にラグビーをやっていたわけではないが、とにかくすばらしいラグビーシャツだ。

BARBARIAN

  • ブリティッシュコロンビア州で1981年に創業
  • 北米最大のラグビーシャツメーカー
  • 公式サイトhttp://www.barbarian.com


4人目の子供

4人目の子供ができた。

女の子の予感がするとカミさんは言う。 その根拠としては、まずうどんを食べたくなること。 次に、油モノがダメになったことを挙げる。

一人目、男の子の時は油モノは全然大丈夫であり、かんしゃく魂ラーメンのチャーシュー麺を替え玉しつつ全力ですすり、おまけにおにぎりにもかぶりついていた。(妊娠するとすごく腹が減るそうだ)

二人目、女の子の時は揚げ物その他油系は一切ダメでつわりがひどく、あんまり苦しいもので産婦人科の先生に一体どうやって一日を過ごせばいいのか相談したほどである。 カツオダシのよく効いたうどんを夜中黙々と食べる姿が思い出される。

いずれもこれまでの経験に基づいたことである。

三番目の息子は妊娠をいち早く察知したらしく、いわゆるひとつの「シケ」状態となり、ワガママがひどくなった。 母親を独占できなくなったことに腹を立てているのだ。 町内一のオテンバといわれる娘にあれこれ命令したり、髪をひっぱったりできる唯一の人物は彼だ。 今度よりいっそう荒れてくると考えられる。

前回妊娠した際つわりがオイにも移ったけれど、今回はなんともない。


日清のつけ麺

日清 つけ麺

日清のつけ麺がうまい。

醤油、味噌風味、どちらもイケる。 まずタレがよい。 醤油味はカツオの風味がとてもよく効いていて、おまけにスープ割り用の粉末スープも添付されている。 いたれりつくせり。

味噌風味は油分が多く濃厚で甘味があり、よくもインスタントでここまでスープの味を作れたものだと賞賛したい。

どちらの麺も極太で、指定の5分間茹でてもまだしっかりとコシがある。 一袋2人前の麺はたちまちススリきってしまう。 自作チャーシューとかその他トッピングを乗っけてみたりしたくなるが、あえてそのまま食べたい。 晩酌後のシメとして大いに活躍している。

公式サイトを見てみると、担々ごまだれ味もあるようだ。 有名ラーメン店主3人(多賀野、六厘舎、TETSU)のお勧め商品とある。

カミさんがスーパーで3割引の醤油味を買ってきたことがハマったキッカケになった。 今晩また食うかもしれない。

日清 つけ麺の達人 製品紹介ページ

ぷちぐる つけ麺

 

2008/11/20 雑記

ネズミはグルメ

この前テレビでレミーのおいしいレストランが放映されていて、たまたま息子と見ているうちに、いつの間にか見入ってしまった。

料理の才能を持つネズミのレミーと、料理の苦手な見習いシェフを中心におくるドタバタ感動劇で面白いのなんの。

実際ネズミはグルメといわれている。 

ねずみはビールが好きらしい。 ネズミに水とビールを一緒に差し出すと、ビールを選ぶ。 最初は両方飲みくらべているが、二日目になると、まっすぐビールのほうに向かうようになる。 「単にアルコールが好きなのでは?」と、ビールとアルコールを一緒に差し出すと、やっぱりビールに向かうそうだ。

そのうえ好みの銘柄もあり、色んな銘柄のビールを飲み比べさせると、ある一定のメーカーに集中する。 ドライよりも100%モルト、すなわち麦汁とホップだけで造ったビールを好む。

さらにカツオだしやラーメン、濃厚なスープやジューシーなソーセージ、チーズもネズミの好物だとか。 ネズミは人間の感じる旨みやコクがわかるのだ。(伏木享 コクと旨味の秘密より)

そういえば近頃まったくネズミを見かけない。 田舎へ行くと天井裏を走り回っている音がしたものだが最近は聞かない。

2008/11/19 雑記

水道代がおかしい話

28,534円。

先月の水道代だ。 いつもの月の2倍近い金額になる。 我が家では数ヶ月に一度の割合で水道代が倍増する。 この現象は昨年末からはじまっているものであり、原因は謎だ。

水道の検針にくるおばちゃんにも「これはちょっとおかしいですね。 一度水漏れの検査をしてみたほうがいいですよ」と心配され、そうするも水道管に異常はなかった。

夏場は毎日のようにベランダにゴムプールを設置し、水遊びをするが、それでも水道代はいつもよりも少し多くなるぐらいだ。 倍増することはない。 うーん、どうしてだろう。

ひとつ気になることがある。 娘はアライグマという別称があるほどよく手洗いをするが、水道をそのまま出しっぱなしにしていることがたまにある。 もしかすると、彼女が原因なのかもしれない。 それから我が家では水道の蛇口が完全にしまっているかを厳重に監視することにした。

にもかかわらず、水道代がたまにはねあがるのは、一体どうしたものなのか。 検針のおばちゃんは、まるで我が家の事のように心配してくれて「もう一度検査してもらったほうがよかよ絶対!おばちゃんが連絡してやるけんね!」と手続きをしてくれた。

検査の結果、水漏れ箇所が見つかった。 原因は、お湯の通る水道管に亀裂が入ってどうのこうの……という事だった。 予期せぬ所で我が家の水は消費されていたのだ…。

即補修工事をした。 これまでに支払った無駄な水道料金に関しては、なにやら市役所に減額請求をすればよいそうで、とりあえず一安心。

2008/11/18 物欲

アドベントカレンダー

アドベントカレンダー

アドベントカレンダーの存在は、ヨースタイン・ゴルデルのアドヴェント・カレンダーを読んで知った。

娘にクリスマスプレゼント何が欲しい?と聞いたら「バレンダー」というようになったのは去年からになる。 保育園にアドベントカレンダーが飾られてあり、そのしくみや、かわいらしさのとりこになったのだ。 アドベントカレンダーのことをどうして娘がバレンダーと呼ぶようになったのかは謎だ。

アドベントカレンダーとは何か。 それはアドベントの期間中に窓を毎朝ひとつずつ開けていくカレンダーであり、アドベント(待降節)とは、クリスマス前の4回の日曜日を含む期間のことだ。

アドベントカレンダーはどこを探しても見つからなかった。 来年のカレンダーが多数取り揃えてある文具店で尋ねてみても「は? アドベント?」と、店員はまずその存在も知らない様子であり、そんなもの置いているわけなかろうもんという傲慢さが見え隠れする態度で「ありませんね」といわれた。

無印良品に息子の手袋を買いにいった際たまたま見つけたのがこのアドベントカレンダー。 引き出しの中には無印良品のお菓子が入っていて、引き出しをひっくり返して戻すことにより、次第にクリスマスツリーの絵柄が浮かぶように作られている。

ウチには3人子供がいるから、おそらく各日のお菓子は奪い合いになると考えられる。 だからといってアドベントカレンダーを3つ用意してしまうのも興ざめするし、こうなったらひとつの引き出しに3つのお菓子を入れておくしか方法は、ない。

お菓子にそえて、サンタさんからのメッセージを入れておけばより一層喜ぶかもしれない。

(more…)

2008/11/08 なるほど

メキシコでは

日本において、衆議院選挙などでは、印刷された候補者名、政党名に○をつけて投票することになっている。

それがメキシコでは、支持政党に大きく×印をつけるようになっているそうな。 投票用紙ばかりではなく、町じゅうに張られた選挙用ポスターのマークにも、大きく×印がついているらしい。

-読むクスリ 24より-

マーク中

ぷちぐる本

最近の記事

2020年9月12日 new!!

Pint 収録記:その3

ダブルウォールグラス

続きを読む

2020年8月31日 new!!

月例報告2008

今年もあと四か月。 

続きを読む

2020年8月22日 new!!

【解決】American Megatrends【再び】

PCとの付き合いが長

続きを読む

2020年8月1日

アナグマとの遭遇

アナグマの生態につい

続きを読む

2020年8月1日

熊出没!?

この後しばらくして今

続きを読む

人気記事

月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
おいしい写真撮ります
キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ