メニュー

美味かもん雑記帳 > > 汁物 > 高野耀子のビーフシチュー
2014/06/18 汁物

高野耀子のビーフシチュー

伊丹十三の『小説より奇なり』に、ピアニスト高野耀子のビーフシチュー作成法があった。 まだ試してはいないところ、次の通り仕込む。

タマネギをみじん切りし、ニンジン、セロリと40分炒める。 そこへ白ワインを入れてジャーッとやる。

続いて牛肉を加えるが、これは仔牛のものがよい。 焦げ目がつくほど炒めてから今度は皮をむいたトマトも入れる。 香草を入れて二時間煮、食べる一時間前さいの目切のジャガイモを入れる。

味付けは塩。 ワインの酸味が残る場合は砂糖も。 これにて赤味のあるサラリとした、ビーフシチューに。

ビーフシチュー

今回上記レシピを再現すべく動画を撮影した。 作る際のポイントはルーもブイヨンも不要、という所であるが味はまさに、野菜の旨味にあふれる素晴らしいものだった。

もしも味が薄いようなら醤油やウスターソースを数滴たらすと良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2021年11月30日 new!!

月例報告2111

残すところ今年もあとひと月。 

続きを読む

2021年11月14日 new!!

Pint 収録記:その9

料理コーナー新社屋一本目に携わ

続きを読む

2021年10月31日

月例報告2110

このまま落ち着いてくれたら良い

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ