メニュー

美味かもん雑記帳 > > 酒肴 > 高橋由一の「鮭」風「鯵」
2011/10/24 酒肴

高橋由一の「鮭」風「鯵」

鯵の寒風干しを高橋由一「鮭」風に

だいぶ涼しくなってきたので、このところ寒風干しを量産している。 立派な鮭一匹へ丹念に塩をすりこんで干し、熟成させたものを作ってみたいのだが、肝心な鮭が手に入らないので、もっぱら鯵でこしらえている。

軒先に干からびた鯵がズラリと吊るされた光景は、はたから見れば一種異様ものだろうが、こちらはいたって真剣に、旨さを楽しみたいがためだけにコツコツ作業をしているのだ。

出来具合を確かめるために一本とりこみ、炙ってつまんでみる…いい塩梅。

魚を吊るす方法は色々考えられるが、私は高橋由一の鮭にちなんでいる。

画をまねて、身の一部分を切り取り、少し離れて眺めてみた。 じっと見つめていると、この鯵もなんだか油絵のように見えてくる時がある。 鯵だと小さくて迫力がないが、鰹で作ると絵になるだろうなあ。 いや、いつかは10キロオーバーの寒ブリで寒風干しをこしらえてみたい。

残念ながら画は描けないから、写真で残すほかはない。

“高橋由一の「鮭」風「鯵」” への2件のフィードバック

  1. ミジンコ より:

    うわぁ、ほんとに高橋由一の鮭ですね!
    今年は私も干物、寒干し豚バラなど作ろうと思ってます。

  2. オイ より:

    「寒干し豚バラ」旨そうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2022年5月8日 new!!

Pint 収録記:その12

次回は5月20日に出演します、

続きを読む

2022年5月1日 new!!

月例報告2204

東京の飲食店はまだそう混んでい

続きを読む

2022年4月28日 new!!

Pint 収録記:その11

次回は4月28日に出演しますの

続きを読む

有次のアジ切り(小出刃) 2022年4月17日

京都有次のアジ切りゲット

京都有次のアジ切りを入手した記

続きを読む

2022年3月31日

月例報告2203

平和な世はなかなかやってこない

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ