メニュー

美味かもん雑記帳 > > > 横浜 ラーメン 事変
2017/03/05

横浜 ラーメン 事変

ラーメン事情

家系

毎年二月に横浜で用事があり、つい吉村家の、のれんをくぐること早10年。 ところがこないだ、まだ早い時間だというのに呑んだ後向かえば閉まっており。 オカシイなと検索すれば、閉店時間が22:00へと変更されたらしい。 夜中も行列ができていたのに、一体どういった経営転換なのだろう吉村さん。

10時だなんて、まだ酔って盛り上がっている最中でないか。 とてもシメどころではない。

仕方がないから『横浜 ラーメン』で検索してみると、近隣には新進気鋭のお店がごまんと存在している事がわかった。 人口多いし、チョット美味しい所は行列必至だとの事。

そこでせっかくなので、家系とは正反対のアッサリ系人気店だと呼び声高いお店へ行ってみた。 23:00だというのに行列である。 年齢層は20代がほとんど。 予想以上に列は捌け、ものの10分で入店できた。 食券を買い、ラーメンを待つ。

出てきたラーメンは個性的な丼に入っている所を除けば、特に目を引く外見でもない麺だった。 薫りも薄い。 麺は打ちたてのモチムチである。

スープをススれば、魚介系の味、ではなく風味はするが、肝心な骨から染み出るスープのコクがまったくない。 言うなれば、化学調味料のお湯に油をたらして塩を振り、鰹節の粉末をしこたま溶かしこんだような味。 これを旨いとはおせじにも言えない四十男の私だけど、現代ヤングにはこのテの味が受けるのかしら。

さながらコズミックな麺であった。

ラーメン博物館

※そういえばこれと似た味、十数年前に新横浜のラー博で食べた気がする(追記)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

14dai 2019年3月17日 new!!

これってあの映画まんまじゃん

これからもどんな出会いがあるの

続きを読む

コンニャクの消費低迷 2019年3月14日 new!!

芋煮の製法を教わった夜

居酒屋のメニューでも芋煮は見た

続きを読む

DB 2019年2月28日 new!!

月例報告1902

成功日記もつけるようになったそ

続きを読む

神力膏 2019年2月25日 new!!

もっちゃん

たしか当時の夢は船長、って言っ

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ