メニュー

美味かもん雑記帳 > > 酒肴 > タタミイワシ
2011/04/26 酒肴

タタミイワシ

タタミイワシは、イワシの稚魚を生のまま薄く板状に並べて干したもの。 東海地方の特産品である。 聞くところによれば、この製法を思いついたのは海苔職人だという。 シーズンオフでヒマな時、イワシの稚魚を海苔を作る時のように扱ったところ、タタミイワシができたらしい。

長崎人には珍しい食品だ。 好きなサイズに切り分けて、軽く炙ってからつまむと、クシュリと砕けてスルメのようなソソル香りがし、口中へ消えてゆく。 あまりにもつまみやすいので、たたみ二畳分ぐらいは、わけなくつまめそうな気がしてくる。 これと旨い日本酒があれば、あとはもうどうだってよくなってくる。

チリメンジャコを、ただひたすらつまめ、といわれてもちょっと無理な気がするが、板状になったとたんにそれができてしまう不思議。 食材を板状とか、団子状とかにするとなぜかメデタイ存在になってしまうんだよなあ。

できることなら焼き海苔のように、保存容器一杯に常備しておきたいところ。

タタミイワシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

2019年8月10日 new!!

沈黙こそ最大のSEOである

こうしてエントリに残しておけば

続きを読む

2019年8月3日 new!!

【フィッシングメール】[LINE緊急問題]【ニセメール】

いい加減どうにかならんものか。

続きを読む

2019年7月31日 new!!

月例報告1907

老眼と肩こりに関係性があるのか

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ