メニュー

美味かもん雑記帳 > 物欲 > 品々 > エリートかけ算マスター
2010/05/11 品々

エリートかけ算マスター

kk.jpg

長男と二人、ひさしぶりにトイザらスに行ってみた。

ほんとに久しぶり…店内がガランとしている…なーんか、さみしい。 目当てのDSソフトを入手してレジへ向かう。

途中、くもんのNEW日本地図パズルが売られているのをハッケン。 「おーあったか、これはいい品物だぞ」

しばらくその周囲を物色していると、なんだ知育玩具のコーナーだった。

時計の読み方を練習するオモチャの横に、かけ算マスターはあった。 レトロな黄色い箱に思わず目が止まる。

その名の通り、掛け算を覚えるためのオモチャ。 息子に掛け算を習い始めているのかを聞いてみると「若干」ということだった。 安いし、試しに買ってみるか。

パッケージと同じ黄色い本体。 1から9の段までボタンが配列されており、たとえば2×3(にさんが)と書かれたボタンを押すと、メキッとボタンが起きて、側面に答えの数が表示されるようになっている。 なるほど楽しみながら覚えれるかも。

ボタンを押す感触が「無限プチプチ」のような常習性を秘めている感が無きにしも非ず。 長女は違う遊び方をする。 計81個のボタンで、絵を描くのだ。 「こんだけ飛び出させるとホラ、木!」みたいな。

それはそれでよいと思う。

このオモチャの欠点としては、寝転んだ状態では使用できないということ。 仰向けになり手に取ると、押す押さないに関わらず、全てのボタンがダラーンと出て下がる。 あとはそうだな、真上から見ると答えが見れない。

そしてこれ、スーパーかけ算マスター。 スーパーだ。 何が違うのかというと、11×11から19×19までのかけ算を覚えるためのオモチャなのだ! インドでは子どもに2ケタの暗算をさせるのは常識。 こっちを自分用に買った。

息子と、オイ、どっちが先に全部覚えることができるのかを競争中。 メーカーはニチガンオリジナル。 タイ製である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

2019年2月14日 new!!

あっぷる収録記:その18

会心のレシピは作務衣を着込んで

続きを読む

コンニャクの消費低迷 2019年2月12日 new!!

コンニャクとラーメンの報道ば見て

消費者のワガママば全部聞く必要

続きを読む

2019年2月7日 new!!

二度目の出会い

サンショウウオ賛。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ