メニュー

美味かもん雑記帳 > > 酒肴 > FARM SUZUKIの牡蠣
2014/12/30 酒肴

FARM SUZUKIの牡蠣

FARM SUZUKI 牡蠣

牡蠣を送ってくれたのは、広島の友人だった。

この夏ふたりで某所のオイスターバーを訪ねた折、連日満員なのにたまたま空きがあったので入ったところ、これがまためっぽう牡蠣は旨かったのだが、店の対応がデタラメで、すごい不愉快な思いをしながら逃げ帰った事があった。

「一押しの牡蠣なんで、ウチでマッタリつまんでね」とのメモ書き。

FARM SUZUKI 牡蠣箱

ファームスズキは、瀬戸内海の大崎上島にある、牡蠣を養殖している会社だ。 なんでも塩田の跡地で養殖しているそうで、それが味に影響するのだという。

箱には小ぶりの牡蠣と、大ぶりのものが同梱されていた。 小さなほうは生で、大きいのは焼いて食べるよう指示されているが、どちらも生で食べられるらしい。 となれば当然生でつまむに決まっている。

FARM SUZUKI 牡蠣付属品

牡蠣おこしに手袋、レモンまでが添えられていたのには驚いた。 こちらは酒だけ用意すればよいという幸福。 これほど晩酌が待ち遠しかった事は、かつてない。

いざ実食。 箱のままデンとテーブルに乗せ呼吸を落ち着かせてまずは小から参る。 牡蠣を開けさせたらオイの右に出る者なし、難なくパカリとフタを取り外す。 現れたのは、瑞々しい御牡蠣だったが手に持った瞬間予想した通り、かなり小ぶりな身をしている。

口へ流し込めば、やや鉄を舐めたような気配がし、その後甘味が舌に広く行き渡る。 そこへ酒をガブッと行けば、この世の全てに感謝したくなる程満足感に包まれる。

一点気になったのは、身が幾分塩辛い事だった。 そこで同封の説明書きに目を通せば、「むき身は海水を含んでおり塩辛いため、必ず水洗いせよ」との注意書きがあった。 この季節になれば毎年殻付の牡蠣をつまんでいるが、殻を開けて、水洗いした事など一度もなかったので意外だった。

洗うのも面倒だし、その塩味も風味のうちだと思えたから、そのままバンバンつまみまくった。 それにレモンをしぼれば、まったく気にならない。


続いて大の牡蠣を。 殻も肉厚で、身もプックリ厚みがありソソる。 即流し込めばもう、「クリーミーとはつまりこれを指す!」と断言したくなる濃度にマッタリ。 個人的には本来火を通す用である「大」のほうが好きだ。

以上を電話で友人に伝えたら「お返しは何を送ってくれんの?」と聞かれたので長崎の何かを送ろうと思うがヤバい、明日で本年終わりだ。

FARM SUZUKI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2017年12月11日 new!!

今日の雑感

サイバーなマンデイ アマゾンが

続きを読む

私の食物誌 池田弥三郎 2017年12月10日 new!!

私の食物誌 池田弥三郎

ミジンコさんありがとうございま

続きを読む

2017年12月9日 new!!

探検検索

ちなみに2009年はTwitt

続きを読む

2017年12月8日 new!!

いちまーい…にぃーまぁーい

もう預金しないんだから。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ