メニュー

2010/08/07 雑記

魔法の手

となりに座る品のよい、たぶん80すぎのおじいさんは、携えた大きな紙袋へおもむろに手を伸ばした。

取り出したのはマジックハンドだった。

マジックハンドといえば黒髪メガネの人物が思い浮かぶがまさかこんなに素敵な老人が持つなんてなんちゅうミスマッチ。 しかしどうしてまたマジックハンドなんて。

島地勝彦のエッセイに夢中だったのに、突如現れたマジックハンドが気になってしょうがない。 おじいさんが何をするのかじっと見ていたいが、そうもできないので本を読むふりをしながら横目で見守るしかない。

次に老人は足元に目を落とし、純白のニューバランス996を片方、マジックハンドを操り脱いだ。 そしてそのままマジックハンドでそれをつかみあげた。 なるほど!そのためのマジックハンドだったんだ。 で?

つかみあげた996を手に取り、ためつすがめつ、ヒモの結び目を気にしている様子。 しっかり丁寧に結びなおしてから996を転がすようにおろし、マジックハンドを靴べらがわりに履きなおした。 続いてもう片方も同じように履きなおした・・・。

マジックハンドの存在自体がおふざけだと思っていたが、こうして実用される方もいるのだということをまのあたりにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

私の食物誌 池田弥三郎 2017年12月10日 new!!

私の食物誌 池田弥三郎

ミジンコさんありがとうございま

続きを読む

2017年12月9日 new!!

探検検索

ちなみに2009年はTwitt

続きを読む

2017年12月8日 new!!

いちまーい…にぃーまぁーい

もう預金しないんだから。

続きを読む

名古屋コーチン 2017年12月7日 new!!

地鶏の王様:名古屋コーチン

余分な脂を丁寧に取り除いた朝〆

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ