メニュー

美味かもん雑記帳 > > > 【15年熟成】真の紹興酒はAmazonに有った【カラメル色素無添加】
2021/03/11 雑記

【15年熟成】真の紹興酒はAmazonに有った【カラメル色素無添加】

15年物カラメル無添加紹興酒

普段愛飲するのは日本酒と焼酎。

ワインもお店ではよく呑むが、ウチではたまに嗜む程度。 ウイスキーやブランデーは上質なものを時々。

そして本テーマの紹興酒は……年に一度、中部地方のいかにも昭和な佇まいの中華料理屋さんで、お燗したものをその時ばかりは徹頭徹尾、紹興酒を飲む事になっている。 単に酒がないのだそれしか。

しかしここで呑む紹興酒は素朴な料理と調和して殊の外旨い。 別に上等なものでなくどこでも手に入る瓶入りのものだが、店の雰囲気と頑固な親父も味のうちというか、この時ばかりは黙々ひたすら紹興酒を楽しむ。

あとは目にしても別段飲む気が起こらない酒、それが私にとっての紹興酒なのである。

カラメル色素の件

どうして紹興酒と向き合わないのか? それにはひとつだけ大きな理由がある。 率直に言おう、市販の紹興酒にはどれもカラメル色素が添加されているからである。

もう一度言おう、カラメルが入っているから飲みたくないのだ。 紹興酒の美しいこの琥珀色が、自然の色素でなくカラメルによって色づいていると考えてしまえば、とたんに飲む気迫が萎えてしまう。

そして紹興酒の後味。 普段良い酒ばかり飲んでいるせいか、舌に残る嫌な雑味はともするとカラメルのせいなのかも? とつい勘ぐってしまい、以上飲む気になれないのだった。

そんなある日、Amazonでの買い物中偶然目についたのが、今回の紹興酒である。

ページ冒頭の画像を見てもらえば分かる通り、いかにも本場然としたワイルドな甕入り紹興酒だ。 そして9リットル入りでなんと9900円。 随分安いではないか、というよりいささか安すぎではないか。

以前なじみの中国料理屋で、その店で飲ませている紹興酒の甕入り2リットルのものを2万弱で押し売りされそうになり断った事があったが、それと比較にならぬほど、安い。 どのような酒なのだろうか、安さの秘密は何だろうか?

つい商品説明を読みふける。

15年物の紹興酒であり15度、そして原料はもち米と、水。 もう一度言う原料はもち米と水。 つまりカラメルが入っていない紹興酒なのである

私がモニターの前で唇をプルプル震わせた事は言うまでもない。 ついに出会ってしまったのだ、ホンモノの紹興酒と。

本来の買い物はそっちのけで早速注文を済ませた。

送料は1100円なので計11000円の買い物となる。 9リットルの酒をこの値段でなかなか買えるものではない。 あとはどんなものが到着するか気長に待つだけだ。

王宝和酒造 15年物9L甕入り最高級紹興酒レビュー

15年物9L甕入り最高級紹興酒 王宝和酒造産 箱

注文からわずか三日ほどで到着したから驚いた。 Amazonの到着予定よりも随分早い。

「甕が丸ごとそのまま送られてきたりして」なんて思いもしたが、丁寧に段ボール箱で梱包されている。 しかし、何だろうほのかに紹興酒の匂いが箱の中から漂ってくる…。

もしや甕が割れてやしないかと急いで箱を開いたら、まったく無傷だった。 重々取り出してデンと目の前に置くと、どうやら石膏で封をしている甕の口から薫りが漏れ出ている様子。 15年もの熟成期間中、おのずと染み出てしまった薫りなのだろう。 実際かなり良い芳香だ。

甕の開き方

もちろん即味見してみるに越したことはない。 付属の説明書きを見ると、石膏で閉じてある甕の口をノミと金槌で叩いて壊せ、とある。

しかし、この甕はさほど丈夫にも見えず又、うっかり甕の口を壊してしまったら目も当てられないので石膏を慎重に削り落とす事にした。

試しに息子の彫刻刀を借りて削ってみると、見た目以上にもろい石膏である。 これなら勝機ありと、黙々掘り進んでいった。

王宝和酒造 15年物9L甕入り最高級紹興酒の開き方

それにしても分厚い石膏の蓋である。

15分ほど掘り進んだ所で、どうやら甕の口ギリギリ、という感じで石膏を固めている様子がないので甕の首から削っていく事にした。

王宝和酒造 15年物9L甕入り最高級紹興酒の開き方

もう10分ほど掘り進んだ所で、石膏はガバッとはずれて竹の皮が現れた。

王宝和酒造 15年物9L甕入り最高級紹興酒の開き方

竹皮はキッチリとビニールバンドで留められており、これをカッターで切り外す。

王宝和酒造 15年物9L甕入り最高級紹興酒の開き方

竹皮をはずしたらもう一枚竹皮があり、

王宝和酒造 15年物9L甕入り最高級紹興酒の開き方

それを外したら素焼きの陶器でできたフタがあった。

王宝和酒造 15年物9L甕入り最高級紹興酒の開き方

それをのけるとトレーシングペーパーのように薄い紙がかぶせられており、

王宝和酒造 15年物9L甕入り最高級紹興酒の開き方

その下にあったのは、何やら植物の葉だった。

王宝和酒造 15年物9L甕入り最高級紹興酒の開き方

そしてようやく、15年熟成の紹興酒は我が目の前に現れたのだった。

よく知る紹興酒の香りが立ち昇ったが、どこかそれより甘みのある感じがする。

すくい上げたら赤みがかった琥珀色のなじみある姿で、一口飲めばよく知っている風味がするが、後味に大きな違いがある。 雑味がなく丸みがあり薫りの余韻が豊かだ。

この買い物は、思った通り大成功だった。

9リットルもあるので、日々少しずつ楽しんでも数か月分はあるだろう。 毎日の晩酌がこれでまた楽しくなった。

何日か味わった所でフと疑問が沸いたので、購入先にメールで問い合わせてみる事にした。

王宝和酒造 15年物9L甕入り最高級紹興酒に関する疑問

どうして甕の口を石膏で封してあるのか?

寝かせている最中空気と触れさせたらダメなので石膏で密封しているそうだ。 空気に触れると酸化して酸っぱくなるそうで。

甕の口にかぶせていた植物の葉は何か?

何という植物なのかは販売者も知らないらしいが伝統的な作法であるらしい。

紹興酒を15年ただ寝かせておけば美味しくなるのか?

工場の中には様々な年数の紹興酒が寝かせてあり、出荷前に工場長が15年と10年と5年等の紹興酒をブレントし、最終的に15年物の紹興酒として出荷するそうだ。

開封後の保存方法は?

出来ればペットボトルなどに入れて冷蔵庫で保存をし、ゆっくり飲むと良いらしい。

この紹興酒が気になってしまったそこのあなた! 思い切って買ってみてくださいソンしませんから。 「温めて飲むともっと旨いかも?」と思ってやってみたらその通り。 素晴らしい酒質!

紹興酒の琥珀色

“【15年熟成】真の紹興酒はAmazonに有った【カラメル色素無添加】” への3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    あああああ金曜か土曜にポチりそうで怖いです…(金土はポイントアップ)

    • オイ より:

      私も情報の乏しい中買うか買うまいか悩みましたが人柱になるつもりでポチしました、結果大正解! 毎晩飲んでいます。 とにかく後味が全然一般的なのと異なる上質さです。

      • やましの より:

        力強いコメントありがとうございます!
        さっそく、金曜にポチってみます。
        OKIPPA(宅配ケース)に収まるかしら…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2021年12月31日 new!!

月例報告2112

タモリさんは「今年の抱負は何で

続きを読む

2021年12月18日

うつわ日和:その2

思わず見とれてしまう器たちでし

続きを読む

2021年11月30日

月例報告2111

残すところ今年もあとひと月。 

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ