メニュー

2011/04/22 野菜

のびる

小学三年生に進級した長男は、担任が代わってしまい不服な様子。 今度の担任は男で、見るからに怖くて、なんだか緊張するという話。 個人的には怖いくらいがいいんじゃないかと思っているのだが。

その先生は野外学習が好きなようで、よく教室を飛び出しては学校周辺を探検してみたり、野山で好きなように遊ばせたりするそうだ。 先日、長男は新聞紙の束をかかえて帰ってきた。

手渡された束を開いてみると、中にはネギ?のような細長い草が横たわっていた。

のびる(野蒜)

オイ:「どうしたのこれ?」

息子:「のびる!先生がビールのつまみになるからお父さんのお土産にしろだって」

のびる(野蒜)。 子ネギのようでいて、根っこは小さなタマネギのように膨らんでいる。 はじめて見る姿だ。 土を落としてそのまま根っこにかじりついてみると、ラッキョウのような味がした。

塩湯で湯がいて流水で洗い、酢ぬたで食べてみるとこれがまたけっこうイケる。 ネギの代わりとしてイカと酢味噌和えにしてもよさそうだ。 まったく食感の違う、ぷっくりとした根がついているところがなんか得した気分。 摘んできた本人も「うんなかなかだね」とまんざらでもない様子。 辞書を引いてみると、すりつぶして打撲の薬にすることもできるらしい。

のびるの酢ぬた

翌日、息子はまたのびるをドッサリ摘んできた。 今度は刻んで豚バラと一緒に炒めて食べた。 これも旨い。 休日車で走っていると、息子が「ちょっとストップ!」と言う。 一体どうしたのかと思えば、道路脇の草むらに走ってゆき、ガサゴゾしたあと野蒜を持って帰ってきた。 それにしてもよく気づいたな、ていうか、野蒜っていたるところに生えているものなんだ。

もはやノビラーである。 この調子だと、熱が冷めるまではとことん野蒜を持ち帰ってくるだろう。 ノビルのおひたし、ノビル根のピクルスノビ油・・・・・・野蒜料理のレパートリーを増やすしかない。

前後の投稿


“のびる” への2件のフィードバック

  1. masaru より:

    息子さん ええ担任に会いましたね、お父さん 
    授業参観 学校行事 出席する楽しみができましたね!

  2. オイ より:

    はい、先日お会いしたところ、こだわりのあるとてもいい先生でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2022年5月23日 new!!

Pint 収録記:その13

次回は六月二十四日の予定です。

続きを読む

2022年5月8日 new!!

Pint 収録記:その12

次回は5月20日に出演します、

続きを読む

2022年5月1日 new!!

月例報告2204

東京の飲食店はまだそう混んでい

続きを読む

2022年4月28日 new!!

Pint 収録記:その11

次回は4月28日に出演しますの

続きを読む

有次のアジ切り(小出刃) 2022年4月17日

京都有次のアジ切りゲット

京都有次のアジ切りを入手した記

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ