メニュー

2015/05/19 雑記

鳥獣戯画

鳥獣戯画

通称「鳥獣戯画」で知られる「鳥獣人物戯画」は、全四巻からなる。  その第一巻が甲巻で、ウサギとカエルが相撲をとっている場面でよく知られている。

描かれたのは今から850年ほど昔の平安末期。

ウサギは耳先だけ黒い北国の野ウサギ。 カエルはまだら模様で背中の盛り上がる、トノサマガエル。 実に忠実に描写された両者が、くんづほぐれつ相撲をしている場面なのだ。

絵をよく見ればすぐにわかるが、カエルもウサギも決死の勝負をしているわけでなく、笑っている。 あくまで遊びの範ちゅうを出ない取組である。

墨一色、線と濃淡だけで描かれたこの画は「漫画の祖」とも「アニメの祖」とも呼ばれる国宝。

文字だけでなく、絵の力を用いて物語を語る手法は、十二世紀から現代へ脈々と続いてきた、日本文化の大きな特色のひとつなのだった。

栂尾山 高山寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2017年7月23日 new!!

痛ーっ

そういや春が来たのを喜んで自転

続きを読む

2017年7月20日 new!!

もうきたよ

異常気象はもう懲りた。 なんで

続きを読む

2017年7月19日 new!!

ぷちぐる12周年

13年目にむけてはりきってイク

続きを読む

2017年7月18日 new!!

レジ袋一枚だけください

エアーをワイフという所だろうか

続きを読む

2017年7月16日 new!!

ルルル伺い

ひと月に1足のスニーカーを履き

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ