メニュー

美味かもん雑記帳 > > なぞ、なぞ。
2010/08/27

なぞ、なぞ。

お盆の帰省中、大渋滞やった。

車の動かんごとなったら騒ぎ出すとがウチの子供らで、車中で飛び回るけんがたまったもんじゃなか。 ヘタすりゃ事故につながるわけで、ここはひとつ、動的ではなく、静的な遊び方ば提案せんばいかん。 こういうときは、ナゾナゾが一番効果的さねえ。

「はい、クーイズクイズ!」て言えば即、

「なーにがクイズ」と子供たちから返ってくる。

テーマば絞らんばいかんとがナゾナゾのルールであり、

オイ:「生き物クイズ」 子:「はいどーぞ」という流れになる。

子供たちはやたらテンションの高くなっとって、

「ながーい生き物」という第一ヒントには

「ハイハイ、ヘビヘビ」 「ハイ、ゾー」 「ハイ、ワニ」とか先走りの回答ばする。

「ブー、第二ヒント」 「その動物は、白くて空ば、飛ぶとばい」

「・・・・・・」

一同絶句したとさね。

長男は、一生懸命脳内データベースで「長白い空飛ぶ生物」ば検索している様子。 長女はいまだ「答えはヘビ」と思い込んでいる様子。 次男は兄姉の顔色をうかがいながら、便乗して正解を答えようとしている様子。

「答えは・・・一反もめんでした!」

というと、長男だけが「あぁー!」て声ばあげたとけど、そのあとすぐに「そいは生き物ていうか妖怪やっか!」ていう厳しかツッコミば繰り出したとさ。

そうかもしれんばってん、「素」なナゾナゾやったらすぐに答えられてしもうて、また次の問いば作らんばいかんし、いっとき考えてもらっとうたほうが、運転する身としては楽なわけさねえ。

かなり批判ば受けたけんが、今度は少しまともなナゾナゾば・・・。

「クーイズクイズ!」

「なーにがクイズ」

「身の回りのものクイズ」

「はいどーぞ」

「第一ヒント、色んな大きさの、あるとばい」

「はい、ワニ?」と答えたのは次男。 「ブー」

「次のヒントちょうだい!」て求めとは長女。

「第二ヒント、色んな色の、あるとばい」

て言うたら、長男が手をあげた。「ハイハイッ!虹?」

なるほど、その答えも良かよね!「でもブー、不正解」

「第三ヒント、ヒモがついています」

「はい、なわとび?」といぶかしげに長女。

なるほどたしかに!でも違うとさねえ。 長男はマジになり、鼻息あらく、腕組んで考え込んでいる。

「第四ヒント、でもこれ言うとわかっちゃうんだよなあ」「いいから早く!と長男」

「それは2個で、1組ばい(あー当てられちゃう)」

「たこやき!」と叫んだのは長男。

「たこやき?何故?」

「だってさあ、赤とか緑とかの入っとって、2個をいっぺんに刺して食べたりするよねえ!」と鼻息荒い。

「でもヒモはついていないけど」というと、くやしそうに「あー、あーもねー」と車の中で迷惑にも地団太を踏んだ。

「答えは・・・・・・また来週!自分で考えてください!」

と、じらしたときの子供たちの憤慨ぶりてきたら、「討論番組にでもでてみたらどがんね?」というほどの派手さであり、押されてしまう勢いがあった。 これでは答えざるを得ない。 答えは・・・・・・

「スニーカーでした!残念!」

しかし、「ヒモの無いスニーカーもあるやっか!」という長男のツッコミにより、 この問題の再検討を余儀なくされた。

帰省先での昼下がり、冷酒ば飲みながら、帰りの道中に出題するナゾナゾば思案しよる間、子供たちは川でサワガニとりに夢中やったとさ。

前後の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2017年12月11日 new!!

今日の雑感

サイバーなマンデイ アマゾンが

続きを読む

私の食物誌 池田弥三郎 2017年12月10日 new!!

私の食物誌 池田弥三郎

ミジンコさんありがとうございま

続きを読む

2017年12月9日 new!!

探検検索

ちなみに2009年はTwitt

続きを読む

2017年12月8日 new!!

いちまーい…にぃーまぁーい

もう預金しないんだから。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ