メニュー

美味かもん雑記帳 > > 野菜 > 鳴門の灰干しワカメ
2015/04/26 デパチカ探索野菜

鳴門の灰干しワカメ

灰干しわかめ

以前灰干しを作った際、灰を集めるのに苦労した事があった。

この間その話を、灰干しわかめを購入した際店の人へ伝えたところ、思わぬ答えが来て驚いた。

こちらが灰干しに用いている灰は、どこから入手しているのかといえば、繊維会社が活性炭を作る際に出る灰を用いているのだという。 なるほどその手が。

灰干ワカメはかさばらないし、保存が効くしで重宝している。 たとえば灰干し3グラムを、水に5分浸しておけば、45グラムのワカメとなる。 10倍以上に戻るワケだ。

刺身ワカメ

戻したワカメは各種調理に用いるが、この鳴門産ワカメの一番旨い食べかたと言ったら、戻したてを刺身で行くのが一番である。 薄いワカメだが、噛めばかすかに芯が固い、アル・デンテ的に戻すとめっぽう肴になり健康的でもあるかと。

茎わかめの灰干し

茎わかめも旨い。

こちらは戻すのに4時間ばかりかかるが、その価値は十分にある。 戻したてのプルンとした歯ざわりはクセになるほどで、甘辛く煮付けてしまうのは実に勿体なく感じ、ぶつ切りにして辛子ポン酢でつまんでいる近頃お気に入りのアテなのである。

茎ワカメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2022年5月8日 new!!

Pint 収録記:その12

次回は5月20日に出演します、

続きを読む

2022年5月1日 new!!

月例報告2204

東京の飲食店はまだそう混んでい

続きを読む

2022年4月28日 new!!

Pint 収録記:その11

次回は4月28日に出演しますの

続きを読む

有次のアジ切り(小出刃) 2022年4月17日

京都有次のアジ切りゲット

京都有次のアジ切りを入手した記

続きを読む

2022年3月31日

月例報告2203

平和な世はなかなかやってこない

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ