メニュー

2015/04/21

店の味

アンチョビ入ポテトサラダ

ポテサラ愛好家である私は、品書きに「ポテトサラダ」の文字を見れば注文せざるを得ません。 ポテサラにはその店の色がアリアリと醸し出されるからであります。

えー、この店のポテトサラダは「アンチョビ入ポテトサラダ」と銘打たれておりまして、そうですね、名前を聞くだけでえー、大体どのようなものが出されるのかは想像のつく種類のものだというのはまず確実かと思案していたところ、やけに早く現物が出されましてね。

やはりイメージ通りの姿をしておるワケです。 黒胡椒が沢山かかっていそうな所を目がけて箸を伸ばし、口にヒョイと入れましたところ、やはり想像通りの味がしましてね、

となるハズだったのですがそうじゃなかったんですコチラ。 えー、そうですね。 この味はまず、アンチョビはペーストを用いております。 ポテトの色が暗んでおり、アンチョビの「ビ」の字も見えぬほど完全に同化しているところからして、まずそうであります。

そして名前の割にはアンチョビの「チョ」ほども感じられぬアンチョビのか弱い風味からして、これはペーストを用いていると考えてまず間違いございません。

そしてえー、何の味ですかねこれ。 名前に出ていない食材の味が、非常に強く出ておりますコチラ。 何の味ですかね・・・おや。

これはひょっとしたら、コーンポタージュの素ではありませんかね。 もう一口頂いてみますね。 うーんこれは間違いなく、市販の粉末コーンポタージュの素を練りこんでおりますねコレ。

つまるところこちらのポテサラは、アンチョビ入ポテサラというよりもむしろ、もっとこう俗っぽさのあふれる、100グラム10円で量り売りされている惣菜的なポテサラと表現したほうが実物に近く存じます。

初めはだいぶガッカリしながら渋々つまんでおりましたところ、これが次第にこの店のウリであります純米生原酒的品揃えの酒々と相性が良いような気がしてまいりますから不思議です。

ポテサラ愛好家でありますから、家に帰って即味の再現を試みました。 よくマッシュしたポテトにアンチョビペーストをたらし、ポタージュの素を振りかけてよく合わせます。 塩、胡椒で味を調整します。

味見してみると、思惑通りそのままお店の味になりました。 ところで先ず早速これで一杯始めましたところ、ちっとも美味しくありません。 味が強すぎて舌に残り、酒どころではないのです。

このポテサラに限らず、お店の味は、お店で楽しんだほうがよろしいという話でした。

“店の味” への1件のコメント

  1. たまこ より:

    アンチョビ入りポテサラ。聞いた感じはおいしそうですね。

    ちょうどアンチョビをオリーブと刻んでペーストにしたのが
    残ってて、しょっぱいな~と思っていたところなので
    塩味調節にポテト使ってみます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

14dai 2019年3月17日 new!!

これってあの映画まんまじゃん

これからもどんな出会いがあるの

続きを読む

コンニャクの消費低迷 2019年3月14日 new!!

芋煮の製法を教わった夜

居酒屋のメニューでも芋煮は見た

続きを読む

DB 2019年2月28日 new!!

月例報告1902

成功日記もつけるようになったそ

続きを読む

神力膏 2019年2月25日 new!!

もっちゃん

たしか当時の夢は船長、って言っ

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ