メニュー

美味かもん雑記帳 > > 酒肴 > 佳肴二品
2012/09/05 酒肴

佳肴二品

腹皮

カツオの腹皮にようやく出会えた。 鹿児島県のアンテナショップで売られていたものだ。 炙ってかじると、珍味というほどでもないが、ただ単に塩を振って干しただけではない歯ざわりと、熟成された「血合い」のような深い味がする。 焼いたのを刻んで、マヨ醤油にカボスを絞りこみ、七味で喰うと旨々。

鰹のハラカワ

イチジク

息子が保育園からイチジクをもらってきた。 前に京料理屋で食べたのを思い出して、イチジクを器に入れてラップをし、チンしてみた。 それだけなのに、イチジクから甘く透き通った汁がにじみ出てあふれ、もっと何か細工したような質感、味になる。

熱々を前に「これどうやって食べたらいいんですか?」と聞いたら「がんばって食べるんです!」と店主に答えられた事を思い出す。

子供たちも「どうやって食べるの?」と聞いてきたが「がんばって食べるんです」とだけ答えたところ、それでも十分意味は伝わった。

イチジク

“佳肴二品” への3件のフィードバック

  1. けんたうるす より:

    いつも楽しく読ませてもらってます。
    そろそろ烏賊の塩辛シーズンですね。
    また参考に作ってみたいと思います。
    腹皮は焼いても美味しいですが、茹でて醤油かけても美味しいですよ。
    醤油は甘露(鹿児島醤油)がお勧めです。
    最近カツオの刺身も血抜きされて昔と違い美味しくなりました。こちらもお勧めしておきます。

  2. オイ より:

    いつもありがとうございます。
    なるほど茹でるというテもあるんですね、腹皮。 さっそくやってみます、ありがとうございます。
    鹿児島醤油はおそらくまだ口にしたことがないと思います。 甘いのでしょうか? 是非購入してみようと思います。

  3. けんたうるす より:

    鹿児島の醤油は甘いです。
    今は大阪在住ですが、奇跡的に近所のスーパーに置いてあるので、取り寄せること無く料理生活しています。
    腹皮は茹でて大根おろし&醤油がベストですよ。
    残暑厳しいですが、お身体気をつけて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

2020年7月9日 new!!

長崎市内の大雨

私自身、そのフタにつまづいた事

続きを読む

2020年7月5日 new!!

解決!【上がらない】漏電ブレーカー【落ちる】

いや今回は自分の勉強にもなった

続きを読む

2020年6月30日 new!!

月例報告2006

来月は良いニュースを沢山聞きた

続きを読む

2020年6月25日 new!!

この店はお酒も売っている

がんばって探せば良い店がきっと

続きを読む

2020年6月4日

最近の動活

週ごとにアップした動画をまとめ

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ