メニュー

美味かもん雑記帳 > > ゼルダの伝説 スカイウォードソード
2012/01/14

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

ゼルダの伝説をプレイするのは小学生の頃ディスクシステムのをやった以来である。 今回のスカイウォードソードは3Dであり、大昔のものとまったく別の操作法なので初ゼルダと言っても過言ではない。

コントローラーを振れば、まったく同じように剣を振るリンク。 おじさんは「おぉ、おぉ~」とその精密な動きに声を上げたが、息子的にはそれが普通の事なので大した感動はないようだ。

ぶんぶん振り回していると次第に腕が疲れてきて、普通に指先だけでボタンを押して操作するモードを付けてほしかったと言いたくなるが、いざステージのカラクリが解けて前へ進めるようになるとまた元気が戻ってくる(ちなみに家内はオイが遮二無二にコントローラーを振り回している姿を初めて見たときドン引きしたという)。

カラクリをクリアしながらストーリーを進行させていくのがゼルダの真骨頂であるが、どうしても分からないところがたまにある。 その際は変な石像に聞けばドヒントを教えてもらえる新設設計になっているが、そのヒントを観ることに敗北感を感じてしまうので、あがいて自分で解こうとする。 でも解けず、しゃあなくヒントを見て「ああそれぐらいの事なら、もうちょっとやってりゃたぶん俺も気づけたし」なんてあがいてしまうのだった。

鳥に乗っての移動も最初は楽しんだが、中盤あたりになると、正直かったるくなってくる。 「ルーラ!」でひとっ飛びできてもいいのではないかと思うこともしばしばだったがこれはおっさんの意見だ。

終盤あたりでそろそろラストだろうと思えば、あちゃこっちゃおつかいさせられるのも少し手間だと思ったがおっさんの意見だ。

小学生にとっては、これほど面白いゲームはないのだと、プレイしている息子の姿を見て思う。 息子と同じ、小学三年生の時にプレイしてみたかったゲームである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

春の味覚のコラボです 2019年4月18日 new!!

あっぷる収録記:その19

ぜひ春の定番としてお楽しみあれ

続きを読む

体重100キロを超えるイノシシ 2019年4月13日 new!!

牡丹でなくなっっとっとコレ【猪は脂肪が宝】

猪の肉はどのような状態が美味し

続きを読む

レッチャ!選出レシピ 2019年4月11日 new!!

レッチャ!にノミネート選出

ぜひ応援よろしくお願いします!

続きを読む

長崎小長井の牡蠣「華漣(かれん)」 2019年4月8日 new!!

【華漣】我が人生最高の牡蠣は小長井にあった【かれん】

今思い出すだけでも舌が震える旨

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ