メニュー

美味かもん雑記帳 > 物欲 > > 銀座日記
2010/10/21

銀座日記

午後になって、少し足を鍛えようとおもい、地下鉄の駅まで歩く。 往復40分。 息が切れて、足が宙に浮いているようで、危なくて仕方がない。

いろいろな人から入院をすすめられているが、いまは入院ができない。 また、入院したところで結果はわかっている。

夜は家人が所用で出かけたので、鳥のそぼろ飯を弁当にしておいてもらい、食べる。 やはり、半分も食べられなかった。

中略

いま、いちばん食べたいものを考える。 考えても思い浮かばない。

池波正太郎の銀座日記より』

池波さんの小説、エッセーには必ずといってよいほど「死」についての記述がある、と解説をかいた重金敦之氏は言う。

人間は、生まれた瞬間から、死へ向かって歩みはじめる。 死ぬために、生きはじめる。 そして、生きるために食べなくてはならない。 何という矛盾だろう。『日曜日の万年筆』

近年、つくづくと、一人の人間が持っている生涯の時間というものは、(高が知れている・・・・・・)と思わざるを得ない。

人間の欲望は際限もないもので、あれもこれもと欲張ったところで、どうにもならぬことは知れている。 (略)

三日に一度ほどは、ぼんやりと自分が死ぬ日のことを考えてみるのは、徒労でもあろうが、一方では、自分の中の過剰な欲望を、打ち消してくれる効果もあるのだ。 『男のリズム』

死ぬために食うのだから、念を入れなくてはならないのである。 なるべく、(うまく死にたい・・・・・・)からこそ、日々、口に入れるものへ念をかけるのである。 『男のリズム』

銀座には3千軒近いバー、クラブがあるそうだ。 その中のひとつに池波さんが名前をつけて、池波さんの筆による看板をかかげた店があるという。 今の時代、銀座に行かずともググればすぐにその店は判明するが、是非、池波さんが愛した店に行きたい。

前後の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

2019年3月24日 new!!

ガード下での会話

ウソみたいな話

続きを読む

14dai 2019年3月17日 new!!

これってあの映画まんまじゃん

これからもどんな出会いがあるの

続きを読む

コンニャクの消費低迷 2019年3月14日 new!!

芋煮の製法を教わった夜

居酒屋のメニューでも芋煮は見た

続きを読む

DB 2019年2月28日 new!!

月例報告1902

成功日記もつけるようになったそ

続きを読む

神力膏 2019年2月25日 new!!

もっちゃん

たしか当時の夢は船長、って言っ

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ