メニュー

美味かもん雑記帳 > 物欲 > > 甘い生活
2010/09/06

甘い生活

「今日からお前は大人だ、タキシードを着て来い!」

とあるバーに、18になった倅を連れてフランク・シナトラがやってきた。

二人は並んで座り、シナトラは「タンカレのジンのストレート」と「水」を注文した。

シナトラはポケットからミズスマシをとりだして、水の入ったグラスへ入れた。 ミズスマシはスイスイ泳ぎだした。 倅は呆然とそれを見る。

シナトラはミズスマシを取り出し、今度はジンの入ったグラスへ入れた。 ミズスマシは痙攣し、動かなくなった・・・。

瞬間、シナトラは倅の目を見つめながら言った。

「息子よ、大人になると色んな虫が腹に沸くもんだ。 気に入ったヤツばかりではない。 嫌なヤツとも仕事したり、思うように仕事がいかなくなったり、 好きな女性に振られたりもする。 これも全部、虫のせいさ。そんなとき酒を飲めば、虫なんてイチコロなのさ。 人生にとって大事なことだからよく覚えておくように」

「さて、いつものドライ・マティーニふたつちょうだい!」

以上島地 勝彦の『甘い生活』より個人的に編集。

丸善で「今売れてます」と紹介されていて、別にそれを鵜呑みにしたわけじゃないが、試しに買ってみたら面白かったー!

この一冊は、ベッドのそばのサイドテーブルの上にでもおいて、眠る前に二編か三編ずつ読むのに適している。

と、最初に塩野 七生さんが書いておられ、まさにその通り実行していたところ、 一冊の半分ぐらい読み進んだあたりで止めらんなくなり、色んな所に携えて、一気に読んでしまった。

1575円でこんだけ楽しませてもらえたらもう何も言うことない。

島地さんオススメの店リスト

  • 新世界菜館:中華。 神保町。 小泉元総理がよく行く。
  • お座敷天ぷら おかめ:天ぷら。 築地。 小津安二郎が通った店。
  • 重よし:和食。 原宿。
  • 兼定:寿司。 六本木。
  • ヤッチャン:ホルモン。 中野区江古田。
  • みよし:鶏料理。 銀座。
  • 田佐久:スッポン。 浅草。
  • 鳥政:焼き鳥。 銀座。 島地氏いわく「日本一の焼鳥屋」
  • カーマ:チキンカレー。 神保町。 島地氏が週一通う。
  • 重箱:鰻。 赤坂。 谷崎潤一郎等文豪に愛された。
  • :ステーキ。 日本橋。 看板がない。
  • 鷹匠・壽:鳥。 浅草。

“甘い生活” への1件のコメント

  1. […] この話は島地勝彦の『甘い生活』にあったものである。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

14dai 2019年3月17日 new!!

これってあの映画まんまじゃん

これからもどんな出会いがあるの

続きを読む

コンニャクの消費低迷 2019年3月14日 new!!

芋煮の製法を教わった夜

居酒屋のメニューでも芋煮は見た

続きを読む

DB 2019年2月28日 new!!

月例報告1902

成功日記もつけるようになったそ

続きを読む

神力膏 2019年2月25日 new!!

もっちゃん

たしか当時の夢は船長、って言っ

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ