メニュー

美味かもん雑記帳 > > 酒肴 > 寒ぶりのはらご
2010/04/05 酒肴

寒ぶりのはらご

2月頃のことである。

魚屋の店先に巨大なブリの腹身が横たわっていた。 その脂身のキラメキからすると、たぶんおろしたてなのだろう。 この季節、まさに寒ブリでないの。 ちょっと大きすぎるけど、ええい買ってしまえ。

buri_hara.jpg

もったいぶって、まずはしっぽのほうから食べはじめた。 皮付きで軽く炙り、刺身にした。

次の日、垂れ落ちんばかりに脂を蓄えた真っ白な腹の部分を刺身にした。

最後の日、マグロでいう大トロの部分に手を出した。 魚の脂身の味、ブリ特有の旨み、香り、醤油すら弾いてしまうキメの細かい肉。

ひとつひとつの素晴らしさについて、ぬる燗を飲りながら目を閉じて考えた。 でも何も考えずに味わったほうが美味しい。

前後の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

循環式酒燗器 2019年9月23日 new!!

JR車内アナウンス事変

私の知る限り、これ以上に聞きづ

続きを読む

2019年9月7日 new!!

花のある人

また好きな人が居なくなってしま

続きを読む

2019年8月31日 new!!

月例報告1908

暑さが懐かしい。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ