メニュー

美味かもん雑記帳 > > 飯物 > 「ごはんですよ」の楽しみは白いご飯に乗っけるのみならず、瓶の中への直飯投入こそ醍醐味だ
2005/11/21 飯物

「ごはんですよ」の楽しみは白いご飯に乗っけるのみならず、瓶の中への直飯投入こそ醍醐味だ

gohandesuyo

単なる海苔の佃煮に「ごはんですよ」という名前を授けた桃屋は凄い。 それにしてもロングセラーよね。

ルーツは戦後すぐに作られた「江戸むらさき」になるそうで。

ウチの子(3歳)がいま最もハマっている食べ物といっても過言ではないのがごはんですよ、であり「ごはんですよ乗せごはん」を毎日ワシワシ食べている姿を見たら「大きくなったぁ」と感慨深いモノがある。 かつてはオイもそうだった。

このごはんですよごはん、を日々食べていて何が一番楽しみだったかというと、

残りわずかになったごはんですよの瓶の中へ直接ご飯を入れ、グチャ混ぜにして食べるという何ともイヤシげな「ごはんですよの瓶に飯直入れメシ」だ。

この、「最後は俺のもんだ」感と瓶をそのままつかみあげて食べる「所有欲の達成」があの妙な満足感へとつながっていたのだろう。

きょうだい三人で、誰がソレを食べるのかでモメた事は数知れない。

冷蔵庫を開いてはごはんですよの残量をチェックして、さていつになったら決行しようかと思案していた少年時代が懐かしい。

と、あたかも過去の話みたいに書いたが、実は子供がごはんですよを早く一瓶空けてくれないかな、と待ち望んでいる男がココにひとり存在しているのは内緒だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

炭火 2019年6月19日 new!!

焼肉の作法

とにかく凄まじい勢いだった。

続きを読む

キャベツ畑 2019年6月11日 new!!

一分間のカウント

さておきホッと胸をなでおろした

続きを読む

長崎の街並み 2019年5月31日 new!!

月例報告1905

次なる目標はもう定めている。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ