メニュー

2018/11/29 雑記

よぉ、寅

最近お気に入りの作業用BGMは、何を隠そう【男はつらいよ】である。

寅さんの流暢な口上を暗記してしまうほど、繰り返し全49作を流し観しているのだ、アマゾンプライムで。

子供の頃はテレビのロードショーで寅さんが放映される事を知った時、とても落ち込んだものだった。 この変な顔したおじさんを見て何が楽しかろう、もっと恐竜とか出てくる映画にしてよ、と。

ところがこの年になり寅さんを観ると、なんとまあ毎回心に響く物語がある。 寅さんの優しさが深く胸に突き刺さってくる。

毎回のヒロインを見るのも楽しみであり、リリーが浅丘ルリ子さんだという事を知り目を丸くし、真野響子さんの美しさに見とれ、ミヤコ蝶々さんのしゃべり口と声色がクセになってみたりもする。

映画冒頭の寸劇もまた見物である。

シリーズ一番のお気に入りは第17作であり、無一文の老人が実は…というアレである。

あの人はオコゼのごたる人たいね

という表現を昔よく耳にしたが、これは何も悪口ではない。 オコゼは外見こそミニクいものの、腹の中身は白々として美しく、ここから心がきれいな人を「オコゼみたいな人」と例えるようになったと祖母は言っていた。

つまりこれぞ、寅さんの事であるまさに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2021年11月30日 new!!

月例報告2111

残すところ今年もあとひと月。 

続きを読む

2021年11月14日 new!!

Pint 収録記:その9

料理コーナー新社屋一本目に携わ

続きを読む

2021年10月31日

月例報告2110

このまま落ち着いてくれたら良い

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ