メニュー

美味かもん雑記帳 > 雑記 > メモリーたちよ!
2006/05/26 雑記

メモリーたちよ!

ひとりで一杯やりにいくのもなかなか楽しいものである。

好みの肴を注文してぐびぐびと飲みながら、着信があったついでに すこし酔いかけた頭で携帯のメモリーを見てみると、なんとも懐かしい 名前がでてきたりするわけである。

「M井氏と神○」

大阪生まれのこの人は、やけに足が短いのに歩くのが異常に早い人である。 こんな彼は、ある日「神○」という大阪道頓堀発祥のラーメン屋に連れて行ってくれた。 「ここのラーメンがうまいねん。」

早速ラーメンを注文し、待つこと少し。 運ばれてきたラーメンは、醤油スープのような色をしていて、白菜がちらほら浮いているといったかんじ。 どれ。 ズズ。 「ん?」 ズズズッ。 「はぁ?」

このラーメンの味がまた不思議なこと。 トンコツではない。 醤油でもない。 塩でもない。 一口目のスープを口にするとなんだか薄いすき焼きのダシのような甘い味がして、さらにすすってみると、ますます妙な味がする。 少し考えながらそのラーメンの全体像を眺めつつ、さらにスープと 麺をすする。 オイの結論としてはなんだか中華料理屋の五目ラーメンの具を白菜以外全部とっぱらって、妙な具合にしたという感じがした。

3度食べるとやめられなくなる。

たしか店内にこんなビラが掲げてあったが、オイは一度っきりで遠慮させていただきたい。 ※ちなみに「大盛」を注文すると、まるで洗面器のようなどでかいドンブリが目の前に出されることになる。 オイのラーメンに 対する見識を深めてくれた、M井氏、ありがと。

「らっきょと山○火」

らっきょはオイの後輩で、どんな相手と会話をするときにも、明日以降の自分のスケジュールを勝手に話し出すという不気味な寂しがりやである。 そんならっきょは、北海道旭川発祥というらーめん山○火につれていってくれた。

さすがに名前だけは聞いたことがあり、そのときも行列ができていたのであるが、待つこと少し。 入店し、塩ラーメンを注文する。 目の前にだされたラーメンは、なんだか上品な外観。 どりどり。

まず気になったのが、ドンブリが深すぎて、個人的に食いにくいこと。もうちょと口が広がっているとイイんだけど。 そしてチャーシューはなんだか叉焼というか、お歳暮のハムのような食感、味がしたのは気のせいであろうか。 そしてスープ。 これはどこかで口にしたことがあるなと思ったら、家でよく作る即席ラーメンの「うまかっちゃん」をオイ流にカスタムしたものによく似ているような気がしたのである。 カスタムといっても、ただうまかっちゃんに、ラードと醤油を足すだけであるが、似ているような気がしてならない。

いや有名店に連れて行ってくれたらっきょ、ありがと。

「酒○氏ととある韓国料理店」

怒っているときもどんなときも、顔がにやけている彼とは韓国料理のお店に行ったのが最後に会ったときである。 そのお店っちゅうのがいちいちビールや酒がでてくるのが遅くてイライラし、メニューを見たら「宮廷女官チャングムの誓い」の薬膳粥かなんかを忠実に再現したとかなんとかいう料理があって、それを注文するしないで口論にまで発展しそうになったっけ。 いやしかしニラを生地に練りこんだニラチジミは美味しかった。

チャングムとは何たるかを教えてくれた酒○氏に感謝。

「岩○君氏と陳建一麻婆豆腐店」

通話しててももごもごしていて声が聞こえづらくてイラつく彼とこの店に入ったとき、おかわり自由だからといって6杯づつご飯をおかわりしたっけな。 ご飯一杯をわずか3カケの豆腐でしのぎつつ。 いやこれは旨かった。

デザートの杏仁豆腐をオイにくれた君に感謝。

とまあ携帯の名前をめぐっていくうちに、それぞれの名前にはそれぞれの思い出があるわけである。 しかし皆最近どうしているんだろ。 つかれた。 帰ろ。 「オイ親父、おあいそ!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

八丁堀 2018年10月22日 new!!

いもや

裏地に凝ったりとかね。

続きを読む

2018年10月20日 new!!

【WP】管理画面でテキスト一切が表示されない件

タイトル通りの事案が発生。 色

続きを読む

2018年10月8日 new!!

これ何かわかる?

店は良店悪店いずれにしろ勉強に

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ