メニュー

美味かもん雑記帳 > 物欲 > 品々 > 【TECKIN】スマートプラグをAlexaで操作する方法【WiFi】
2019/12/21 品々

【TECKIN】スマートプラグをAlexaで操作する方法【WiFi】

WiFi スマートコンセント TECKIN Alexa対応 2.4GHz動作

つい安かったので初導入したTECKINのスマートプラグ。 これをアレクサに対応させるまで四苦八苦して師走の真っただ中ストレスフルだったので、同じ境遇で悩んでいて検索し、訪れた方へのささやかな一助となれば以下幸いである。

TECKIN スマートプラグ

2個セットで3000円弱という安さにつられて購入した。 開封すると、老眼にはいささか厳しい極細フォントで記された取説を基にいざ設定開始。

所々不自由な日本語で書かれているから混乱が生じるのは最近の家電で多い事。

プラグとアプリを紐づける

まず取説のQRコードから専用アプリをスマホに入れる。 その名も「Smart Life」。 わずらわしいユーザー登録を済ませたら早速プラグをコンセントへ差し込む。

プラグの横にあるボタンが1秒に2回、素早く点灯しているのを確認し、Smart Lifeの画面右上にある「+」ボタンを押して二つのプラグを検出させる。

「手動で追加」という画面が表示されるが、じっくり見ても今回買ったプラグが見当たらない(ちゃんとアプリアップデートしろ)から「自動スキャン」タブを選択する。

そういえばまずアプリをWi-Fi環境に置かねばならないのでSSIDとパスワードをセットしておく。 ちなみにこのプラグは2.4GHzでしか動作せず、5GHzには対応していないのでご注意を。 私の環境の場合、どの接続先が2.4GHzで5GHzはどれなのか、機器を見ても判別不能だったのでメーカーへ連絡して聞いてみたら、普段使っている接続こそ2.4GHzだったので条件クリアとなった。

しばらくするとプラグが見つかった旨が表示されるので、タップして登録する。

何度試してもタイムアウトしてプラグを検出できない場合は、Wi-Fi電波がよく届く場所へ移動して試す。

アプリとプラグを無事紐付けできたならば、スイッチのオンオフやタイマー設定ならばSmart Lifeアプリ内で実行可能。

TECKIN スマートプラグをAlexaで使う

これが説明が足りずに苦戦して晩飯の準備が随分遅れた事案。 検索しても情報がないから記しておこうと思い立ったのだ。

Alexaアプリの「デバイス」から画面右上の「+」を押して「デバイスを追加」を選択。 デバイスの種類「プラグ」を選択し、TECKINはブランド一覧にないからその他を選択。 「デバイスの検出」ボタンを押す。

検出するのに45秒かかるのが腹立たしい。 なぜか「検出できませんでした」という状況が続いてどこか設定を間違っているのではと不安になったりもしたが、そんな時は30分ぐらい待ってもう一度検出を試す。 これをくり返してようやく二つのプラグを検出する事に成功した。

成否にかかわらず45秒待たされるので時間が多いに過ぎてしまう。 アマゾンの機器やアプリは他人の時間を尊重していないものが多いハラタツ。

無事検出できても、こんどはプラグが「オフライン」という表示にずっとなっており以降の操作ができない場合は一日待ってみよう。 翌朝にはキチンとオンラインになっているハズ。 時間だけが解決の糸口だという事象が人生にはツキモノなのだ。

無事AlexaとTECKINプラグが紐づいたら、今度はAlexaアプリ左上のハンバーガーメニューを押してスキル・ゲームに進み、検索ボックスへSmart Lifeと入力して該当アプリを導入する。

つまりSmart Lifeはまずスマホにインストールしたら今度はAlexaアプリ内にもインストールする必要がある。 そして両アプリを紐づける。

さていよいよAlexaでプラグを動かす準備ができた。

Alexaアプリ「デバイス」より「プラグ」を選択し無事二台のプラグがリストに載っている事を確認する。 いずれかのプラグをタップしたら、画面下にある「定型アクションを作成」ボタンをタップする。

右上「+」ボタンを押して、「定型アクション名を入力」へ任意の名前たとえば「照明の電源」など入力して次へ進む。

アクションを追加」を押して「スマートホーム」を選択し、今回導入したプラグが表示されているので選択する。 電源「オン」「オフ」を選べるのでどちらかを選択して「次へ」に進む。

実行条件を設定」の「+」を押して「開始フレーズを設定」を選択。 「アレクサ、」のあとに語句を追加するようになっているので、

照明つけて

と入力して「次へ」に進み、右上「保存」を押せば晴れて設定完了となる。

AlexaでのTECKIN スマートプラグの挙動について

以上の設定で現在、「アレクサ、照明つけて」と言えばプラグの電源がオンになるよう設定されている。

次はオンにしたからにはオフにする必要もあるから、今度は「照明消して」の指令を設定しておく必要もある。 それは一度上記でやっているのでもうカンタンだろう。

以上アレクサでTECKIN スマートプラグ を動かす方法を述べた。 華麗なる次世代ライフを!

※スマホとエコーのAlexaにはキチンと反応するものの、FireとFitbitのアレクサではエラーが出てしまうのはなんでか? なんでかアマゾン。

“【TECKIN】スマートプラグをAlexaで操作する方法【WiFi】” への2件のフィードバック

  1. kiryu より:

    参考になりました。ありがとうございます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

2020年9月12日 new!!

Pint 収録記:その3

ダブルウォールグラスがオススメ

続きを読む

2020年8月31日 new!!

月例報告2008

今年もあと四か月。 たぶん、こ

続きを読む

2020年8月22日

【解決】American Megatrends【再び】

PCとの付き合いが長いから、ト

続きを読む

2020年8月1日

アナグマとの遭遇

アナグマの生態について調べてみ

続きを読む

2020年8月1日

熊出没!?

この後しばらくして今度はあなぐ

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ