メニュー

2006/01/30 なるほど

カニ缶の紙

カニの缶詰を開けると、そこには真っ白い紙にスッポリ包まれたカニ肉が入っている。 これなんでカニ肉を紙でくるんでいるのか?

答えはカニ肉の変色を防ぐためなんだって。 紙がないとカニ肉の表面に黒いボツボツができるらしい。 これは缶詰を高温で殺菌する際、カニ肉内のイオウが染み出てきて、缶詰の鉄とくっついてできるそうさね。

カニ肉に限らず、牛肉や魚でも同じ現象がおきるんだけど、紙はない。 なんでか? これは元々内容物が色濃いから。

ちなみに缶詰は1804年にフランス人が発明した瓶詰めが原形だそうさ。 ナポレオンが軍隊が持ち歩いても腐らない食品を募集したときにでたアイデアらしか。

以上アサヒシンブン「DO科学」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2022年9月21日 new!!

久しぶりのイベントに歓喜した

携わった全ての方々に心より感謝

続きを読む

2022年9月20日 new!!

Pint 収録記:その15

この日は過密スケジュールで、ニ

続きを読む

抗原検査キットの判別法 2022年9月20日 new!!

抗原検査キットの判別法

どっちがどうだかわからなくなる

続きを読む

桑原鍛冶工房の蚊焼包丁 2022年9月13日 new!!

桑原鍛冶工房の蚊焼包丁

長崎蚊焼の桑原鍛冶工房の包丁を

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ