メニュー

美味かもん雑記帳 > > 菓子 > 小ざさの最中
2010/05/01 菓子

小ざさの最中

その店は東京吉祥寺商店街にあり、店舗面積は一坪なのだという。 ちなみに一坪は畳2枚ぐらいの広さ。

取り扱っている商品は「ようかん」と「もなか」だけ。 これで年商3億以上売り上げるのだという。

テレビ、雑誌の取材にもほとんど応じず、広告宣伝もしない。 駐輪場もなし。 なのに40年以上、毎日早朝から行列が絶えないのだとか。

その店の名は小ざさ

本屋で立ち読みしていて偶然見つけたこのくだり、特に菓子好きではないが気になって仕方がない。 宣伝しないとあるのでサイト無いのかな、と検索してみるとちゃんとあった。

小ざさ

しかも最中に限っては通販できるとのこと。 早速電話注文した。

小ざさの最中 包み 小ざさの最中 小ざさの最中 黒 小ざさの最中 白

やけに安い。 白あん黒あん30個入りで1,815円。 送料入れても3千円以下。 昔からほとんど変わらない値段なのだとか。

甘いものがあまり得意ではない。 でも黒あんをかじってみた。 想像していた最中の甘みと大分かけ離れたあっさりとした心地よい甘みがする。 甘いもの大好きのカミさんもそういう。

この感じは、以前「日本酒は変に甘いので嫌い」と思っていた頃、純米大吟醸を初めて口にしたときに似ている。 もちろん小ざさの最中には変な物は一切使われていない。

こうなるとどうしてもようかんを食べてみたくなるが、東京吉祥寺、しかも早朝から行列、さらには一人5本までとなるとわざわざ飛んで行くのも少々キビシイ。 友人にお願いするにしても「オマエどうしたんだ変」とツッこまれてしまうだろう。 そのうち機会があれば是非。

不況不況売れん売れんと聞き飽きたが、こんなお店もあるんだなあ。 なんだが元気が出てきた。 おごちそうさまでした。


付属しおりの文面

原料本来の特色を生かし、砂糖の甘みをならす、言い方をかえますと、丸い味とすることが、和菓子を創る上の、究極の奥義かと信じます。

最中としての、味の品位もそこから生れるように思います。 大げさな言い方でございますが、心を打込んで製造致しております。

“小ざさの最中” への4件のフィードバック

  1. サルマタ より:

    はじめまして。
    以前白菜をふたつ買ってきちゃった時に検索してぷちぐるさんの白菜鍋を見つけて以来、美味かもん雑記帳もこっそり覗かせて頂いております。(私は江戸っ子ですが、オットが長崎出身なので夫婦揃って覗き見してます。なんかすみません)
    小ざさの羊羹は知人に頼まれて、一度だけ買いに行ったことがあります。
    午前4時に家を出て、まだ電車も走っていませんから一時間かけて歩いていき、お店に到着したのは5時頃だったでしょうか、それなのにもう十数人が並んでいるのです。
    そして整理券を配る8時半まで並んで待ちます。整理券を貰っても羊羹を手に入れるには開店を待たなくてはなりません。電車で一度家に帰って寝て、昼過ぎに再度来店して、やっと入手出来ました。
    ちなみに小ざさの羊羹は一切れしか食べたことはありませんが、あれだけ苦労して入手したわりには…。たぶん苦労したのがいけなかったんだと思います。
    買い物帰りにふらっと立ち寄って買ったもなかは味も大きさも私好みなんですけどねぇ。
    長々と失礼しました。

  2. オイ より:

    小ざさの羊羹を一切れも・・・うらやましいです! たぶんオイだったらあまりのありがたさに五重ぐらい輪をかけて味を評価してしまいそうです。 元来行列がニガテなオイは、自力で購入することは不可能だと思っています。
    年寄りになった頃、子供たちの誰かに買いに行ってもらおうと計画をたてました。 今。
    それではご主人様にもどうぞよろしくお伝えください!

  3. ミジンコ より:

    小ざさの最中が記事になっていたのでたまげました。
    よもや長崎のオイさんと、食べる経験を共有できるとは!恐るべし小ざさ!
    吉祥寺に祖母が住んでいるので、子供の時からよくお使いものにしていました。値段もほとんど変わらず、味も変化がありません。うちの家族は白あんのうまさをここの最中で知りました。
    ようかんは30年前から、並ばないと買えませんでした。一度だけ食べたことがありますが、ふつうの、といっては語弊があるかも?町の和菓子屋さんが良心的にこしらえたようかん、という感じです。こちらもずーーーーーっと昔から500円のままらしいです。

  4. オイ より:

    ミジンコさんお久しぶりです。
    >町の和菓子屋さんが良心的にこしらえたようかん、という感じです。
    すごいイメージ沸きました。 以前はそんな和菓子屋さんがウチの周辺にもチラホラあったのですが、まさに全滅状態です。 子供の頃、祖母がよく「よもぎまんじゅう」や「団子」を買ってきてくれていました。
    ああなんか、少年時代を思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

古川ぶどう園のピオーネ 2018年10月23日 new!!

古川ぶどう園のシャインマスカット

あえて書きたくないレシピや、あ

続きを読む

八丁堀 2018年10月22日 new!!

いもや

裏地に凝ったりとかね。

続きを読む

2018年10月20日 new!!

【WP】管理画面でテキスト一切が表示されない件

タイトル通りの事案が発生。 色

続きを読む

2018年10月8日 new!!

これ何かわかる?

店は良店悪店いずれにしろ勉強に

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ