メニュー

2015/04/28 品々

タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-901

体組成計 インナースキャンデュアル RD-901

体脂肪率と筋肉量を計測する

為に今回導入したのがタニタの体組成計「インナースキャンデュアル RD-901」である。

これまでは、ごく原始的な体重計を愛用しており、これといって何不自由なかったのだが、長男の体作りを本格的に行うにあたり、より詳細なデータが欲しくなったわけであり。

(more…)

2014/09/01

自由研究

今年の夏はまあ、何なんですかねこの夏。 7月下旬から3日と晴れが続かないので、梅の土用干しすら終わってないという、かつて経験したことのない気象であり、子供たちは海にも行けず、山はジトジト、旅先でも雨、戻っても雨、雨、雨・・・。

そうこうするうちなんと、今日で夏休みは終わりなのだと・・・。 そういえば、自由研究終わってないよね。

テーマは早々決めておいたものの、親の取りかかりが遅ければ子供もスイッチが入らないもの。 「はぁーどうしよう」と、親子あいまみえて朝からせっせと研究に勤しむ。

(more…)

2014/01/27

長男系ツイートまとめ

長男に関するツイートのまとめ全1849字。

先日下駄箱の整理をしていたとき、長男が初めて履いた靴がでてきた。 おはぎ大のコンバースで、とても可愛かった。 今やサイズ24センチだもんなあ。

天気の自動販売機があればいいのに、と息子。 季節の自動販売機もあればいいのに、と息子。 あったとしてひとついくらぐらいなの? と聞くと「うーん五千何百円ぐらいかな」と息子。

マトリックスの敵が来た!と息子がいうのでそっちを向くと、まさにそのような人物が歩いてきていた。

小2の息子は今『火の鳥』にハマっている。 全巻ひっぱり出してきて集中して読んでいる。 読んでおいたほうがよい。

長男はこれまでに自分の経験した節分の鬼、サンタは人間が変装していたことを見破ってしまった。 だけどビッグフィッシュに出てくる巨人のことは誇張のない本物だと信じて疑わない。

(more…)

2006/03/31

乾杯とは勝負である

主に晩ごはんの時。 息子はオイの隣の席に座る。  そしていただきますをするやいなや、 いつからか必ずオイと息子は乾杯をするようになったとさ。

「パパかんぱーい。」と、息子。 「よし乾杯」と、オイ。 「カチン。」「グビグビ。」 息子は牛乳を水がわりとしており、一気に飲み干す。 オイはまずはビールなので、細長いグラスに注がれた黄金色の液体を一気に飲み干す。 そして「あーうまかー。」とか二人で言うわけさね。

そしてしばらくして。 また息子は乾杯を挑んでくるわけ。 そのころになると、もうオイは、焼酎なんか飲んでいるわけで。 どっちかっていうと、ゆーっくりと一杯やりたいわけで。 でもしょうがないのでまた乾杯に付き合い、スーッとお互いに飲み干す。

息子の問題点としては、乾杯とは、グラスをカチンと合わせたあと、相手(オイ)よりも先にグラスを口につける勝負と思っていることと、そしてそれをいかに相手(オイ)よりも先に飲み干すかが決め手であると、勘違いしていることと、乾杯を何遍やってもよいと勘違いしている所と、いかに自分がその勝負に勝とうとも、 相手がひとたび持ったグラスが、空になるまでじーっと見つめているところである。

そうそうね、焼酎を一気なんてしていられないんですよ。 まるで学生時代の酒癖の悪い先輩のような我が息子であります。 

2006/03/18

刺身小僧と納豆娘

息子と娘、元気にすくすく育ってくれて、ごはんをモリモリ食べる。 うーん非常に喜ばしかね。

3歳の息子の大好物は刺身。 なかでも青物が好きだときた。 とくにシメサバへの固執は恐ろしく、半身はペロリと平らげてしまう。 父ちゃんとしては嬉しくもあるんだけど、酒の肴がなくなることを考えるとすこし悲しくもあるね。

1歳の娘は断乳が終わるや否や、納豆の魅力に取り付かれ、必ず朝晩1パックづつ食べるという徹底ぶり。 まさにもう私に納豆が無い人生なんて考えられないといったかんじ。 初めは納豆ご飯で食べていたんだけど、最近では納豆ご飯の中からネバる納豆の粒だけを抽出し、手でつまんで食べるという徹底ぶり。 はじめは「納豆ご飯が大好きな子」と思っていたんだけど、米粒もいらん、卵もいらん、ネギもいらん、醤油もいらん、「納豆そのもの」が大好きな女の子というわけさ。

おかげで冷蔵庫の中には納豆と青魚は必ず常備してある。 常備リストに加えんといかんなこれ。

2006/03/17

息子的時間の概念

息子にとっては、過去にあったことは時間の長短に関わらず、すべて「さっき」である。  もちろんさっきあった事柄はさっき。 数ヶ月前におこった出来事もさっき。  まだこの世に生を受けてから3年間しかたっていないので、さっきといえばさっきになるかな。 例)

1.たった今、牛乳を飲み干した後で一言。

息子:「さっき牛乳飲んだねー。」

2.去年花火を見に行ったときのことを思い出しての一言。

息子:「さっき花火見たねー。」

2005/11/28

初骨刺さり息子

ごく最近サンマの腹骨がのどに刺さった。 ハラワタがあまりにもウマカけんロクに噛みもせず腹の身ごと食ったのがイカンかったバイ。。 しかし魚の骨が喉に刺さったのって何年ぶり?

ウチの子3歳も昨日ついに骨が喉につっかえた。 オイの肴の〆鯖ば横取りしよった息子ばってんが、ソレに紛れ込んでおったらしい。 ガ、別に痛がって泣くワケでもなく、なんか喉に違和感があるな? なんでか?みたいに喉をさすりつつドラエモンを見つめる息子。 それにいち早く気づいたオイは、「喉痛か?」と聞くと若干うなずく。 そりゃ大変だ取ってあげようということになる。

ウチの子3歳は3歳になったばかりけど、まだイマイチ完全に会話の成立しない部分のあるとよ。 よって意思の疎通の上手くいかない場合のあるけん、四苦八苦するとばい。
まずはごはんを一塊丸飲みさせてみる。 ゴクリ。 「取れた?」 首を横に振る。 もっかい丸飲みさせる。 「ちがう! 噛むなよ。」 ゴックン。 取れていない模様。 じゃ、別の方法にするか。
たしか皿を頭の上に乗せるととれると聞いたことがあるようなないような。 ためしてみる。 乗せる。 「取れた?」 無反応。 取れるワケないか。
急に脅かしてみる。 ドラエモンに集中しているところを見計らってー「ワアッ!!!」 おっとこれはしゃっくりば止める方法やったかな。
取れんっ。 あまり痛がっている様子もないので放っておこう。

いつのまにか取れてた。

2005/11/25

3歳までにきまる?

hamohamo

息子はなんというか、荒い。 一つ一つの動作が荒い。 けだるいおっさんのようにくつろいでいるときもある。 どらえもんと仮面ライダー響鬼が好き。 食い物では寿司とかなにしろ魚が好き。 虫が好き。 風呂が好き。 妹はわりと可愛がる。 朝起きたては少々機嫌が悪い。

こげなウチの息子も今日で3歳になったとよ。 早かぁー。 なんか聞いた話によると、「3歳までにその子の性格性分は決定する」っていう話。 まさに三つ子の魂百までという感じね。 そう考えると、オイはこの子にベストでなくともそこそこ満足のゆく環境ば提供できたとやろうか? と、考え込みそうになったとばってん、まーよかさ! な、息子よ。 今日は父ちゃんがなんかウマイもの作ってやるけんな。

そうそう、最近息子に新しい友達のできた。 その友達はオイの手。 この手にはお兄ちゃんぶって話しかけてくる息子がある日「あーなたーのお名前は?」と聞いてきた。 名前などない。 えーとカエル。 と答えたいところではあるけど、とりあえず頭に浮かんだ名前がハモハモ。 そう、こいつはハモハモ! 「オレ、ハモハモです。」なぜかハモハモにはまるで自分の弟で あるかのようにアレコレお世話してくれるウチの子祝3歳であった。

息子は最近オイに似てきたってよく言われる。 少し嬉しい荒いオイ。

2005/10/30

初めての泥だんご

drdng

こちらのコトは数年前から知っとった。 アサビシンブンのコラムで読んだとばい。 画像ば見たときにはビビったね。 んでもまさかオイが作ることになるとはさ。

ウチの子と公園で遊んだとばい。 最近大きくなるにつれて体力もUPして、 一日付き合うにもシンドイもんのあるとばい。 ボールで遊びながら自転車に 乗りつつたまには滑り台ば滑りブランコば立ちこぎする。 さらに砂場で山に トンネルば開通させよるときやった。

突如トンネルそっちのけになって、水ばえっちらおっちら汲んできた。 「お、川ば作るとか~。」って思うたら、水に砂、そのた周辺の泥ば入れて ヘドロ状にして、ニギニギし始めたとさ。
「だんごば作ると。」どうやら泥だんご作りは保育園で仕込まれよるらしか。 と、いうことで他の遊びはそっちのけで一緒に泥だんごば作ることになった とバイ。

にぎにぎしながら砂ばかける。 またにぎにぎしてこんどは黒土ばかける。 たまに手の上ば転がして、砂ばかける。 うーんこんなんでホントに あのビリヤードの玉のごたる素晴らしい球体のできるとやろうか?息子よ。コレ 作り方合うとるとね? っていう雑念も、ニギニギして砂かける、という単純作 業によって消えうせていって、純粋に泥だんご作りそのものば楽しめるように なってきたとバイ。 「あ~なんか楽しか!」集中したら時間のたつとも早か もんで、1時間半はにぎにぎ砂かけばしよったことになると。

夕方になって、ヨメにうるさく言われたらアレやけん、なんとか接得して 家に帰ることにしたとばい。 もちろん泥だんごと砂も持ち帰ったとばい。

こうなったらちゃんと作ってみよう、っていうことで日本泥だんご協会さん で詳しい作り方ば見てみる。

ん?んー。 もっかい最初から作ったほうがよかかな。

でもコレは親子初の泥だんご共同製作やけんこのまま作ってみることにしよう。

2005/10/27

どんぐり団

dngr

いつものように洗濯機ば使うと、ガラガラーッ。 バリバリッ。 なんていう音のする。 ハァ?新品のとにもう壊れたとやワイって洗濯機に文句いいながら洗濯物をとりだすと、底に6個の小石。 なんや石やっか。

一応ヨメに報告しておいたら、今度から洗濯するときにはちゃんと子のズボンのポッケに異物の入っとらんかば確認してから洗濯しなさいっ。って。

洗濯前のポッケのチェックの習慣化してきたら、ウチの子は石ころ以外にも色んなモノば持ちかえってきよることの判明したとさ。

今日はツルツルの丸い石ころ。 なーるほど。 海に行ったとばいな。

折り紙の手裏剣。 ほう、忍者ね。

セミの抜け殻。 へーまだ残っとっとばいね。

デッカイかたつむり。 こがん所でよー今の時間まで生きとったな。

そして子がメチャクチャ最近ハマっとるとがどんぐり。 毎日両ポッケに30個ぐらい持ちかえってきよるけん、家中どんぐりだらけばい。

どんぐり収納ケースとして、夏にお世話になった虫かごば持たせるようにしたら、満杯。 毎日満杯。 何か新しい病か?って少し心配になってきた。

ウチの子はちゃんと人間と遊んでいるのだろうか。 こっそり視察に行こう。

※どんぐりは茹でで食えることが判明。 現在調査中ばい。

オークビレッジからカタログが届いた。 
そこにはNPOどんぐりの会のチラシ。 入会しよ。

どんぐり水浸し
せっかくやっけんどんぐりば植えてみることにしたバイ。
しばらく水に浸して、沈むどんぐりが発芽するどんぐりらしかとばーい。

1 / 212

前後の投稿


マーク中

ぷちぐる本

最近の記事

石むすび 2017年6月27日 new!!

トゥーッス!

腕組みして自分の歯に

続きを読む

車窓からの犬 2017年6月24日 new!!

ヒラゴマ案件

もはやガラスを割るし

続きを読む

american megatrend 2017年6月22日 new!!

American Megatrendsって何さ

なるほど熱くなったん

続きを読む

雫 2017年6月21日 new!!

開・眼

手入れしているハズな

続きを読む

2017年6月19日 new!!

剃髭

幸運にも人の多さに対

続きを読む

人気記事

月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
ツイッター
ぷちぐるレシピ
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ