メニュー

2017/06/16

いもさし

ユニバーシティポテト

この季節が来た。 「いもさし」とは、芋のツルを畑に刺すこと。 つまり植え込みである。

学校の恒例行事で、私も一度参加した事あるが、収穫はまだしも植える所から始めるのは新鮮だった。 何も難しい話ではなく、芋のツルを土に刺してゆくだけだ。 これを子供達と一緒にワイワイこなすのだ。

(more…)

2017/06/05

そうでないそうで

狛犬だね

5月は子供たちの学校で、立て続けに運動会があった。 日曜が本番だから、翌月曜が休みとなるのは常識だ。

ところがこれを頑なに受け入れないのが次女であり、どうして姉(中学生)が学校休みなのに自分だけランドセル背負って朝から勉強しなければいけないんだと納得いかずにいる。

普段登校前、家内に髪のセットをしてもらうのだがこれすら拒んで、昔流行ったトロール人形みたいに髪を逆立てたまま、納豆ごはんと焼き魚に箸もつけず、ずっとフリーズ状態でリスみたいにほっぺを膨らませている。

(more…)

2017/05/14

前と後

サブマリーナ

朝から物騒な声が聞こえてきた。 ついに次女も、ここを通る日が来たのだ。

「今何時?」

世界共通の時間という概念が、まだ構築されていないヒトにとって文字盤を見るのは苦痛である。 1分は60秒。 1時間は60分だというルールを初めて聞かされた子供は、目を白黒させてしまうのだ。

(more…)

2016/08/11

エモとアキラ

moco_mocomoco

テレビを見ていた子供たちが大笑いしながら戻ってきました。 ワケを聞いた私も、腹を抱えて笑っちゃいました。

なんでもコマーシャル前のアナウンスで「次は 柄本 明 の登場!」と流れたそうです。

それを見た次女(小1)はとっさに、

(more…)

2016/04/02 雑記

六段・・・Can Do It!

羽ばたけ、次女よ!

何度経験しても良いものですね、我が子の卒園式は。

この春次女は、無事卒園する事ができました。

同級生の面々を見ても、生後間もなく入園し、子犬みたいに小さかった二郎くんが立派にたくましく成長してるんですもの、泣き虫だった彼が。 そりゃ娘も大きくなるワケです。

竹馬やコマ回しなど、卒園式ではこれまでに園児たちが身につけてきた技能を、親に披露してくれます。 クライマックスはとび箱で、それぞれの子が、自分に合った方法で飛び越えます。

園児たちはこの一年間、本番にむけてとび箱の練習を毎日かさねてまいりました。

(more…)

2015/10/12

燃えよバンビ

「バンビちゃん」という可愛いあだ名をつけてもらっている次女は、 クラスで一番かけっこが早い。 もう何年も、運動会でも一番だ。  ところが今年、強力なライバルが出現した。

同じクラスのTくんは、このところグンと背が伸びて、それにともない運動能力も向上し、 かけっこの練習では5回走れば2回はスレスレ負けてしまうようになったのだとか。

ここまで本人から聞いており、さて本番。「Tくんとの頂上決戦はいかに!」

(more…)

2015/05/05

Queen of beach sandals

休日のランニングには、いつも長男がついてきてくれていたのだが、進学に伴い時間が合わなくなり、ちょっと難しくなった。

そこで次男を誘って走るようにしたところ意外や意外、きちんと最後まで走りきる事ができたので驚いた。 長男と走る際、自転車にまたがって、たまについてきていたのだが、それも体力向上に役立っていたのかもしれない。

(more…)

2014/04/26

次女昨今

ついに次男も小学生になり、もはや園へ通うのは次女のみになった。 ひとりで淋しがるのかと思えばまったくそうでなく、悠々自適な園生活を満喫している模様。

このところポカポカ陽気が続いており、近くの川からオタマジャクシをすくってきた次女。 「足はまだ生えないの?」と毎日のように水槽を覗きこんでは聞いてくる。

よく見れば、すでに数匹からは足が伸びている。 となれば、つかまり場所となる石を据える必要があるね、と言ったところ、石探しに躍起になって、その日のうちに20個もの石を持ち帰ってきた。 いずれも園の近くで拾ってきたものだというが、そのどれもが伝えておいた「おはぎ大」ではなく、「大豆大」の小石ばかりだった。

朝食の際、兄姉が「ちょっと寒い」などつぶやけば、ひとりそそくさ走り、ひざ掛けをもってきてあげる。

ひとり遊びの際はもっぱら絵本を音読している。 必ず音読で、おそらく架空の読者がいるのだろう、読み聞かせスタイル。 園の先生になりきっている。

長女のピアノをあたかも弾ける風に奏でるのが得意。 そろそろ習わせないと。

一緒にお風呂に入った際、湯船に浸かる次女は、オイが浴びてるシャワーがたまにかかるのが気になった。 そこでとっさに彼女は手桶をつかんで自分の頭に乗せた。 傘代わりのつもりだったが、トルコ帽的に乗っかっているだけなので、まったく意味をなさないのだった。

2014/01/09

次女系ツイートまとめ

2009年10月7日から始め、1,556日に及ぶTwitter生活。

読み返してみると、アレコレつぶやいているんだよなあ自分。 ということで、つぶやき一発目から昨年12月末までのツイートを読み返し、気になったところをジャンル別にまとめて記事にする、という活動を開始する。

そしてこれ以降は、年単位でまとめていけば、自分の為になるかなあと。 ではまず、次女に関するツイートのまとめ全2703字。

次女

中元に貰ったコーヒーボトルを「開けてー」と娘が持ってきたから、なにコーヒーに目覚めたのかと思いきや、単に替えキャップに付け替えてみたかっただけのごたる。

昼寝から覚めたら右腕がシールだらけだった。 次女のシワザ。

次女が公園行こう!というので、この寒い中やむなく連れてったら喜ぶどころか、抱っこされたままサナギみたいに固まって降りようともしないのでそのまま帰った。

おっぱいのんだ後の次女を縦だっこしている際まれに飛び出す「ケホッ」というゲップが今ツボ。

食器棚前が次女の遊び場になってしまった。 食器を一枚ずつ出し入れして遊ぶ。 以外や以外、割ってしまったりとかしないがでも目ははなせない。

「お姉さん!」と声をかけると必ず振り向く次女一歳。

1歳になった次女がやたら「パパ、パパ」と呼んでくれるので、ついにオイの時代が来たなと思っていたら、誰かを呼ぶときは全部「パパ」ということが先ほど判明した。 ママでもパパ。 兄姉もパパ。 知らない人にもパパ。 そしてパパにもパパ。

(more…)

2013/12/23

たぶん当たり

「おにぎりつくって!」

と、夕食の仕込みをしていたら次女は駆けてきた。 ここんとこよくある光景で、三度の食事はしっかり摂るものの、小腹が空くらしい。

小ぶりな三角おにぎりをこしらえる。 「塩味で海苔巻いて。 梅干しはいらない」とオーダーを受けているのでその通りにやる。

できあがるのを横でじっと待っているので、時折おにぎりをポイッと宙に投げながら握るとニカリと笑う。 小皿におにぎりを乗せて、はいできあがり。

それを受け取りながら、突如彼女は「さっきのアレ当たりだったよね?」と聞いてきた。 何の事かサッパリ分からなかったが、ひとまず「ああアレね、当たりだった!」と答えたところ、

当たりだったの?」と今度は真剣な眼差しを投げかけてきたのでドキリとしながらも「ていうか何の事?」と聞いてみようかとも考えたが、やめておいた。

「うん、あれは当たりだった!」

一体何の事なんだろう?

1 / 212

マーク中

ぷちぐる本

最近の記事

2017年10月10日 new!!

ダァー文

ひとたびサイト運営者

続きを読む

ポケモンGoプラス 2017年10月9日 new!!

【不具合】 Pokemon GO Plus 【悪化中】

第一ジムの扱いも不満

続きを読む

2017年10月8日 new!!

たぶん何かの味方で

たぶんギターケースと

続きを読む

2017年10月5日 new!!

Prime Reading 到来

しみじみKindle

続きを読む

2017年10月4日 new!!

あっぷる収録記:その5

キャベツの汁気をしっ

続きを読む

人気記事

月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
ツイッター
ぷちぐるレシピ
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ