メニュー

2018/06/27 酒肴

インドネシアの誇る発酵食:テンペ【焼くと旨い】

焼いたテンペ

「テンペって知ってます?」

リハーサル中こう声をかけられたて、聞き覚えのない単語に耳がムズムズした。 「何ですテンペって?」

(more…)

2018/05/21 酒肴

山賊焼きとは一体

山賊焼き

山賊焼きをご存知だろうか。

どの店にも置いてあるほどメジャーではないが、「山賊焼き」の文字を見たことがある人は結構居るのではなかろうか。

(more…)

2018/01/06 酒肴

アミの塩辛の真実

アミの塩辛ごはん

アミの塩辛は誤解されている。

キムチの漬け材料としては有用であるけれど、ひとつの食品としては低く見られている。

理由は簡単で、そのまま食べても塩辛いだけで美味しさがないからである。

でもそれは、間違っている。

(more…)

2017/12/07 酒肴

地鶏の王様:名古屋コーチン

名古屋コーチン

コーチンのモモ肉

地鶏にしてはガリガリ固くない優しい食感の鶏」というおぼろげなイメージしか持っていなかった名古屋コーチンの各部位を堪能する機会に行き当たった。 まずはモモ肉。 目の前に一枚広げると、並の鶏より二回りほど小ぶりである。

唐揚げ、鍋、焼き鳥など様々な調理法が頭をよぎるところ、やはりコーチン本来の味を知るにはレアを楽しむ鶏のタタキである。

(more…)

2016/02/22 酒肴

うなぎのカブト

新宿カブト:蒸したウナギの頭

小雨したたる思い出横丁を、外国人観光客の間を縫ってたどり着いたのが、カブトだった。 うなぎ一筋68年まっしぐらな大衆酒場である。

夕刻早い時間だったので席につけたのが幸い。 座るやいなや「どうします、一通りいきます?」とカウンター越しに声をかけられたので、そうした。

(more…)

2015/02/07 おかず酒肴

とろろとおぼろ

左がおぼろで右がとろろ昆布

「モシャモシャ」

というのはウチでのとろろ昆布の呼び方で、言い出したのは一番の消費者、次女である。 ガチャポンカプセル大のおにぎりをこしらえ、皿に乗せて差し出したら自らモシャモシャをまぶしはじめる。

(more…)

2014/12/30 酒肴

FARM SUZUKIの牡蠣

FARM SUZUKI 牡蠣

牡蠣を送ってくれたのは、広島の友人だった。

この夏ふたりで某所のオイスターバーを訪ねた折、連日満員なのにたまたま空きがあったので入ったところ、これがまためっぽう牡蠣は旨かったのだが、店の対応がデタラメで、すごい不愉快な思いをしながら逃げ帰った事があった。

「一押しの牡蠣なんで、ウチでマッタリつまんでね」とのメモ書き。

(more…)

2014/11/23 酒肴

レンコダイ

レンコダイ

魚屋で、青葉の上に一枚ずつ丁寧に並べられた、レンコダイが美しかった。

(more…)

2014/04/28 酒肴

菅藻(すがも)

菅藻

これは菅藻(すがも)という海藻を乾燥させたもの。

はじめて口にしたところ、天日干してある分板わかめみたいに濃縮された海の香がし、良き酒肴となる。

そのままつまんでも良いし、軽く炙ると風味を増す。 ご飯にも良し。 福井県鮎川産。

2014/03/16 酒肴

板わかめ

板ワカメ

最近喰ったもんの中で、何か一番旨かったかというと、板わかめ

(more…)

1 / 1612345...最後 »

マーク中

ぷちぐる本

最近の記事

2018年8月16日 new!!

おーい、夏~

思えば少年時代の思い

続きを読む

2018年8月8日 new!!

チョーコーさんからやんごとなきお出汁が出るぜ

チョーコーさんの新商

続きを読む

人気記事

月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
ツイッター
ぷちぐるレシピ
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ