メニュー

2014/05/10 衣類

穴あきデニムの補正

日々「味出し中」のデニムWAYKEE 0807Rは、履き始めてから一年が経過した。 大分いい感じにくたびれてきたところで思わぬ問題が。

決してほころんではならん部分の縦糸が切れてしまったのだ。 場所は右臀部。 他の場所ならばまだしも、ここに穴が空いたら格好悪い。

WAYKEE 0807Rの穴

原因はもちろんオイにあり、飲みながらサンドペーパーでアチコチ摩りまくっていたところ、ついエスカレートしてしまったのだった・・・。 そこで履くのを止めて、ダメージが小さいうちにリペアをと、長崎市内の補正してくれる所を探した。

見つかったのが、長崎アミュプラザ1階のリフォームブティック。 デニムを持参しワケを話すと、ウンウンと熱心に事情を聞いてくれるおばさん。

「結論からいうと、まったく目立たなくするのは難しいねえ・・・裏からデニム地を当てがって、周りと似た色の糸で、細かく縫うしか方法はないでしょうねえ」と告げられた。

履けなくなるのも淋しいもんだし、お願いするしかない。 代金は1080円先払い。 伝票に連絡先等書いて、1週間したら受け取る約束。

で、戻ってきたのがこれ。

(more…)

2013/12/17 衣類

ニューバランス M576(CH)

M576CH

スニーカーは白しか履かないように決心したのは今年の夏だった。 理由は年をとり、清潔感を醸し出すことが重要になってきた気がしたからだ。

が、この冬早くもその決意は崩れた。 理由はこの季節、白いスニーカーが浮いてしまう事が多いからだった。 そこで色付のものを物色していて入手したのが、ニューバランス576。

(more…)

2013/04/06 衣類

Diesel WAYKEE 0807R

diesel-d.jpg (more…)

2011/04/28 衣類

グラミチパンツ

1982年、カリフォルニアでグラミチ(Gramicci)は生まれた。 創設者はマイク・グラハム。  自身ロッククライマーであり、当時のクライミングウェアに満足できなかった彼は、自らの欲する機能を持つウェアを作り出したのだった。

代表アイテムであるグラミチパンツの特徴は、ガゼットクロッチとよばれる股下の特徴的な縫製にある。 これにより、180度足を開いたとしても、生地がつっぱらずにスムーズな動きができる。 これはロッククライミングシーンにおいて、とても重要な事柄だ。

さらにウエスト部にはWebbingベルトが取り付けられており、片手で自由に締め付けを調整できる。 まさにロッククライミングのために生み出されたのが、グラミチパンツなのである。

(more…)

2011/03/01 衣類

ビンテージ・ジーンズ

ビンテージ・デニム

501XXビッグE赤耳、505、503、517・・・lot213、ファースト、セカンド、サード・・・ウエスターナ・・・・・・これ以上思い出せない。

10年以上も前になろうか、ヴィンテージジーンズにハマっていた時期があった。 美しいインディゴの色合い、縦落ちに魅せられた。 古着屋をめぐり、掘り出し物に出会えないかと血眼で捜した。 旅をしたこともあった。 でも掘り出し物なんてものはなく、それなりのものは、その価値に見合った値段がつけられていたもんだ。 せっせと金を貯めては、つぎ込んでいた。

鬼のような蒐集家に出くわした事もある。 ワーゲンのベンツマスク(だったかな)に乗り、家中ビンテージデニムだらけ、風呂上りにデッドストックのセカンドとXXを着込んで散歩するような人だった。 スウォッチで一部屋が潰れていて「カチカチカチ」という音がうるさく寝られないと嘆いておられた。

(more…)

2010/03/05 衣類

Health knitのヘンリーネックT

ヘルスニットヘンリーTを愛用してもう10年ばかりになる。

ヘンリーネックのTシャツは、ハマってしまうとなかなか普通のクルーネックに戻れなくなる。 開いた胸元が楽だしなんかイイのだ。

(more…)

2008/11/22 物欲衣類

ラグビーシャツのバーバリアン(BARBARIAN)

barbarian

10年ばかり着用してついに朽ち果てた。 あの頑丈な脇下がほつれてきて、長袖はすでに短くカットオフしていた。 ゴム製のボタンはひとつ飛び、すっかり色あせてしまった。 ついに別れの時がやってきた。 タグだけ切り取って、雑巾にして、捨てた。 別にラグビーをやっていたわけではないが、とにかくすばらしいラグビーシャツだ。

BARBARIAN

  • ブリティッシュコロンビア州で1981年に創業
  • 北米最大のラグビーシャツメーカー
  • 公式サイトhttp://www.barbarian.com

2006/11/22 衣類

スーツ

背広の語源

ロンドンの老舗テーラー街、サビルロウともいわれる。

スーツのボタン

スーツの上着の袖についているボタン。 あれをつけさせたのは、なんと、ナポレオンなのだそうだ。

しかもその理由というのが、兵士が軍服の袖口で鼻水を拭くのをやめさせようとして、らしい。

丸谷才一著 軽いつづらより

ネクタイの起源

17世紀、クロアチアの兵士が首に巻いたスカーフがネクタイの起源。 ちなみに日本人で最初にネクタイをしめたのはジョン万次郎だと言われている。

大正時代から普及した。

麻生太郎、服装への気配り

ズボンの裾に鉛を入れて、足をスラッと見せる工夫をしているらしい。

前後の投稿


マーク中

ぷちぐる本

最近の記事

タキギヤの仕事 2017年3月30日 new!!

店も水物

「ないんですぅー、ウ

続きを読む

当たられ屋である 2017年3月20日 new!!

当たられ屋

ホロ酔い気分の3人は

続きを読む

清ちゃんの餃子 2017年3月18日 new!!

餃子の清ちゃん

メニューはビールと餃

続きを読む

SEOとは 2017年3月16日 new!!

SEOとは何なのか

「アフィリエイトで月

続きを読む

人気記事

月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
ツイッター
ぷちぐるレシピ
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ