メニュー

美味かもん雑記帳 > ニュース > 国産ワインに新ルール
2018/02/05 ニュース

国産ワインに新ルール

長崎はたぶん、今日が今年で一番寒い。 ヒーターガンガンつけているのに指がかじかんで、キーボードが叩けない…。

一方暦の上では昨日2月4日、立春だった。 埼玉の酒造会社では新酒の出荷作業が行われたという。

酒といえば、NHKのニュースに気になる見出しが。

「日本ワイン」 表示ルール厳格に 10月から

今年の10月から、国内で作られるワインの表示ルールが大きく変わる。

新しいルール

  • 国産のぶどうだけを使ったものに限って「日本ワイン」と表示できる
  • 産地表示にはその地域で収穫したぶどうを85%以上使った上、同地域の醸造施設で製造することが求められる

など。

これまでは国が定めるルールはなかった。

国内の醸造施設で作られていれば、輸入したぶどうの果汁を使ったものでも「国産ワイン」と呼ばれてきた。

別の地域で収穫されたぶどうを原料に使っていても、醸造施設のある地名をブランドとして使うケースもあった。

まさに浜名湖を一日泳がせれば「浜名湖産うなぎ」となるようなものか。

新ルールでワインを増産するには、今の国産ぶどうの生産量では賄いきれないため、ぶどうの確保が課題となる。 このため大手ワインメーカーは、国内でのぶどうの栽培に乗り出している。

「アサヒビール」は北海道に4ヘクタールの農地を購入し、春からぶどうの栽培を始める予定。

キリンビール傘下の「メルシャン」は、2027年までに自社で管理するぶどう畑を今の2倍に増やす計画がある。

「サントリー」も2022年までにぶどう畑を今の2倍に増やす。

消える産地呼称ワイン

山形県で大正9年創業の老舗「タケダワイナリー」では、半世紀近くもの間愛されたワイン「蔵王スター」の販売を終了すると発表。 年間10万本を出荷していたが、新表示ルールにより「蔵王」という名称が使えなるからだ。

地元のぶどう畑だけでは必要量を確保できないため、隣接市のからも原料を取り寄せて造っていたそうで。

以上2月3日付NHK NEWS WEBより(リンクは記事がすぐ消滅する為行なっていない)


ワインも好きでよく飲むが、国産ワインの印象は個人的にはあまり良くない。 理由は、どれを飲んでみても、個性に乏しく風味が優しすぎるからだ。 今回のルールによって、世界に誇れる国産ワインの爆誕を祈る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

山賊焼き 2018年5月21日 new!!

山賊焼きとは一体

どこかの名物になっている気配も

続きを読む

2018年5月20日 new!!

スルーする事

成果を得たいのならばまず種まき

続きを読む

2018年5月17日 new!!

開けCドライブ

SSDもっと安くなってくんない

続きを読む

カミキリムシの幼虫により開けられた木の穴 2018年5月17日 new!!

穴と虫の序章

昔は結構好きだったけどね。

続きを読む

羽ばたけ、次女よ! 2018年5月15日 new!!

カメレオン

背景色も選べるようにしてよね…

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ