メニュー

美味かもん雑記帳 > 雑記 > キセルの雨が降るようで
2017/11/15 雑記

キセルの雨が降るようで

酉の市が開かれているというので浅草の鷲神社に行ってきた。

毎年行かれている方の話によると、日中は大混雑しているから夜に行くよう勧められたのでそうした(特に一の酉)。

近場で飲みながら時を待ち、23時になったところでいざ大門をくぐり神社まで、その道中の陽気な事。

参道にはずらりと屋台が並んでおり、多くの人が行き交っていた。 腹ごしらえは済ませたばかりなのについ、イカ焼きの匂いにつられて足が勝手にそちらへ向かう。 右手にイカ、左にビールを持ちながら歩く。

金魚すくいに多くの子供たちが挑戦している。 なかなかみんなすくえない様子。 ボーッと立って見ていたところ、ウズウズしてきていざ参戦する事に。

金魚すくいなんて何年ぶりだろうか。 少年時代幾度となく磨いた技を、体は覚えているだろうか。 左手に椀、右手にポイを受け取り、金魚を物色する。

この店のポイはモナカ製でなく紙だ。 むしろこのほうがやりやすい。 水に沈めて動きの単調な個体を追う。 水中でポイを垂直移動させてはいけない、水平に動かすのがコツだ。 金魚の向かう先にポイを伴走させながら、椀はその先で待ち構えていなければならない。

「ポイッ」

無事椀の中へ黒い出目金は落ちた。 次はこの赤いのをと狙いを定めたところで的屋の主人は「ガシャガシャ!」と水を混ぜた。 瞬間金魚たちは活発に動きまわるようになり、一気に難易度が増した。 これぞ商売人熟練の技(妨害とも)で「そう易々とすくわれ続けては上がったりだテヤンデイ作戦」という。

その中でも赤金をすくいあげて椀へいざなったところなんと、椀を超えたむこう側へポイってしまい、元の水中へ金魚は落ちた。 このミスで焦りが生まれて三投目にはあえなく失敗、店を後にした。 ゲットした金魚は歩いている子供にあげた。

亀すくいに射的と、つい寄り道したくなる遊戯にあふれる中ヨロヨロ歩いていると、赤い提灯が見えてきて、もしやこれは夢なのではなかろうかとも思えてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

娘の生チョコ 2018年2月18日 new!!

14日のラプソディー

生チョコは正義。

続きを読む

2018年2月17日 new!!

シャンプー・ハット

とつとつと着実に、一歩ずつ歩ん

続きを読む

2018年2月15日 new!!

さらこう

頭もクリアになってくる。

続きを読む

風天 渥美清のうた 2018年2月14日 new!!

とらのうた

大晦日にひとりでいる事を詠んだ

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ