メニュー

2017/09/27 雑記

バック!

motomompo

他県から車で長崎に来た人からよく言われるのが「運転しにくい」という件だ。

田舎の道は狭い。 せっせと進んだら行き止まりだったとか、離合できないとか、そういう事がひんぱんに起こる。

運転しづらいのは地元民も同じだ。

先日、はじめて走る山道をハラハラしながら登っていた。 「これ道合ってんの?」と、ついナビの事すら疑ってしまうほど険しい細道である…脱輪したらアウトだなこりゃ…向こうから軽トラックが来た。

先方には離合ポイントがあったので、もちろん下がってこちらを通してくれるものだと思いきや、グングン突っ込んで目の前までやってきた。 乗っているのは70代の男性である。

こっちが下がろうにも曲がりくねった道でキケンだし、向こうには3メートル下がれば離合するための空き地がある。 どう考えても下がってくれなきゃおかしいのに、断固としてそれを拒んでくる男性。

ウインドウを開けて「こっち大変なんで下がってください」と伝えても「そっちが下がれ」の一本張り。 車を降りて抗議しに行こうかなとも考えたが、それも時間のムダである。 そこでガンバってはるか下の離合エリアまで下がる事にした。

でもこのまま折れるのも釈然としないから、男性に後を見てもらうようお願いした。 するとまさかの、車を降りてきて「オーライオーライ」と指示してくれるではないか!

自分が下がれば5秒で済む話を何を考えているのか、下がったら爆発でもする軽トラックなのだろうか。 さておき3分ほどかけて50メートルほど下がりに下がった。 男性はその後また道を歩いて登って行き、しばらくして軽トラックで降りてきた。 すれ違いざまに「ププ」とクラクションするのでこちらも「ピピ」と応答した。

ガンコていうかなんちゅうか……「この坂でバックをすると来世でノミになる」等何か言い伝えがあるのかもしれん。

トランスポーター

夕暮れ。 一車線の下り道を運転していたら、前から個人タクシーがやってきた。 こちらが離合したほうが楽みたいだったからそうしようとしたら「プッ」とタクシーのクラクションが鳴った。 見れば運転手はこちらに掌を見せ「まかせな!」とばかりにスルスル下がって通してくれた。 クランクをものの見事、レールにでも乗せた車のよう華麗にバックしていった。 まさにプロ・ドライヴァである。

バーック!

田んぼ道を運転していたら、前から軽トラックがやってきた。 どうしてだろう、運転していて軽トラを見ると額にじっとり汗がわく。

路肩がほぼ無い十字路続きの道はできればバックを避けたいもの。 どうしてこんな細道に入ってきたのかというと、我らヒミツのメダカ採集ポイントがあるからである。

軽トラの50代菅原文太似の運転手と目があった。 ノドがごくりと鳴る。 次の瞬間、彼は破顔するやいなや、何十メートルも、おそらく時速40キロほどで、あれよと言う間にバックしてゆき点となった。 なんであそこまで下がってくれたのだろうか。

私は向こうまで行く必要がない。 たぶんクラクションも聞こえないキョリだろう。 軽トラから降りて何かをする様子もなくただずっと、前をこちらに向けたまま止まりつくす白い車体。 ヘッドライトでチカチカ二回サインを送ると、氏は窓から手を出しそれに応えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2018年4月22日 new!!

切れてない

二人とも手入れが楽だと喜んでい

続きを読む

2018年4月21日 new!!

Afternoon reader

良い天気だと、素直に嬉しくなっ

続きを読む

義侠飲み比べ 2018年4月20日 new!!

自由すぎる酒屋

もう少し距離を縮めたいところで

続きを読む

江木の赤てん 2018年4月19日 new!!

江木の赤てん

値段もお手頃で良い。

続きを読む

2018年4月18日 new!!

赤子が成人する時間

ここでもまた、感謝ですな。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ