メニュー

美味かもん雑記帳 > 雑記 > 運動童子観
2017/08/08 雑記

運動童子観

「今日から世界陸上始まるよ」

教えてくれたのは次男だった。 夏の楽しみ(奇数年)をウッカリ忘れてしまうほど、忙しさにヤラれていた自分がザンネンだ。

「録画しなきゃ!」

と言えば、すでに息子が一週間先まで予約をしてくれていた。 今や歴としたスポーツオタクである。

ボルトの試合もハシリ幅跳びも、全部今日どの競技が行われるのかも把握している。

100m決勝。

ボルトの表情が、予選からしてやや曇っているような気がしたのは私だけだろうか。 時折見せる他の選手との談笑や、マスコットキャラへのカラミ等、これまで見たことないようなシーンが見えて、もしかすると彼自身が一番分かっていたのかな、と感じた。

ガトリンは素晴らしかった。 ただ、決勝への入場からゴール、あげくは表彰式までもブーイングが起きていたのはなんでだろうと検索したら、ああそういえば、ドーピング問題あったよなと思い出した。

一度不正をしたらもう、以降は白い目で見続ける層がいるという事だろう。 忍者みたいに早いコールマンを刺して一位になるほどの35歳だから、努力はもちろんの事、精神力も相当なものだったろう。

一位が決まった瞬間の彼は、飛び上がって喜ぶでもなく、なにか悪い事をしたのを見つかったように、眉間にシワを寄せて「シーッ」という仕草をした。 その後座り込んで流したアクのとれた涙には、いくつもの意味が込められていたのだろう。

ファラーに関しては、最後の一瞬、コーナーを回る時にフラついたりしており、もしかしてこのまま負けてしまうのかと思いきやあのラストスパートである、恐ろしい。 10キロに渡る、精神戦はきっと、肉弾戦よりも過酷に違いない。

そういえば投擲競技を見てもワクワクしなくなったのは、やはり室伏さんがいないからだろう。 氏の投げるハンマーの行方を見ていると、暑さも吹き飛ぶ勢いであり、よくテレビの前で一緒に吠えたものだった。 次なるスターの誕生を願う。

もうしばらくは、夏の風物詩として選手たちの活躍を肴に、良い酒を呑めることがこの上ない幸せである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

江木の赤てん 2018年4月19日 new!!

江木の赤てん

値段もお手頃で良い。

続きを読む

2018年4月18日 new!!

赤子が成人する時間

ここでもまた、感謝ですな。

続きを読む

2018年4月16日 new!!

ピタリ

愛読書とかもすんなり特定できそ

続きを読む

人形町 ひょっとこの突出し 2018年4月15日 new!!

やきとんの聖地 人形町 ひょっとこ

とにかく酒飲みは一生のうち一度

続きを読む

長崎魚市水産食堂 日替わり定食 2018年3月31日 new!!

ザ・談会

正直カッコ良かった。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ