メニュー

美味かもん雑記帳 > 物欲 > 品々 > 備前焼で酒が旨くなる
2017/06/03 品々

備前焼で酒が旨くなる

備前焼 夢幻庵

まだ日も落ちないうちから今宵の宴会を企てるのは楽しい。

出席者の年齢、好みに合わせた店選びにはもちろん自分の主観も大いに入れる。 「あの人肉が好きだって言ってたなそういえば、じゃあ牛タンでも喰うか、あそこの地下街に仙台の店あったっけ」といった具合。

意外にすんなり店選びが終わったらあとは予約するだけ。 ところがいくら電話を入れてもいっこうに出る気配がない。 もちろん今日は営業日のハズだが出ない、いくらかけても出ない。 そこで仕方なく次の店選びをはじめる。

日本酒の豊富な店を探し出した。 予約の電話を入れたら「何名様でのご予約ですか?」と聞くので8人だと伝えたら「ちょっとその人数では無理です」と断られた(じゃあ何人ならば良いんだ)。

よく考えたら日曜なんだよな今日。

営業している店が極端に少ないのだ。 かりにやってたとしても、チェーン店であったり、わざわざ行くまでの店でもなかったりと決めあぐねてしまう。

そこで皆に提案したのが家呑みだった。 各自酒や肴は持ち寄って、ガヤガヤつッ突き合う宴会だ。 驚くほど低コストで、極めて高品質な肴と酒に囲まれた。

安くつきすぎたから、買い物途中で酒器を物色した。 そして備前焼に目が釘付けとなった。

ザラリとしたまるで、固めた砂のような荒い手触りも、ひとたび酒を注げば艶めかしく光り、溶岩のごとく赤い焼き色は口をつけるのもためらわれる美しさだ。

皆に「貸して」とせがまれもしたが、ことごとくお断りさせていただいた次第。

備前焼 ぐい呑み

備前焼

千年の伝統を持つ備前焼。 釉を使わず1300度の高温で何日も焼き続ける。 土と炎が生み出す景色には胡麻、桟切、窯変等が知られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

2018年6月21日 new!!

フル・スゥイート

飲み屋の帰りにバーで飲んでいた

続きを読む

2018年6月19日 new!!

”地震ともぐら”の経験に基づく関係性

今でもありありとあの日の光景が

続きを読む

ブランデーと私 2018年6月17日 new!!

ネムの木

もう行かないかな。

続きを読む

2018年6月14日 new!!

あっぷる収録記:その12

来月は二品作ります。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ