メニュー

美味かもん雑記帳 > 雑記 > ぷちぐるボツレシピ集
2016/07/05 雑記

ぷちぐるボツレシピ集

ぷちぐる、というレシピサイトを運営して今年で11年目になります、早いもんです。

こう長い事やってると「ひー、使い物になんねぇなこれ」というレシピがじりじり積もっていくんですよね・・・。 以下その一部をご覧ください。

ギョコツ

ギョコツ

トンコツ、という鹿児島が誇る郷土料理があります。 それをブリ大根のように、魚のアラで仕込んでみても旨いのではなかろうか!? と興奮してつい実験してみたんです。

ボツなワケ

失敗、というかなんつーか、単なる魚の煮付けになっちゃいまして・・・旨いこた旨いですよ。 でもただ、焼酎をサブサブ用いる必然性が、皆無だったのです。

ペコロス

ペコロス

だって可愛らしいじゃないですかペコロスってコロコロ。 これを、タマネギのローストみたいに焼いたら、さぞつまみよかろうなあ!

と仕込んでみたんです。 焼き上がりには、味噌玉をくずしながら塗りつけてフフフ・・・とほくそ笑んでいたところ・・・

ボツなワケ

イメージと違うんです。 もっとなんちゅうかこう、オーブン焼きしたら、表面に美しい焦げ目がつくハズだったんです。 でも! 焼けば焼くほどに、外側はなんともないのに中身がシワシワになっちゃいまして・・・写真撮ってはみたものの、格好悪くてですね・・・味もいたってフツーであり、まったくもって丸ごと焼く必要は無かった、というワケです。

梅ゴーヤ

梅ゴーヤ

ちょうど梅干を仕込んでいる最中でして。 前年仕込んだ分の梅酢がたんまり残っていたので、これをどうにか有効活用しようと編み出したのが本作! だったんですけどねえ・・・。 ゴーヤのタネを抜いて切り分けて、梅酢に浸して砂糖を少々、しばし寝かす。 とやってみたんです。

ボツなワケ

想像では、ゴーヤの苦み、梅酢の酸味、砂糖の甘味、つまり苦酢甘が三位一体となって摩訶不思議な風味が生まれる、というのを期待していたんですけどね、梅酢が強烈すぎて、あのゴーヤのニガミですら負けちゃったんです。 旨いのは旨いんですよ。 でも別に、ゴーヤである必然性が、まったくなかったというワケです。


以上です。 ぷちぐるレシピは、こうした無数のボツネタの骸の上にそびえる、いわば我が子みたいに可愛い品々ばかりです。 皆様のお役にたてるレシピサイトを目指しながら、11年目も精進を続けてまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

江木の赤てん 2018年4月19日 new!!

江木の赤てん

値段もお手頃で良い。

続きを読む

2018年4月18日 new!!

赤子が成人する時間

ここでもまた、感謝ですな。

続きを読む

2018年4月16日 new!!

ピタリ

愛読書とかもすんなり特定できそ

続きを読む

人形町 ひょっとこの突出し 2018年4月15日 new!!

やきとんの聖地 人形町 ひょっとこ

とにかく酒飲みは一生のうち一度

続きを読む

長崎魚市水産食堂 日替わり定食 2018年3月31日 new!!

ザ・談会

正直カッコ良かった。

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ