メニュー

美味かもん雑記帳 > 物欲 > 品々 > 萩焼で酒が旨くなる
2016/06/09 品々

萩焼で酒が旨くなる

萩焼のぐい飲み

三代続く、竹職人さんの手があまりにも魅力的だったので、会話をしながら凝視してたんです。 そしたらご本人が「見てるだけじゃわかりませんよ。 さ、握手しましょう!」と言われたので「シメタ!」とばかり勇んで手を差し出しましてね。

そうですねえ「人の手」を握っているというよりも「イセエビ」をつかんでいる感覚に近かったですね。 普通だと、そこに突起なぞあるはずのない部分がゴツゴツ隆起したつまりタコになっており、すぐさま握手を解いて、手のひらを両手でつかんでしげしげ観察させていただいたのでした。

この無骨な手が生み出す繊細な竹細工・・・作品だけでなく、作り手さんと合わせて鑑賞すると、感動は三倍になります。

さてその足で、てどの足だ! となりますよね急に言われても。 伝統工芸展に行ってたんですよね。 そしたらもう観たいものばかりで一日では回りきれずに途方にくれたというワケでして。

もちろん買い物もしましたよ、竹細工の櫛に真珠、そして自分用にはやっぱり酒器です、 この無骨な萩焼のぐい飲みには惚れましたね。

頃良い大きさ、野趣あふれる釉ヒビ。 使うのがもったいないくらいですが、萩焼の大きな特徴に、使っているうち刻々と変化してゆく肌質があります。

これなんざ言ってみればまだ未完成品であり、「萩の七化け」を堪能するためには使いまくらにゃなりません。 呑んで旨し、見て愛しな萩焼なのでした。

萩焼で呑む

萩焼とは

古くから陶芸のさかんだった山口萩に、今日の萩焼が誕生したのは慶長十年といわれます。

萩焼の良さは、吸水性です。 それは地土のあまさに由来しますが、これが使い続けるうちに萩の七変化を生み出す基となります。 表面釉薬のヒビ(貫入)に茶渋が入り、得も言われぬ表情が生まれるというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

味見 2017年5月22日 new!!

味見の流儀

どういう事なのだろうか。 味見

続きを読む

孫悟空 2017年5月19日 new!!

1000RT考

あれよという間に1000RTを

続きを読む

檀一雄 2017年5月18日 new!!

檀はじまる

いわば米無しパエリアのツァルツ

続きを読む

ハンドスピナー 2017年5月16日 new!!

心鎮まるハンドスピナー

はずして内部を覗いたところ、ベ

続きを読む

てんとうむし 2017年5月16日 new!!

今朝の目覚め

指にテントウムシをつかまらせる

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ