メニュー

美味かもん雑記帳 > 雑記 > 梅雨干し対策
2015/06/11 雑記

梅雨干し対策

there is a shower

そもそも家事が好きなんだと思う。

料理は無論洗濯も、食器洗いもてんで苦にならない。 むしろその片付いていく様を体感するのが楽しいわけで・・・はっきり言って女子力はカミさんよりも高い。

ところがニガテな面もあり、たとえば雨の日の洗濯ほど燃えないものはない。 気持ちよく干せないからである。 洗濯物は、晴れ晴れとした中いっせいに干すから楽しいワケで、室内に干したところで生乾きになるし、太陽の匂いはしないし、ちっともつまらない。

かといって放棄できないのがつまり日々の家事であり、梅雨時期ともなれば毎日大量の洗濯ものを、憂鬱になりながらチマチマ干し続けるわけで・・・翌日になっても半乾きなのに、次々と洗い物の山はそびえ・・・つまらない。

と思っていたところフと、空き部屋を乾燥部屋にしてみようと思いついてしまったわけで、こうれば試してみなきゃおさまらんので即実行。

まずは部屋に物干し竿を二本かけた。 次に余っている扇風機と、使わなくなったサーキュレーターを物置からひっぱり出して、各二基ずつ据えた。 除湿機も一台設置。 そしていっせいに洗濯物を広げ、風をビュンビュン当てた。

その様子をしばし眺めてからドアを閉める。 バスタオルは風でなびいていたし、思いのほか乾きがよいのかも?という期待がこみあげる。

三時間後。 ドアを開き、乾き具合を確かめてみるも、ちっとも乾いてない・・・・・・。 予想ではバスタオルなんてもう、ほぼパリッとしてる姿を思い描いていたのだが、まったくもって濡れている。

太陽の偉大さ、そよ風のさりげなさに、心打ち砕かれ生乾きだらけの部屋に座り込んだ。 しばしボー然としたところで、次のアイデアが浮かんだ。

扇風機の風そのものを洗濯物に当て続けても、ほとんど乾いていないのだから、風が直に当たっている事に関しては無意味に等しい。

そこで部屋全体を、巨大な乾燥機と見立てる発想が降りてきた。 部屋の四隅に扇風機とサーキュレーターを置き、洗濯物に風を当てるのではなく、その四台で、風をそれぞれリレーする、つまり扇風機1は扇風機2を向いており、扇風機2はサーキュレーター1を向く、そしてサーキュレーター1は2を向いて、その2は最後に扇風機1に向ける。 部屋の四隅を風が巡回するイメージ。 除湿機は部屋の真ん中に据えた。 洗濯物は、ピクリともなびかないところ、ドアを閉めて、三時間待つ。

ドアを開けた瞬間、効果がある事を感じられた。 まず室内の空気が乾いている。 そしてバスタオルを触るとオォ、だいぶ乾いている。 三時間では完全に乾ききらないが、風を直当てするよりも格段に乾きが良い。 なので今年の梅雨干し対策は、室内風リレー式で行こうぜ!

とカミさん伝えきる前に「コインランドリー行ってくるね♪」と洗濯物を抱え彼女は颯爽と駆けていったのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

味見 2017年5月22日 new!!

味見の流儀

どういう事なのだろうか。 味見

続きを読む

孫悟空 2017年5月19日 new!!

1000RT考

あれよという間に1000RTを

続きを読む

檀一雄 2017年5月18日 new!!

檀はじまる

いわば米無しパエリアのツァルツ

続きを読む

ハンドスピナー 2017年5月16日 new!!

心鎮まるハンドスピナー

はずして内部を覗いたところ、ベ

続きを読む

てんとうむし 2017年5月16日 new!!

今朝の目覚め

指にテントウムシをつかまらせる

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ