メニュー

美味かもん雑記帳 > 物欲 > > 100万回生きたねこ:4人の子を持つ親父が選ぶ一冊
2015/05/17

100万回生きたねこ:4人の子を持つ親父が選ぶ一冊

100万回生きたねこ

あるときは王様に飼われたネコとして、またあるときは船乗りのネコとして。  手品使いのネコ、女の子のネコ・・・。 死んで生まれ変わり、また死んでは生まれ変わり、そのネコは、100万回もそれを繰り返していた。

あるとき、ネコは誰のネコとしてでもなく、ノラネコとして生まれた。 立派なトラネコだったから、仲間のネコにもちやほやされていた。 「おれは100万回も死んだんだぜ!」 でもたった一匹、見向きもしてくれないネコがいた。 そして次第にそのネコのことが気になるようになっていった。


何度読んでも良い絵本。

子供に読み聞かせるというよりも、一人で静かに誰にも見られず読みたい絵本という感じ。 それぞれ子供たちに伝えてるのは、 あなた達が大人になり、家庭を持ってから、もう一度読み返してもらいたい、という事だ。

超有名な絵本だが、実は初めて読んだのはつい最近で、作者である佐野 洋子さんの訃報を耳にしてからだった。 2010年、72歳で逝去された。

絵本のデータ

  • 作者:作・絵 佐野 洋子
  • 出版社:講談社
  • 発行:1977年10月20日 第1刷 2011年2月14日 第102刷

子供がこの本を好きなところ

宙返りするところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2017年7月23日 new!!

痛ーっ

そういや春が来たのを喜んで自転

続きを読む

2017年7月20日 new!!

もうきたよ

異常気象はもう懲りた。 なんで

続きを読む

2017年7月19日 new!!

ぷちぐる12周年

13年目にむけてはりきってイク

続きを読む

2017年7月18日 new!!

レジ袋一枚だけください

エアーをワイフという所だろうか

続きを読む

2017年7月16日 new!!

ルルル伺い

ひと月に1足のスニーカーを履き

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ