メニュー

美味かもん雑記帳 > > > 牧のうどん
2013/09/07

牧のうどん

ある方に教えていただき初めて行ったのが「牧のうどん」。 福岡発祥のうどんチェーン店で、是非柔麺を食べてみてとの事だった。

入店して席に着き、注文札から好みのうどんを選んで印をつけるしくみ。 その際、うどんの固さが三段階選べるようになっているのだから面白い。 しかもうどんには普段コシばかりを求めがちなところ柔、中、固から茹で具合を選べというのだ。

せっかく教えていただいたので、柔らかめの素うどん(300円!)を注文した。

牧のうどん

すぐにうどんは運ばれてきた。 値段の割にはたいそうなボリュームで、卓上の刻みネギは好みで入れ、ツユが少なくなれば同じく卓上の小型ヤカンに入っているのを注ぎ足す仕組みになっている、いや食べる前から実に面白い。 しかも替え玉がある!

一気にすすればまず口当たりはボワンと柔らかいが、芯には心もちコシがあり、ちょっとこれまでに食べた事のない質感。 太めで長めの麺はしっかり味のついたツユとよくからんで良。

同行者はコロッケうどん(中麺)に豚キムチうどん(固麺)を注文したのだが、これは素うどんにしておいて正解だったなと納得。 さらにそれぞれ麺を少々拝借してススってみたところ、やっぱり柔麺が一番かな、と思いきやそれぞれの茹で加減に良さがあるわけで。

「このうどん、どうやって作ってんだろう????」と帰宅してからずっと悩んでいる最中なのである。

牧のうどん コロッケ 牧のうどん 豚キムチ

ぷちぐるうどんレシピ

“牧のうどん” への4件のフィードバック

  1. raku_dar より:

    長崎市の城山商店街に筑後うどんを出すお店があって、最初やわやわの麺に驚いたけど、出汁のきいたお汁にやわ麺がよくあってた。ごぼ天うどん、肉うどん。ああ、食べたい。

  2. ワイです より:

    はじめまして。いつも、拝見しております。

    また、僭越ながら、料理の参考にさせていただいております。

     さて、『牧のうどん』の麺についてですが、あれは、釜茹でした後に

    冷水等でしめたりせずに、そのまま丼に注ぎ分けて、ツユを注ぎ配膳され

    ています。そのため、食べる途中でも麺がツユを吸っていくために

    やかんのツユの追加が必要となるらしいです。

     拙い説明ですが、ご参考までにと思い書き込みさせていただきました。

     、

    • オイ より:

      え、水で洗わないわけなんですね、なるほどー。 その後いろいろ試してみたのですが、いまだあの質感は再現できません。
      教えていただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2017年12月13日 new!!

どうも・こうも

見習うべき部分が多々あった。

続きを読む

2017年12月11日 new!!

今日の雑感

サイバーなマンデイ アマゾンが

続きを読む

私の食物誌 池田弥三郎 2017年12月10日 new!!

私の食物誌 池田弥三郎

ミジンコさんありがとうございま

続きを読む

2017年12月9日 new!!

探検検索

ちなみに2009年はTwitt

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ