メニュー

美味かもん雑記帳 > 雑記 > タッチョーダイ
2012/09/04 雑記

タッチョーダイ

デパートの海産物売場でカラスミを物色していた時のこと。 贈り物にするのに型の良いのを探していたが、いかんせんカラスミであるがゆえサイズによって値段が違う。 大きいのもになればもう、手が出ない。 なんとか予算内で、型が良いものを・・・。

突如そこに現れたのは、買い物カゴを押しながら短パンにドクロのTシャツを着たおじさん。 悩みこんでいるオイをしり目に、さらりとカラスミを眺めてから「○◆×☆△■!」と言った。

「言った」と書いたが、何と言ったのかは分からなかった。 店員も同じようで、「はい?」と口に出したっきり、おじさんの動向をただ見守るばかり。

しばらくしておじさんはまた言葉を発した。 「タッチョーダイ」と聞こえた。 店員はまた「はい?」と返事したっきり、どうしてよいのか分からないでいる。

おじさんはまた言葉を発した。 今度はゆっくり「ゥタッチョーダイット」と。

「うたっちょーだい?」カラスミ選びの最中だったがおじさんが気になってそれどころではなくなった。

続けておじさんは「タッチョーダイ、タツ」と言いながら店員にピースサインをした。 ああ、なるほど、もしかして「たっちょーだい」って「二つちょうだい」って事?

恐る恐る店員が確認したところによると「たっちょーだい」はやはり「二つちょうだい」という事だった。 で、何を二つちょうだいなのかというと、長崎県産のボラ真子を使用した超形の良いからすみを、二つちょうだいと言っているのだ。

ひとつが4万ちょっとなので8万。 これを即決したのだおじさんは。 小さいのをひとつ買うのにウジウジ悩んでいた所度胆を抜かれてしまった。

さらにおじさんは、カラスミ以外にも気になるものがあるらしく、品物を指さしてはたっちょーだい、指さしてはたっちょーだいと、次々に二つずつ買い物をしてゆくのだった。

そりゃ店員も驚きを隠せない様子だが、あたかも冷静を装いながら、もはやおじさんの付き人みたいになり、他の客そっちのけで対応している。 そりゃそうだ。 そして、その店員が勧めるものを次々と躊躇なく「たっちょーだい」と二個ずつ買い物してゆくのだった。 すごいおじさんである。 今度何か二つ買う時があったら「たっちょーだい!」って言ってみよう。 ところでカラスミはまた今度、出直そう。

前後の投稿


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

石むすび 2017年6月27日 new!!

トゥーッス!

腕組みして自分の歯に関して記憶

続きを読む

車窓からの犬 2017年6月24日 new!!

ヒラゴマ案件

もはやガラスを割るしかないか、

続きを読む

american megatrend 2017年6月22日 new!!

American Megatrendsって何さ

なるほど熱くなったんだPCが。

続きを読む

雫 2017年6月21日 new!!

開・眼

手入れしているハズなのに欠けて

続きを読む

2017年6月19日 new!!

剃髭

幸運にも人の多さに対し被害者は

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ