メニュー

美味かもん雑記帳 > 物欲 > 衣類 > グラミチパンツ
2011/04/28 衣類

グラミチパンツ

1982年、カリフォルニアでグラミチ(Gramicci)は生まれた。 創設者はマイク・グラハム。  自身ロッククライマーであり、当時のクライミングウェアに満足できなかった彼は、自らの欲する機能を持つウェアを作り出したのだった。

代表アイテムであるグラミチパンツの特徴は、ガゼットクロッチとよばれる股下の特徴的な縫製にある。 これにより、180度足を開いたとしても、生地がつっぱらずにスムーズな動きができる。 これはロッククライミングシーンにおいて、とても重要な事柄だ。

さらにウエスト部にはWebbingベルトが取り付けられており、片手で自由に締め付けを調整できる。 まさにロッククライミングのために生み出されたのが、グラミチパンツなのである。

グラミチパンツを愛用しはじめて10年以上になる。 何もロッククライミングをしているわけではなく、「部屋着」として活用しているわけだ。 「オレは寝てても起きてもどこに行くにもグラミチパンツさ」と、ある有名ミュージシャンは絶賛したらしいが、まんざら大げさでもない。 着心地の良さが多くの人々を魅了し続けているのだろう。

スソにかけてテーパードしてゆく独特のラインには嫌味がない。 豊富な色のバリエーションにより、つい何本も揃えたくなってしまう。 夏になるとグラミチショーツも大活躍する。 ジャストサイズはMだが、シーンによりL、XLも愛用している。

それにしても、これほど人気があるアイテムなのに、なぜ類似商品がでてこないのだろうか。 定番的アイテムには必ずといってよいほど、瓜二つな真似事アイテムが存在する。

だがグラミチパンツに関しては、そんなのを見たことがない。 ガゼットクロッチの複雑な縫製が真似をしにくくさせているのか、グラミチが何か特殊な力を持っているからなのか、一体何なんだろう?

グラミチパンツ

個人的な雑感

  • 足を思いきり開いた際、股がほつれたことが何度かある。
  • 最近のは昔よりも色が落ちやすくなったような気がする。
  • 最近のはパンツラインが一定ではない気がする。 同サイズでもレングスの違い、すそ幅のちがい、腰周りのカッティングの違いを感じる。

“グラミチパンツ” への2件のフィードバック

  1. mashiro より:

    はじめまして。
    ぷちぐるもブログもお邪魔しては、「同感~」といつも頷いております、呑む・喰う・遊ぶがモットーの長崎在住38歳女性です。
    グラミチ、夫も好きです。
    連休は、車に自転車を乗っけて、岡山あたりまで遊びに行こうと思っていて、グラミチのパンツにレギンス・・と考えたようですが、今回のお買い物では巡り合わなかったようで・・。
    短パンなら夫とおもやい出来るかなぁ・・と狙ってて、「ちょっと小さめば買わんね」とアドバイスしております(笑)

  2. オイ より:

    mashiroさんはじめまして。
    自転車乗っけて岡山ですか、イーですねえ。 昨年同じようにして阿蘇まで行きましたよ。 大自然の中長ーい下り坂を下ってゆくのは爽快でした。
    「ちょっと小さめば買わんね」というところにmashiroさんのグラミチ熟練者っぷりを感じます。 今年はなにやら7分丈のパンツもでているようです。 そのうち購入してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

2017年7月23日 new!!

痛ーっ

そういや春が来たのを喜んで自転

続きを読む

2017年7月20日 new!!

もうきたよ

異常気象はもう懲りた。 なんで

続きを読む

2017年7月19日 new!!

ぷちぐる12周年

13年目にむけてはりきってイク

続きを読む

2017年7月18日 new!!

レジ袋一枚だけください

エアーをワイフという所だろうか

続きを読む

2017年7月16日 new!!

ルルル伺い

ひと月に1足のスニーカーを履き

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ