メニュー

美味かもん雑記帳 > > 菓子 > チロルチョコ
2011/03/30 菓子

チロルチョコ

あたりまっせ」というチョコレートが昔あった。

習字のときに使う「墨」のような長方形をしており、旨かったように記憶している。 あたりまっせには、その名の通り当たりがあり、当たったら、あたりまっせがもう一個もらえる。

一度、当たりまくったことがあった。 当たり券(だったかな)と交換したあたりまっせが、ことごとく当たりだったのだ。 たしか6回連続で当たりが出た。 今でもよく憶えている衝撃的な事件だった。

よく思い出せないが、直径10センチぐらいの、100円だったか50円だか10円かもしれない硬貨の形をしたチョコがあった。 それにも当たりがあり、券を何枚か集めてから封筒に入れ、メーカー宛に送ると1000円もらえる、というような話だったと記憶している。 これもかなりの確率で当たりがでたような気がする。

駄菓子屋でイロイロと買い物し、10円余るとチロルチョコか、フーセンガム。 消費税なんてなかったもので、よく10円余っていた。 チロルチョコが旨いから買うというよりも、10円だったから買っていたのだおそらく。 人に初めておごってもらったものは、たぶんチロルチョコだ。

コンビニで子供たちのおやつを選んでいたら、棚の一番下に、チロルチョコが並んでいた。 しばらくぶりに見るチロルは、なんだか少し大きくなっているように思えた。 値段は一個21円~。 種類が増えている。

なつかしくって、並べられている全種類を買った。 子供たちに「オイが子供の頃食べていたチョコなんだぞ」と説明し、一個ずつ渡した。 オイは昔ながらのものを選んだ。 一口かじると、昔と同じ味がした、ような気がするが、よく考えてみれば、チロルをそこまでして味わったことがないことに気づいた。 味は兎も角、現在も販売されていること自体が、とても嬉しい。

チロルチョコ数種

チロルチョコオフィシャルサイト

“チロルチョコ” への2件のフィードバック

  1. あくび より:

    1000円が当たるチョコ「めざせまるきん」だと思います。
    先日、会社でその話題になって、名前を覚えていた人がいました。
    さっき調べたらチロルチョコと同じ松尾製菓さんの商品だったみたいです。
    私も送って1000円もらえた口です。懐かしい。

  2. オイ より:

    ああ、めざせまるきん!確かにそういう名でしたね、一気に記憶がよみがえりました、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

おいしい写真撮ります

キラリと光る食べ物写真を撮ります 。 料理のプロだからこそ撮れる一枚を!

最近の記事

梅雨の雨 2018年7月23日 new!!

長崎大水害:当時の記憶をたどる

被災地という言葉は当時まだあま

続きを読む

土佐ジローの卵 2018年7月22日 new!!

土佐ジロー【黄身との遭遇】

あんなおじさんになれるだろうか

続きを読む

夕暮れ 2018年7月19日 new!!

ぷちぐる13周年

14年目にむけてはりきってイケ

続きを読む

LINEスタンプ 鯖 2018年7月15日 new!!

LINEスタンプ作ってみた:まずもって試作だけどね

次は地球の仲間たちスタンプを作

続きを読む

2018年7月14日 new!!

柳家小三治独演会@長崎

話の前にお手洗いと飲み物を用意

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ