メニュー

美味かもん雑記帳 > > > 杵の川「蔵開き」
2011/03/24

杵の川「蔵開き」

長崎県諫早市にある杵の川酒造の「蔵開き」に行ってきた(画像が多い為重いでございます)。

酒樽

雨の中盛況で、多くの人であふれていた。 目当てにしているのは限定販売の純米大吟醸丁子屋だったのだが、あいにく開場してすぐ売り切れたのだとか。

純米大吟醸丁子屋 売り切れ

売り切れたもんはしょうがない。 せっかくだから何か買って帰らないとな、と思っていたところ、「絞りたての生原酒」が売られていたのでそれを購入。

しぼりたて生原酒を買う

1瓶750m?で1500円。 空き瓶を渡されるので、それをハッピのおじさんの元へ持ってゆくと、原酒を詰めてくれる。

瓶詰めしてくれるおじさん

できれば自分で詰めてみたかった(この日の晩、早速呑んでみたところ、酸があってスッキリとして今日はここまでと思いながらもまた猪口に注いでしまう魅力があった)。

注意書き

酒を入れてもらうのをうっかり忘れて空き瓶をさげて帰るお客がいるのだろう。 張り紙がしてあった。

にぎわう原酒販売コーナー一帯は「酒作りの場」であり、巨大なタンクが所狭しと並んでおり、醸造の機器や道具であふれていた。

酒造りの部屋
酒造りの道具
酒タンク

タンクの銘板には「神鋼ファウドラー」の文字。 昭和38年に製造されたタンクなのだ。 今も現役なのだろうか。

神鋼ファウドラー

原酒売り場から上へ行くと、一杯呑めるスペースが設けられている。 入り口に「黎明(レイメイ)」という古めかしい看板が掲げられていて、その美しさにしばし足を止め見上げ続けた。

黎明の看板

こういう古い看板が何故か好きであり、町を歩いていて古い看板に出会う度にためつすがめつ眺めては写真に収め、プリントして額装したりする。 将来「ぷちぐる」という格好いいミニ看板を作ってもらって壁に掛けたいと考えているぐらい看板が好きだ。

黎明の大正期の看板

これは大正期の看板。 それにしても、黎明と杵の川さんは一体どういうつながりなのだろう、と思って検索してみたら、わかった。

東彼杵町の丁子屋醸造と諫早の黎明酒造の合併により生まれた太陽酒造株式会社が、平成14年に本社を諫早移転したのを機に杵の川酒造株式会社と社名を変更したらしい。

「杵の川」という名は、創業地である「彼杵」の一字を取り、物事の根本を大切にする蔵元でありたいという思いを表しているという(参考:長崎の蔵元を訪ねて:杵ノ川酒造株式会社)。

黎明の酒壷

酒の甕にも黎明の文字。

あいにく運転手はオイなので、一杯呑むわけにはいかず、見学するだけだ。

階段をおりていると、パネルや機器が展示されてある。

日本の銘酒

日本の本醸造百選。

手動式瓶詰め機

手動ビン詰機。

ビン詰め機

いつ頃まで使用されてしたものなのだろうか。

長崎検番ひばりと料亭花月にて

当主だろうか、「長崎検番ひばりと料亭花月にて」。

松尾様

入り口には酒林が。 こんなにブリリアントでヤングガイな酒林を見たのははじめてだ。 欲しい。 吊るしたい。

松尾様

水神様とならんで松尾様が。

くみ水

チョロチョロと水が流れ出ている。

樽作りの実演

樽作りの実演が。 ずっと眺めていたかったが、同伴者がそれを許さない。 後ろ髪を引かれる思いであとにした。 たぶんここで、丸一日時間を潰すのはわけないのだが、先があるのでしぶしぶ杵の川を発った。

akogi.gif
itatan.gif
kojim.gif
rakkan.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ぷちぐるが本になりました

ぷちぐるが本になりました『オーイ!つまみできたぞ』

最近の記事

味見 2017年5月22日 new!!

味見の流儀

どういう事なのだろうか。 味見

続きを読む

孫悟空 2017年5月19日 new!!

1000RT考

あれよという間に1000RTを

続きを読む

檀一雄 2017年5月18日 new!!

檀はじまる

いわば米無しパエリアのツァルツ

続きを読む

ハンドスピナー 2017年5月16日 new!!

心鎮まるハンドスピナー

はずして内部を覗いたところ、ベ

続きを読む

てんとうむし 2017年5月16日 new!!

今朝の目覚め

指にテントウムシをつかまらせる

続きを読む


月別アーカイブ

カテゴリー
メモ
最近のコメント
タグクラウド
インスタグラムやってますー フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ

ページトップへ